« 今年も松代 | トップページ | まるで避暑地な仙台 »

2013年7月12日 (金)

カッコウが風に渡る沼沢湖

松代ツーリング 7月9日

只見川沿いを走る252号線は
好きな道のひとつです。

山に挟まれた只見川を右に左に望みつつ
部落をひとつひとつ抜けて行く。
 深緑や紅葉シーズンと季節ごとの
美しさを味わうことができる道です

しかし今は、一昨年の豪雨による復旧工事が
252号線の各所で行われていて
正直走りづらい。

まだだいぶ早い時間であったので
寄り道をすることにしました。

もう15年ぶりくらいになるだろうか
金山町の沼沢湖へ。

1a_2
(画像クリックで拡大します)

1b_2

ここは、作家、椎名 誠さんがメガホンをとった映画の
ロケ地になったところです。

1作目は高知、四万十川を舞台にした「ガクの冒険」
2作目は石垣島での「うみ・そら・さんごのいいつたえ」

そして3作目がアヒルとある男(江本明)が主演した
「アヒルのうたが聞こえてくるよ」が
沼沢湖での撮影でした。
ワタシが訪れたのは撮影から2年後の
95年くらいだったとおもいます。

1d_2

テントによる一泊でしたが
そのときは車に釣り道具を積んでウロウロしました。

その当時と湖そのものは変わっていないように
見受けられましたが
その周囲がすっきりとした雰囲気で
以前よりも観光客を相手にしているようなかんじに
見えました。

1c_2

とはいうものの
この日は平日でもあるので
「静かな湖畔の森の影から・・・」
まさに歌のようにカッコウの声が
湖面を渡っていくようにコダマしていましたね。

去年の10月に252号線を走ったときは
ツルツルの坊主タイヤに重たくデカイリアボックスを
無理やり積み
挙句路面は濡れ、ところどころ工事車輌による泥が
路面を汚していて
それがもうヌュルヌュル滑り
ふつうに走るにも神経をすり減らすおもいで
疲れてしまったけど
今回はタイヤの溝もばっちりで
リアボックスもいつもののサイズに戻したおかげで
気持ちいいほど快調。

ただ、交通量はまったく少ないのだけど
そのほとんどの車が工事車輌あるいは
工事関係者(らしい)の車で
片側交互通行の規制もアチコチ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Chris Rea   Red

« 今年も松代 | トップページ | まるで避暑地な仙台 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

オートバイツーリング」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カッコウが風に渡る沼沢湖:

« 今年も松代 | トップページ | まるで避暑地な仙台 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト