« 8月13日の撮って出し | トップページ | ペルセウス座流星群、吾妻山へ »

2013年8月13日 (火)

吾妻山へ流星見物

久しぶりに満点の星空を満喫

 
以前は頻繁に訪れた吾妻山の浄土平。
 小学3年のときから毎年のように
キャンプ道具と望遠鏡を持ち込んで
2泊から3泊するのが夏休みのお決まりで
洒落た言い方をするなら
ワタクシのアウトドアの原点がここ。
 
そして昨晩は
その吾妻山の吾妻小富士の裾にある
浄土平の駐車場にて
ペルセウス座流星群をたっぷり観望しようと
行って来ました。
 
A1
 
この不動沢付近で標高1400メートルほどです
 
すでに肌に感じる空気感は涼しさがありました。
 空を見上げるとベールのようにかかる雲が
気になったけど・・・
 
A2
浄土平に到着したとき
すでに太陽は山の向こうに姿を消し
火照った体にここの涼しさは極楽浄土
 
18時を回り
この駐車場に残っている方たちは
みな今晩の流星見物である。
そして夜になると
この広大な駐車場が満車御礼状態に。
 
東吾妻山から噴煙があがっていた。
75年だったか「ドンッ」と小噴火して
逃げたことを思い出す。
まさか今日はねw
 
A3
 
浄土平は小さいながらも湿原で
尾瀬ヶ原のように木道が渡って歩けるように
なっています。
 
目の前に聳える吾妻小富士を登るか
この湿原を歩くか
すこし考えて木道にしました。
 
吾妻小富士を往復すると40分ちかくかかって
しまうし、以前2度登ったことがあったから。
 
それにしても
下界はうだるような暑さなのに
ここはもうすでに天国のように快適な涼しさで。
まさに天然のクーラー
 
湿地だけに気温の高い日暮れまでは
凶暴な蚊が襲ってくるのに
今日はもうそれも皆無。
夜はもっと気温が下がるので
蚊は動けなくなり刺される心配もない。
 
涼しくて蚊がいない
高山でのキャンプのこれがいい
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
とっぷりと暮れていく
それとともに高層の雲が消え
夜空を見上げる邪魔者はなし
唯一、厄介なものは飛行機くらいか。
ここは頭上が航路になっていて
それが欠点であはる。
 
上弦一歩手前の月が21時ころまで残っていましたが
そんな月明かりなど関係がないとばかりに
北東のカシオペヤから天頂の大三角を抜け
南のいて座へと
夜空を東西に分けるように
天の川がきっちりと見えました。
 
ペルセウスはまだ低空の位置だというのに
もう流れ星が飛び出す
 
そのたびに周囲から歓声があがる。
 
少々気になるのが
車の多さで
観望の大敵は「ヘッドライト」
とにかくひっきりなしに車がやって来る・・・
 
A5
(画像クリックで拡大します)
 
南の空、いて座とさそり座、そして天の川
 
肉眼でもこのように見えます  
 
A4
その天の川を55ミリのレンズで撮影
 
このいて座付近がもっとも天の川が濃い部分です。
 つまりこれは銀河中心 
銀河系(渦巻き銀河」をスパッと半分に切って
その断面を眺めている、ようなものなのですね。
 
地球は銀河系の比較的端っこにあるので
銀河の中心になるいて座付近の天の川が
星の集まりが密集して濃く見え
その逆に銀河の中心の反対側となる
冬の天の川は薄くて見えづらい・・・わけです。
 
以外に知らない人がいるけど
天の川は弧を描いて繋がっているのですよ。
 
つづく  
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
Queen   '39

« 8月13日の撮って出し | トップページ | ペルセウス座流星群、吾妻山へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

天気」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吾妻山へ流星見物:

« 8月13日の撮って出し | トップページ | ペルセウス座流星群、吾妻山へ »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト