« 車検の準備 | トップページ | コンポジットによる合成 »

2013年11月15日 (金)

バイクのユーザー車検

晴れてこの気温だったら
文句のつけようがないんだけど
この曇り空ではね

雨も降ってきたし・・・

A1

ってことで
今日、バイクの車検に行って来ました。
業者に依頼せず自分で車検を受ける
いわゆる「ユーザー車検」ってやつです。

ユーザー車検の利点はただひとつ
 安く済む、ということのみ。

宮城野区にある「宮城運輸支局」へ。

午後1時からの第3ラウンドに
ネット予約していたので
12時半に出かけて行きました。

用意するものは
「車検証」「自賠責証明書」「納税証明書」
「整備記録簿」「印鑑」それにお金。

整備記録簿はネットでダウンロードして
その項目の整備をしてチェックを入れる
 けど、整備せずにチェックしても
日頃整備をやってるなら・・・

 

受付はちょっと混んでいる。

6番窓口だの
向こうの建物の10番で自賠責だのと
ちと面倒だけども
いまのお役所は丁寧な対応をするよう
努めているので、まあ親切だこと。

書類に不備があっても
突っ返したりせず
自ら訂正してくれたりするのである。

とくに不慣れなユーザー車検にたいしては
「ユーザー車検⑥」という窓口があったりするから
アタフタすることはないのだ。

銀行と同じで整理券を取って
番号を呼ばれるのを
大人しく待っていればいい。

いちいち各書類の書き方を記した紙まで
添えてくれるから
誰でもそれを手本に書くことができるのですね
区役所や銀行などとまったく同じ

種類は3枚
それを再度提出し
別棟で自賠責保険に入り
あとは揃えた書類を持って
いよいよ検査

A5

検査ラインに入る前に
検査官の目視による灯火類の検査と
マフラーの音量検査
ボルト類の打音検査

「ボク、初めてなんですう」
と検査官に甘えれば
最後まで付き添って教えてくれるから心配は無用。

前後ブレーキ検査
スピードメーター検査
そしてヘッドライトの光軸検査。

 
この光軸が問題で
ここへ来る前に
そこいらにある予備検査をしてくれる
車整備屋さんでヘッドライトの調整を済ませて
いました。
これに2千円取られた。
業者ではなく、「一般(ユーザー)」と見られて
ボッたくられたのだ>たぶん

金を払うとき「領収書出ませんけど」・・・だってw

そんなわけで
バイク自体の検査は10分程度で終了。
検査に引っ掛かる不具合もなく
幸い2輪車のラインは混んでいなかったので
あっけないくらい早い。

最後、めでたく新しい車検証とステッカーを
もらって終わり。

帰宅したのが14時前だったから
1時間半くらいで終わってしまった。

A3
新たなステッカーをペタリ

今回の費用は
自賠責保険(24ヶ月)代と
車検(重量税や印紙代など)の費用
それに光軸調整代を合計して
だいたい2万2千円少々

バイク屋さんに車検を頼めば
だまって5万くらいは取られるから
ユーザー車検は安い
(整備費がかからないからね)
でも、自分で整備をしているわけだし
タイヤにスリップサインが出ていれば
交換しないと車検にはパスしません。
私はタイヤ交換など、出来ることは自分で行い
常に消耗部品などには
注意を払い、そのつど交換しています。

ちなみに
私の後ろに並んでいた古いカスタムハーレーは
車検をパスするか
見るからに微妙・・・

現に支局を後にするときも
スッタモンダしていた。

その日、3回検査して「×」だと
支払ったお金はパーになるので
あしからず

A2
明日は土曜日
   晴れるかなぁ

« 車検の準備 | トップページ | コンポジットによる合成 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

天気」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイクのユーザー車検:

« 車検の準備 | トップページ | コンポジットによる合成 »