« 2014年の始まりにあたって | トップページ | BRAKINGディスクで大径に »

2014年1月 3日 (金)

タイヤの手組み交換用台座

1月3日 金曜日

年末から年始にかけては
曜日感覚が無くなってしまいがちで
あらためて
「ああ、今日は金曜日なのか」
とカレンダーを見てしばし唸る。

テレビは
特別番組ばかりだから
そこから曜日を読み取ることができない。

A4_3

昨日の最高気温は3.3℃
仙台のもっとも低い最高気温よりも
1.7℃低い気温です。

A5_2

去年の今の時期
まんさく堤は全面結氷していましたが
今は3割ほどです。
昨日の強風が波立たせたのも
氷が張らない要因だったのかもしれません。

Dsc_0174_2

名盤「A Night At The Opera」より3曲目
3 Queen - I'm In Love With My Car

このブログのアクセス数の中で
過去のDトラッカーのカスタム記事が
いまでも多くの方に読まれていて
ワタクシとしてはじつにありがたいことです。

ということで
Dトラッカーのカスタムについて
たまに振り返ってみることにしました。

今回は
Dトラッカーということではないですが
タイヤの手組み交換について少々・・・

タイヤチェンジャーを使わず
タイヤレバー等で自力でタイヤの着脱を
行うことを「手組み」と言ったりしますね

とくにオフ車などでは
ツーリング時にパンクなどすると
チューブレスタイヤとは違い
チューブの補修が必要になるので
手組みは覚えておいても損はありませんね。

ワタシの場合
手組みの必需品と言えばこれです

A2_2
車体から外したタイヤ&ホイールを
作業する際の台座です。

安定性があってホイールに傷をつけないための
作業台座です。

A1_2
これは以前使っていた台座に
RKのリム(17インチ×5.5J)
タイヤはモタード用のダンロップD253を
手組み交換した様子
(このときはチューブレスキット施工済み)

A3_2
台座には傷防止用にゴムマットを張ってます。

四角く組んだ木枠を2つ重ねることで
出っ張っているブレーキディスクに傷をつけぬように
することと安定感を持たせることです。

現在の台座は自作で
10年が経過していますがガタも腐食もなく
まだまだ使えそうです。

手組みをするようになって20年近く経ちますが
前後タイヤを合計すると
50本近く交換しているかもしれません。

オフ車での長距離ツーリングでは
タイヤ交換工具などを持参していましたが
幸いパンクしたことはありませんでした。

いまのバイクは当たり前にチューブレスなので
パンク修理キットとエアーポンプだけ
持参しています。

ROUGH&ROAD ラフ&ロード/POWER チューブレス専用 パンク修理KIT
ROUGH&ROAD ラフ&ロード/POWER チューブレス専用 パンク修理KIT

ROUGH&ROAD ラフ&ロード/パワーフロアポンプEVO
ROUGH&ROAD ラフ&ロード/パワーフロアポンプEVO
ROUGH&ROAD ラフ&ロード/パワーフロアポンプMINI

 

ROUGH&ROAD ラフ&ロード/パワーデジタルポンプIII
ROUGH&ROAD ラフ&ロード/パワーデジタルポンプIII

 

« 2014年の始まりにあたって | トップページ | BRAKINGディスクで大径に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

Dトラッカーカスタム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイヤの手組み交換用台座:

« 2014年の始まりにあたって | トップページ | BRAKINGディスクで大径に »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト