« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

「ねこ歩き」写真展に

吹き荒れた一日でした。
それでも13.2℃の気温で
寒さはこれっぽっちもかんじず
風より暖かさが勝っていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩合光昭さんの写真展「ねこ歩き」を
見て来ました。

5日間と開催期間が短く
今日がその最終日。
それに気がついて慌てて行って来た次第

A4

NHK‐BSで放送されている「世界ネコ歩き」は
すべてDVDに録画してあるくらい
好きな写真家さんです。

猫たちの普段どおりの仕草、表情というのは
なかなかそう簡単に撮れるような
ものではありません。

猫ストーカーとなり
足で稼がないとたどり着けない写真が
まさに岩合さんの撮る写真ではないでしょうか。


そんな猫の様子が風景に違和感なく馴染んでいて
じつに優しい風景を作り出していました。

ワタシとしては
こういう撮り方をしてもいいんだな
っと新しい発見があって勉強にもなりました。

2月に見た「ミュシャ展」では
厳かに観賞するという雰囲気が漂っていましたが
この「ねこ歩き」写真展では
みなさん笑顔で
「これカワイイ」
「そうそう、うちの子もやるやる」
なんて喋りながら
実に和やかで明るい雰囲気でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A3

気温の上昇と湿度の低さ
これから山火事に注意です。

防災用の水や砂が各所に用意されている県森

警備員による防災パトロールが
これから5月頃まで行われます。

A1

惜しい

今日はどうかな
期待していたけど・・・

明日か明後日か
間もなく開花するだろうカタクリ


A2

ジョギング半分 ウォーキング半分の8千歩



ガソリンスタンドやホームセンターなど
いつもの平日よりも混んでいるように
見うけられました。

道路も混んでいた。

年度末ということと
やはり、明日からの消費税8%が要因なのかな

・・・・・・・・・・・・ Rainbow   Since You Been Gone

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気も緩む春の渓流釣り

風が強かった夜
ことに4時ころは突風となり
強引に目が覚めてしまいました。

でも、さすがに二日分の睡眠不足の貯金あるから
そのまま起きることなく
ふたたび眠りに入ることができました。

日中は晴れるものの
風が残ってしまうのだろうか

3月最後の今日、月曜日です。

A1_2

まだ開花までには至っていないサンシュユ
 この3月に名前を覚えた花です


・・・・・・・・・・・・・・・・・ 渓流釣り


4月でも山はまだ雪に覆われていています。
奥深い渓谷は雪に閉ざされてます。
そんなところへ近づくことはできないし
雪崩の危険を冒してまで行く勇気も
当時は持ち合わせていませんでした。
これが当然なのですけど・・・

雪が消えるまでは
里山の渓流をのんびりと竿を片手にぶらつく
 早く源流へ、そんな急くような気持ちを
落ちかせるためにも
それが正しい春の渓流釣りかもしれません。

渓流バカだった頃のワタシは
そんな4月、必ず行く渓流がありました。

山形県 大江町 神通峡のある月布川です

左沢(あてらさわ)へ至り
そこから最上川へ流れ込みます

その本流沿いをブラブラ歩き
ここは、というポイントで竿を出しつつ上流へ
そして柳川温泉で竿をたたみ
心地のいいビクの重みと
心地のいい湯に浸り
心地よく帰宅の途についたものでした。

A4_2

手ごろなサイズのヤマメを数匹と

A2_2

初々しいコゴミもお土産に。



月布川を本流とするいくつかの沢にも
入渓したものです。

そのひとつが
柳川温泉前で出合う沢「徳沢」が
イワナも混じり良型の釣れるお気に入りな沢でした

ある年には、知り合いの中華料理店の
兄ちゃん(年齢的に先輩)と
出かけたことがありました。

短い区間に堰堤があるものの
ヤマメ、イワナが竿を絞り
ご案内したワタシとしては荷が下りた感。

A3_2
見事釣り上げた満州飯店氏

短い距離だったので
徳沢だけでは時間に余裕があったので
このあと、大井沢トンネルを抜けて
寒河江ダムの奥、昔は陸の孤島と
呼ばれたこともあった「大井沢」へ。

寒河江川へ流れ下る大桧原川に入渓

大きく分けて北から「小桧原川」「大桧原川」
「大井沢川」の3支流があり
ともに春先はダム育ちの50センチ級大イワナが
第一堰堤に潜みます。
そのときには、その大イワナを手にすることは
かないませんでしたが
7寸から8寸のイワナを釣り上げることができました。

寒河江川という名称は
この大井沢集落をすぎたところで分岐すると
「根子川」と「見附川」に変わります。
ともに尺イワナを手にしたことがありますが
もっと大型を手にした釣り人は多いはずです。

ワタシは大井沢川を遡上し

障子ヶ岳を越え、渓流釣り師憧れの
八久和川の上流部に入渓し
イワナ釣りを堪能したことがありました。

・・・・・・・・・・・・・ after the fire    rich boys

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月30日 (日)

部屋でウジウジ

12.2℃の最高気温は
昨日の暖かさをひきずったものです

午前0時、日付の変わったときが
本日の最高気温で
雨の降り続く日中は
7℃~8℃のあいだを行ったり来たり・・・

今日も寝たのが早くて
4時半に目が覚めたら
それっきり眠れなくなってしまった。

A1

ただ起きているのも無駄なことなので
すこしでも生産性のあることをしようとおもい
HDDレコーダーに保存したままの番組を
削除するものと保存するものとに振り分け
めでたく「保存」に選ばれたものは
DVDにダビング。
これが丸一日仕事になってしまった・・・

途中でDVDが無くなったので
買いに出かけ
どこにも寄り道せず即座に戻り
ふたたびダビング。

ダビングと平行してDMのプリント。
レコーダーとプリンターが動き出してしまえば
しばしやることがなくなるから
その間にテレビを観、本を読み

ダラダラと雨の一日を過ごす

A2
(これはシュンランの葉だろうか
花が咲いてみないとわからない)

録画してすぐさま削除
その中にF-1中継がありました。
昨日のマレーシアGP予選を早送りで見ました。

なにかと話題のマレーシアGPと
問題山積みの今シーズンのF-1。

初期のプレーステーションのレースゲームのような
貧相な排気音の今期のマシンに
初戦を観たときには目を・・・耳を疑ってしまいました

しかもバランスがちぐはぐで走りまでもが貧相

そこへ敢えて参戦した可夢偉
昨シーズン、ダントツのビリだったケータハムに
お金を払い、しかも無報酬での参戦
果たしてどこまで戦えるのか。

ある意味では何が起こるか
わからないところが面白い14年シーズンとも
言えるかも知れません。
トップチーム、有力選手だから
勝てるシーズンではないようです

A3

楽天は西部に3連勝でグッ!

驚いたのが巨人阪神戦
西岡が守備で味方選手と激突して卒倒
グラウンドの中に救急車が入ってきたのには
緊張がはしりました。

その救急車で運ばれるとき
観客に手を上げてみせた西岡選手
ただもう一日も早く復帰してほしい

 

季節柄、テレビ番組の最終回をむかえたり
MCやアシスタントが交代したりで
それがニュースにもなったりしてますが
果たして「笑っていいとも」が
終了してもいいのか問題。
いいともとサザエさんは
終わらないものだと思っていたので
あまり観ないワタシでさえも残念だな
そういう気持ちです。
いくら視聴率が落ちてきたからとはいえ
後釜の番組はさぞ大変なことだろうな。
なにをやっても高視聴率だったフジテレビの
時代はもう終わり
今度は取り残されているような
そんな感じがします

同じような芸人さんを集めて騒いだり
芸能ニュースで暇な主婦の気を惹いたり
そんなどこでもやっているような番組は
もういいから
まだ他局から真似をされるような
新しいチャレンジをしてもらいたいけどな

いいとも終了ということで
2週間分のいいともを録画していました。
記念にDVDにダビングしておきました。
明日の月曜いいともと夜の特番を残すのみ。

タモリさんは涙してしまうだろうか

A4

夕方近くなって雨が勢いを増してきました。

部屋の窓から庭を見下ろすと
赤いツバキが咲き出していました。

鈍よりと色を失ったような空の下
その赤だけがやけに目立っています。

・・・・・・・・・・・・ Sade    Smooth Operator

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天気一転嵐の日曜日に

3月30日 日曜日


今日も暖かいのかなぁ

などと戯言をほざいていたのが
大きな間違い

本日の予想気温「9℃」

耳を疑ってしまった。

ちょっと前の女子高生のように
ウッソー ホントー と叫ぶ

昨日が23℃だったから
その差は14℃

6月24日の気温から3月10日の気温に後退

たった一日で3ヶ月以上の気温差ってなんなんだ

A1_2

やけに細いゼンマイ

A3_2

カタクリの開花は足踏み


A4_2

芽・覚め

A2_2

磨いてやりたいけど、寒いとやる気が・・・

A5_2

室積 光 著 「史上最強の内閣」

 

今日は一日雨では何も出来ないか
とくに午後からは
あらゆる注意報が出てます

面白い本でも探そうっと

 

Dsc_0033

Behind The Rain    Herb Alpert

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

23℃だ、どーもありがとお


3月29日 土曜日


ほんとに23℃になった。

正確には22.8℃だけど
四捨五入しちゃいましょう。


昨夜
プロ野球開幕戦を観ているとき
不覚にも転寝してしまい
気がついたときにはとっくに中継は終わってた

楽天は・・・勝ったんだな

中途半端な眠りからか
軽いアタマがボーッとして重たく
何だかもう考えることも面倒で
そのまま本格的に布団に潜り込んで
眠ってしまいました。

早く寝ただけ目覚めは早い
まったく単純すぎて自分で呆れる

午前3時半に「パチッ!」と目覚めてしまった。

無理に寝ようにも
寝返りばかり繰り返すだけで
再び眠りに落ちることができず

ならばと本日活動開始


A5

隣りのニャン子が我が家のガレージの上で
寛いでた。

親しい仲ではないので
接近すると逃げてしまう

ケンカでもしたのか鼻を怪我してた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

意外にも朝は曇り空

5時半
まだ誰も居ないだろう思ったら
これが居るんだわ>県森

A4

一昨日、大転倒した原因はこいつだったのかな。

なんのことはないカケスだ

鳴き声はあんまりウツクシイとは言えないナァ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リスを見つけました。

リスがワタシを見つけて逃げる姿を
ワタシが見つけるので
どうしてもカメラを構える暇がない。
仮に捉えても
あの俊敏さではアングルに納めるのは
至難の業か

熊笹の中に逃げ込み
耳を澄ますと
カサカサ・・・カサカサ
と移動している足音が聞こえる。

音の方向へ近づいていくも
それきり姿は見れず。
つぎの機会には必ずや。

A2

キンクロハジロ

茶色っぽいのはまだ子供なのかな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9時頃には晴れてきました。

午後になると相当に暖かい

A1

締め切った部屋の中は27℃に。
Tシャツで過ごせる

窓を開けるといい風が入ってきた。



早く寝て、早く起きて
昼過ぎに眠くなる・・・

春眠、暁を覚えず

あやうく眠りそうになるが断じて我慢あるのみ!


A3

日中、日射しの中を歩きたくて
ふたたび県森へ。

今日の収穫は
ショウジョウバカマを見つけたこと。

見つけたとき、おもわず
「おっ もう咲いてるのかコンニャロメ」と喜ぶ

ここにはこんなに咲いているのかと
嬉しい発見

Paul McCartney   Listen To What The Man Said

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月29日の撮って出し

なんとなんと
今日の予想最高気温は23℃です>仙台

23℃ってスゴすぎないか

これ、7月も目前の
6月27日頃の気温ですよ。

アイスを食べたって冷麦を食べたって
冷やし中華を食べたって
誰にも文句を言われない気温ですよ。

ああ、そんなことを書いたら
冷麦がむしょうに食べたくなってきたな。

生協へ行って買ってこようっと

A2_2

一昨日の霧の深夜

濃霧による音の遮断と
色を失った街並み
閉ざされた空間
どこか自分だけが取り残されしまったような
焦りと閉所感は
ミステリーの始りみたいです。

A1_2

テングチョウが羽を広げて
日射しを浴びてます
「気持ちイイ」と言っているのが
聞こえてきたような・・・

A4_2

記録的な暖かさは貴重だもん
もちろん今日も県森トレッキング。
いまは、本当に
日ごとに春へと変化していくのが
目に見えてわかります。

その変わっていく様子を見つけるのが
楽しみのひとつである県森トレッキング。

そして
こんな陽気の中で読んでみたい
そんな本を探して
近所の本屋を物色してみようかな

A3_2

春の陽気にヤマガラの鳴き声がお似合いです

メジロとウグイスを撮りたくて
意識して眺めているけど
なかなか姿を見ることができません。

芽吹いてくると
鳥を見つけるのは難しくなってくるから
いまがチャンスなんだけど

それとカワセミ
県森でその姿を見たい。
渓流釣りをしていたときには
けっこう見かけいたので
さして珍しいとは思わなかったけど・・・

県森の沢にも小魚の姿を見るので
居ないことはないと思う

ABBA   Take A Chance On Me

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金)

カラダがギッシギシ

深い霧に包まれた朝でした。
こんな朝も久しぶり

A1

太陽が昇ってくると
さっさと霧は退散して
かわりに弾けるような青空がパッカン

・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の大転倒で
さすがに体の節々から違和感がありました

ジョギングは無理だと判断して
ウォーキングに。
それでも膝あたりから
「今日は勘弁してくれよぉ」
と訴えているような筋肉痛

そんな訴えは却下なのだ。
問答無用で歩き出す

A2

ツクシがニョキッと顔を出してきました。

よくよく眺めてみると
あたり一面 ニョッキニョッキ

A4

明日の気温が23℃にもなるというので
もしかしら咲き出すかもしれません>カタクリ

見ごろは来週後半あたりかな

紫の反り返ったカタクリの花が咲くと
正真正銘、里山に春「到来」

A3

あまりの陽気にウトウト・・・うたた寝中

じんわりと汗が滲んでくる頃には
体がほぐれて
さっきまでの痛みがウソのように消えてなくなった

A5

それにしても
こんなに暖かくていいのだろうか

平年なみの気温に戻ったときのことを考えると
ちょっと怖いとすらかんじる。
もう体がこの温かさに浸りきってしまった。

Wilson Brothers    Take Me To Your Heaven
Wilsonbros01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県森より生還す

昨日の県森のことです


ジョギングではなくて
カメラを手にトレッキングでした。

暖かい陽気に
どこか気が緩んでいたのかもしれません。

そんなとき
今まで見たことのない鳥を発見したのです
それは、体の一部が青とか緑とか
そんな色の鳥で
飛んでいるときはピカリと光り輝いてました。
カワセミよりはるかに大きく
カラスよりは小さくて
口ばしは大きかった。

もちろんここぞとばかり
後を追いかけましたよ。


そして止まり木を見失わないよう
目を離さずにそろりそろり

抜き足

差し足

忍び・・・

・・・足

あれ???

あっ


ドガッ!



ううううううううううううう・・・・・・・

だじげでぐでぇ


足元に側溝があることに気づかず
右足は着地のタイミングを失い

それはそれは、ものの見事に倒れましたよ
両足を押さえつけられたように

悪いことに
倒れこんだ場所が側溝と道路の境目

全身強打苦悶悶絶失神寸前

とくに痛みが酷いのが
左足小指、左膝、左頬、そして 
あ・そ・こ


いわゆる急所にボールが
という痛みとはまったく違う痛みで

例えるなら
鼻を親指と人差し指の伸びた爪で
キーッとつねられたような


「ワタシの胸で泣いていいのよ」
と両手を広げて囁かれたら
赤子のように泣きじゃくって
胸に飛び込みましたね
逃げ場を失ったあまりの痛さに。

しかし残念ながら
そう都合よく包容力のある女性は
あらわれてはくれないので
とにかく股間を押さえ
下唇を噛んで耐えるのみ


唯一の救いは
受身を取った右手に持ったカメラが
無事だったこと。

運よく側溝の中は
落ち葉が堆積してフカフカしていたので
助かりました。

カメラまで壊れていたら
全力で泣いてますねw


なんとか
足を引きずりつつも
激しい戦地から何とか生還した兵士のように
ほうほうの体で車までたどり着きましたよ。

はあ・・・
車のシートに体をうずめ深いため息

しかし
人生はそう甘くない

これだけでは終わらなかった

それは
帰宅してシャワーを浴びたとき

痛んだ体とココロの痛みを洗い流そうと

42℃の湯が

あそこ傷口に触れた途端

ぎゃあああああああーーっ!

撃沈

頬にブラックジャックの傷がある男
あそこにも傷あり


この日(27日)の運勢(九紫火星)
「外出先で予期せぬ失敗をする暗示」

A1_2
ヨロヨロと・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A3_2

なんとなく「山寺」の 五大堂の赴きの
県森、見晴らし台

A2_2

恵みの雨で潤った苔


A4_2

満水の南川ダム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は19℃だってジュウキュウド

この傷、この痛み 
負けてたまるかなんのその
今日もガシガシ歩いてやるのだ

-頬に傷のあるオトコより-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Billy Idol   Rebel Yell

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

県森のミズバショウ


雲は「動いた」というより
「消えた」というふうにして晴れました。

まったく天気予報どおり

A4

16.4℃ ほんわかした陽気

芝が陽射しを溜め込んで
温もりの空気を揺らめかせてくれてます。

A5

ところによって、今が満開のマンサク

距離をおいて眺めると
ちいさい黄色い花が、枝を淡く染めているように
見えてます

A3
カタクリの群落

住宅地から歩いて15分のところに
これほどのカタクリがあることに驚きます。
というか住宅地が迫って来た
ということなのですけどね。

A1

県民の森 ミズバショウが咲き出しました。

数は少ないですが
来週あたりが見ごろになりそうです。

これを見ると山の中の湿地帯に入り込んだな
という実感があります。
でもここは県森・・・

車道が完成し遊歩道が作られる以前は
それなりにミズバショウの群生地だっただろうな
ということが辺りの様子からうかがえます。

今年は雪が多かったので
薬來、荒沢湿地のミズバショウは
平年よりも見ごろは遅くなるかな

A2

シロサギ

これは県森ではありません

いつまでも、ただただジッとしているサギ
小魚が寄ってくるのを気長に待っているのか
それとも単にお疲れ休憩なのか。


恥ずかしながら
今日、おもいきり転んでしまいました。
足を踏み外した
という言い方が正しいかな。

詳しくは明日にでも・・・イテテッ

Quincy Jones, Ray Charles & Chaka Khan
I'll Be Good To You

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になって眠れやしない

むむっ
やはり昨日、一昨日の歩数には無理があったか
今朝起きたら
ちょっと腰に違和感。

・・・・・・・・・・・・・・

仙台の桜の開花がまた前倒し
4月9日になりました。

政治的前倒しはろくな事がないが
こういうのはいいことなのだ

ここのところ気になることがいっぱい

・・・・・・・・・・・・・・・

小保方さんの真実
迫る消費税8%
的外れな北のミサイル
大量ダイオウイカ
リプリツカヤの本気S度
「いいとも」終わっていいのか
迫力不足のF-1マシン
ファッション絶好調ミラン本田
グソクムシの試食会
マー君の初登板ガッツポーズ
土曜日の20℃予報
云々などなどエトセトラ・・・

外野から「もっと大事なことがあんだろが」
とお叱りがあるかもしれないが
気になるのだからどうしようもない
特にグソクムシの試食というニュースには
驚愕した。
基本的に脚が10本を越えた生き物を
食べるということに拒否反応を起こすので
巨大ダンゴムシを食べるなど持ってのほか

A3_2

特等席 
いっつもこの屋根を独占してるカラス
ぜったいに同じヤツだ


A4

キクザキイチゲの芽が出た


A1_2

桜が咲いたら撮影だよね

A2_2

さあ乗るぞ

Tush   ZZ Top

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月26日 (水)

本屋をめぐって汗をかく

雲に厚みが増して
今にも降りだしそうな夕方

日中は雲の向こうから陽が射して
まるで晴れているような明るさが
充満していました。
そして気温も・・・

A3

18.3℃
昨日の19.1℃よりも
はるかに暖かくかんじたのは
風らしい風がなかったことと
曇っている空が
暖かさを閉じ込めて
こもっているようでした。

窓を開けて車の運転は今年になって初めてのこと。
半年ぶりくらいになるのかも

A5_2
(画像クリックで拡大します)

堤の水も温んできたのか
野ゴイが浅瀬でうごめいて
湖面に映る木々がフニャリと歪みました

人の気配をかんじ
潜水艦級の胴体をモックリとくねらせると
慌てる素振りもなく
ゆったりと深みへと姿を消していきました。

A2

昨日たっぷり歩いたから
今日は体を労わってやろうと
極力歩かず、ゴロゴロと横移動して生活するつもりが
案外ゴロゴロだけで生きていくのも
タイヘンなことだな、ということに気づき

ならば
ドッコイショっと言いつつ立ち上がり
全裸のまま窓際で仁王立ち
「キヨくタダシくウツクシく」と叫びつつ
握りこぶしをギュッ

そんなわけで
本屋さんを巡る旅に出ました。
三越ヤマト書店、丸善、じゅんく堂ロフト&Eビーンズ
ブックオフ・さくら野、あゆみBOOKS
TSUTAYA仙台駅前、ビレッジバンガード

A1

仙台市内をてくてく移動
これで完全に火がついてしまい

A6

県森ジョギングへ。

久しぶりに
トレッキングシューズからジョギングシューズへ。

当たり前だけど足元がとっても軽い

今晩から雨が降り出すようだけど
たいした雨にはならいようです。

開花を促進する雨になるのかな

・・・・・・・・・・・・・ Eagles   Those Shoes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと梅の花が咲いたって

3月26日 水曜日

今日は低気圧が接近
目覚めたときから曇り空
夜には雨が降り出す予報になってます。
それでも気温は17℃で
今朝の最低気温は、なんと10℃
ゴールデンウィーク後の気温

A3_2

昨日は東よりの風が強かったけど寒さは皆無

ようやく仙台で梅が開花したそうです
いつよりも1ヶ月も遅い。

県森の梅も今週中には開花するかな。

桜は4月12日の開花で
ほぼ平年どおりかちょっとだけ早いみたい

たっぷり歩いたので
今日はあまり無理せずDM作りに専念
またインクを補充せねば
社外補充インクを使っても
頻繁に無くなる。
もっと安くならんかね
DMの質を下げようかと思案中なり

A2_2

寄り添っちゃいましょ

足元にピタッ

A1

オトコは黙ってライト好き

何故と言われても困ります
そういうものなんだもん

A4_2

ここのところのトレッキングスタイル。
っま、いつもどおりだけど・・・
ジョギングのときとの違いは
ウエストバッグ。
トレッキング時の中身は
カメラが2台、もしくは一眼レフ一台にレンズ2本
コーヒーボトルなどなど
けっこう重い

県森で
「飴ちゃんくれ」
っと言ってもらえれば
「ホイッ」って口に放り込んでくれるわw

・・・・・・・・・・・・・ Bob Welch  Ebony Eyes


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月25日 (火)

歩きに歩いた19.1℃

午後からの強風はご愛嬌。
19.1℃は5月15日になる気温
2ヵ月近い先の陽気です

こんなに暖かくなってしまうと
平年の気温に戻ったときに
物足りなくなってしまうのだろうな。

ちなみに今日は10.5℃が本来の気温です

そんな3月25日をひと言であらわしますと

「ザ・トレッキング」

一昔前のスーパーのチラシみたいなタイトルですな。
とにかく「ザ」「THE」を付ければよかった。
赤文字のぶっといゴシックで
「ザ・安売り」「THE SALE」ってやつ・・・
誰でもコピーライターになれたのだw

すでに4代目となる万歩計は
県森だけで1万8千歩
ポスティングもあわせると2万3千歩
距離にして約16キロ
消費カロリーは1000k近い

さすがにちょっと腰にきた

A4

通称「明石街道」にある北海食品前を右折
田んぼ道をてくてく行くと
県民の森「四季の森」の西端となる
「弥生文化の道」に突き当たります。
その「道」には入らずに
そのまま田んぼの畦道を行くと
「万作堤」に出合います。

水路の流れがサラサラと
なんとも耳に優しい水音。
土手にはオオイヌノフグリの小さく青い花が
敷き詰めてあるように咲いて
単調な歩みを飽きさせません。

A3

正直、あまり品の良い鳴き声とは
言いがたいヒヨドリ。

我がもの顔で力いっぱい鳴いている。
「バカが来たぞ」という警戒音だろうか。


森の向こうから
部活動の生徒らの声と
ブラバンの楽器の音色

A2
「鶴が丘の県森入り口」

まだカタクリの花が咲いていないことを確認して
その「水辺の道」から「アカマツの道」へ至るため
ほんの100メートルほど
鶴が丘の住宅地に出る。

「アカマツの道」の終点は
県民の森・中央記念館の目の前に出ます。

自宅から中央公園まで歩いたのことは
これが初めて
(中学の遠足で歩いて来た記憶があるような
ないような・・・)

中央公園で長い休憩をとろうかとおもったけど
なにやら工事中で騒がしく
のんびりと暖かい陽気に浸れる気分に
なれそうにないので却下。

車道をそのまま歩き
いつも車を止めている駐車場までてくてく。
そこからまた遊歩道に入り
その中にあるベンチで「ふう~」
と本日はじめて腰を下ろす

帰路は松稜の住宅地へ

我ながらよく歩いたナァと自画自賛

もう眠いぞw

・・・・・・・・・・・・ Boston  More than A Feeling

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ああ見っともないぞ…衛星画像

3月25日 火曜日

今日も暖かいそうで18℃の予報
なんつったって
今朝の最低気温は8.4℃だもの

8時ですでに10℃を越えて
もうただただ無防備で笑っちゃいます
そうそう「ボク笑っちゃいます」って歌ありましたね

今朝は新聞配達に負けじと
すでにポスティング終了
あとは無くなったDMの増刷だけ
「好きにしていいのよ、うふっ」
朝陽が色っぽくそう言ってる

A3_2

今日は県民の森を完全踏破だ

A2_2

県森には小ぶりなマンサクしかなく
黄色い花はちらほら
でもそれはそれでわるくない。
らしいです。

A1_2

陽射しの強さを意識するようになりました。
影、陰影に存在感が出て来ましたね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マレーシア航空機のニュースが連日報道されて
いますが
どうやらインド洋に墜落したと正式に
発表があったようです。

こんなにも長く安否がわからないことなんて
あるのだなぁと・・・
搭乗していた乗客の家族、親族などの心痛は
いかばかりか


それにしても
南インド洋に漂っている物体の
衛星画像というやつが
何とも情けないではないですか。

たかだか地上200キロから300キロくらいの
距離から撮影してあの低解像度の画像はねーべ

アマチュアの天体望遠鏡を
宇宙から地球へ向けて撮影したら
もっともっとスゴイ画像が撮れるよ。

どの国の軍事衛星だって
そこそこのスペックなのは
もうわかりきっているんだから
我が国の衛星の威力を見よ
「どやっ!」
という画像を見せてみろってんだい
ドンッ←机を叩いた音

つい興奮して江戸っ子になっちまった
ズズズッ←蕎麦を啜った音

っま見せられない深~い事情ってもんが
あるんだろ~ねえ~
シーッ シーッ←爪楊枝

A4_2
バイクのタイヤの空気圧調整を。

適正値よりも若干低かった。

ついでに車も。
車は、冬の期間はちょっと低めに設定しいます。

雪道など滑りやすい路面にたいして
少しでもグリップを高めようってわけでして。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

空の色が春だった

3月24日 月曜日

この暖かさの恩恵を
すこしでも多く受けるべく
ジョギングはやめてウォーキングにしました。

いったん県森から住宅地に出てポスティング
そしてまた県森に。

松稜、鶴が丘は
県森と隣り合わせで
犬を連れてそのまま県森を散歩できることが
うらやましい

A2
(画像クリックで拡大します)

予報をはるかに上回る17.1℃

この気温はゴールデンウィークの目前の
4月26日の気温
いいのか、こんなに暖かくなっちゃって・・・


朝からグングン気温は上がり
息切れもしていないのに汗が出る。
この感覚は何ヶ月ぶりになるだろう

森の中はありったけの陽射しが充満して
なにもかも、見るものすべてが
春らしく見えてきます。

真っ青ではなくて
水色に近い空がいかにも春

A1

手ごろなフキノトウを4つばかり採る。
今宵のおかずなのだ

A4

万作堤には数人の釣り人が竿を出しておりました。

A3

ホオジロが枝から枝へ忙しなく飛び跳ね
あっちからこっちらウグイスの音色
上空をヒバリが上ったり下がったり
足元からテングチョウが慌てて逃げていく

生き物がこの日を待っていかのように
動き出していた。

明日もポスティングに精を出そう。
自宅から歩いて行ってみようかな

Come On Eileen    Dexy's Midnight Runners

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こうしちゃおれない月曜日

なんと、16℃の予報になっている仙台です。
(23日17時の予報)
これ、もちろん今年の最高気温で
平年ならば4月21日頃の気温です。

どうしようどうしよう
この気温を知って
こうしちゃおれない
おもむろに立ち上がってそわそわ。

洋服ダンスから春物を
あーでもないこーでもないと
ありったけの服を引っ張り出すも
けっきょくのところ
ジーンズとTシャツに落ち着いてしまうところが
どうにも哀しすぎる。

A5_3

だったらお散歩行きましょうよぉ
っと言っているとかいないとか

A3_2

A4_2

1a

チッ みなツガイですか・・・

Dsc_0040

四季の森の東部は
杉や松林が多く鬱蒼とした雰囲気

A2_2

これは次回の旅本候補
ジャック・ケルアック「On the Road」
名著です

USアーミー御用達
ハーフパンツにハンチングがトレードマーク AC/DC

ACDC - Thunderstruck


AC/DC Shoot to Thrill

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月23日 (日)

もう間もなくするとカタクリ

昨夜からの不安定な天気は
今日日中になってもかわることはなく
ときおり雨雲が雨粒を落として行きます。

昼を中心に風が強く吹いたから
平年なみの10℃近くまであった気温も
ただただ肌寒いだけ。

A5_2

手入れされた杉はただしく真っ直ぐのびていく。

ご丁寧に除雪車が寄せた雪は道端に残って
何もしなかったところはきれいさっぱり
解けてなくなっています。
除雪したことが
かえって逆効果に。

県森の遊歩道も雪は消え
いつもどおりに。

A3
知るかぎりでは
県森には木道が3箇所あります。
と画像の木道は幅が狭くて長く
他の遊歩道では感じられない趣があります。

堤に見かけない奴
A4
調べてみると「キンクロハジロ」という名前らしい。

目は「金」、体は「黒」、羽は「白」
で「キン・クロ・ハジロ」なのだろうか>憶測
モモクロってのはいないかw

先週はまだ姿のなかったカタクリが
芽を出していました

A1

緑の葉に紫がかった模様が特徴的。

明日からの気温が
軒並み4月中旬頃になるというから
今週末には咲き出しそうです

「水辺の道」はカタクリの群落地で
一斉に咲き出した様は見応えがあります。

まったく疲れも感じず
お腹も減ってはいませんでしたが
買っておいた缶コーヒーを一口飲んだら
それだけでは物足りなくなって
カロリーメイトをモグモグ。


A2

いつものベンチで休憩

ウォーキングのときはこのウエストバッグ。
ボランティアから使っていて
お散歩代行のときにもコレです。

予備で同じものを買おうとしたら
同じ形状のショルダータイプはあるのに
ウエストバッグは見つからず・・・。

ジョギングのときには
走りに支障のない小さいものを使っています。

 

9時から12時まで
たっぷり歩いた日曜午前でした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・ Steely Dan
     RIKKI DON'T LOSE THAT NUMBER 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンモノの春が待ち遠しいぞ休日号

今週は暖かくなるって

A3_3
赤いマンサクの花

A2_2
今週中に咲き出すかな>梅

A1_2
チャラ瀬のまばゆい光り

A5
ポッカリと顔出すフクジュソウ

A4_2
たまにはヘルメットを磨いてみる

・・・・・・・・・・・ Freeez    I.O.U.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

うらやましい風景

昨日の雪が急速に解けていて
屋根から落ちる雫は
閉め忘れた蛇口のように流れ落ちて
常に耳に入ってきます

天気が回復した日曜日
日射しが充満している県民の森へ。

A4

雪が積もった県森は
1ヶ月逆行したような様子に見えても
太陽の眩しさ
背中に感じる温もり
耳当てのいらない空気感は
1ヶ月前とは完全に違うもので
それを感じられただけでも
来た甲斐があるというものです。


A2
(画像クリックで拡大します)

この天気を待ちわびたように
散策されている方々

ご近所グループの賑やかな喋り声
友達同士、華やいだ山ガール
笑っている散歩の犬たち

その中に若い夫婦がニコニコとトッレキング
 明るい声で「おはようございます」と挨拶を交わす

いつも独りでボソボソ歩いたり
走ったりしている身には
二人が醸し出している雰囲気が
じつに羨ましく
それを見て素直に「いいなぁ」と


そして、あっちの林、向こうの林から
ウグイスが競い合うように鳴いているのを聞きました

だいぶ上手にさえずってた。


A1

まだ新しい足跡を発見し後を追うように
同じ方向へ歩いて行くと

「居た」

A3_2
(画像クリックで拡大します)

足跡の張本人(張本犬かw)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼岸になり高度を上げた太陽の日射が
雪に反射してことさらに眩しい

風が強くなってきた午後は
暖かい部屋の中で
ジェイムズ・M・ティバーの「ディープゾーン」
読みはじめる。

眠気に誘われる陽気
そのまま眠りたい気分

こういうまどろみは贅沢な時間である

・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日はフキノトウを捜し歩いてみよう。

来週はワンコの撮影が県森で予定しています。
あらたな撮影場所がないか
探してみよう。

もっともっとワンコの撮影がしたいから
ポスティングも頑張ってみよう。

週間天気を見ると
月曜からの気温がヤバイことになってる。
そう、暖かい日が続いてるんです
クククッ・・・

・・・・・・・・・・・・・・ Boz Scaggs
              You Got Some Imagination

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅先で本を買うこと

今日の日中は平年なみの10℃に
なる予報です。

あまり風が吹かないといいな。

ここ2日ばかりの運動不足を
解消するため
今日はたっぷりウォーキングを楽しむつもりです

A1_2
まだ滑れるのかな泉ヶ岳スキー場は。

もうひとつのスキー場であるスプリングバレーは
まだまだ滑れるようです。
ここのナイター照明は全国的にも
まだめずらしいLED照明で
毎夜煌々と光り輝いているのが見えます

A2_2
昨日の雪で埋もれてしまっただろう福寿草

A3_2
来週からは気温も上り調子で春めいてくるって。

どんどん春めいてほしい
こういうことは遠慮しないでほしい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ BOOK

本屋さんへ行くたびに
旅に持って行く本を物色しています。
買っても読まず
いつか行く旅に出るときのために
とっておきます。

どんな本が旅に適しているかというと
まずは荷物として嵩張らない本。
あんまり分厚い本は
荷物としても邪魔になるし。
読み終えれば焚き火として暖を
取ることも出来ますしね。

これはツーリングでも
鞄ひとつの傷心旅でも
なんでもそういうものですw

だって重いと辛いじゃないですか
鞄が重いと腕が疲れて
痛んだココロを癒すどころではないでしょう。

さて、もっと肝心なのが
中身。
あまりに内容が重いと
旅情としては辛いところだし
薄っぺらいのもつまらない。
旅の1ページとして記憶に留まるもの。
たかが1冊の文庫本だけど
重責を負わされているんです。

A5_2

これまで旅で本を読んできた経験では
出発前に吟味した本でも
キャンプ地に着き、実際に本を手にとって
1ページ目をめくってみても
どうも読む気が起こらないことがあります。

広々した湖畔で
明るく正しく前向きになれる本を読もうとおもっても
疲れきった体には
あまりにもそれは酷というものです。

普段、家でいつもの時間に読むときの
平常心とはだいぶ違っているわけです。

だから2年前の琵琶湖、高島では
数件の本屋をめぐり
今読みたいと思ったものを直感的に買い
「六ッ矢崎オートキャンプ場」の二晩は
至極の夜を過ごすことが出来ました

その後の岐阜、郡上八幡でも
郡上大和で見つけた大型書店で本を買い
向い側にあったホームセンターで
電源コードと電球を買って
テント内に電灯をぶら下げて
秋の虫と鹿と子ネコの声をBGMに
静かなる夜長、読みふけることがきでました。

やはりその土地に着いたときの気分で
買って読むというのが
読みたい本を探すには適しているのでしょう。

Aa
(11年10月、郡上八幡リバーウッドキャンプ場)

今後の旅では、1、2冊だけ持参して
あとは現地調達するというスタイルが定番に
なりそうです。

知らない土地で
本屋さんを探し歩くというのは楽しいもので
バイクでは通過してしまうような町並みを
歩いて探訪できるのも旅の醍醐味かと。

郡上周辺と琵琶湖西側の本屋さんについては
仙台に住む人間の中で
いちばん詳しいかも・・・

A4_2

・・・・・・・・・・・・・・ Donald Fagen   New Frontier

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月21日 (金)

これぞ春彼岸(コメント)

正式な積雪は3センチ>仙台
ですが、除雪したりして
道路端に寄せられた雪を見ると
「あんがい積もったな」という印象です。

雨を吸って絞るとたっぷりの水が
滴るような雪なので
3センチの積雪も雪かきをすると
重たいのなんの。
雪かき用スコップの柄がもげそう

この「もげる」って方言なのかな。
もげる=折れる、ということですね

このジュグジュグの水雪によって
電線や木々に着雪などして倒れたり折れたりし
仙台市内でも停電している地域があるようです。

A4

最低気温0.6℃は昼目前の11時過ぎにでた気温

午後、日射しが射してきて
気温は持ち直してはきたけれど
平年を下回る気温にはかわりません。

やっぱり彼岸というのは
人騒がせな天気になるんだなぁと
つくずく実感するのでした。

A1

宮城東部に波浪警報が出ているけど
いまのところ仙台西部では強風というほどはなく
荒れるとおもっていただけに拍子抜け


A5

午前中の、雪がチラチラ降っている様子を
部屋の中から眺めていると
正月気分になってくる。


外は雪景色
テレビでは春の選抜
なんだか不思議な気分だなぁ

A2

昨日も今日も歩数ゼロ

歩きたくて走りたくてウズウズ・・・

A3

ここのところ椎名誠さんの新刊が続々と

・・・・・・・・・・・・・・・・・ コメント

《4番清原》さん

店員さんはダダの隣に立ってる人だわ
ダダ柄のシャツ着用
店内のBGMは
科学特捜隊のテーマのヘビーローテーション

>>箸とかコースターとかも特製なのかな。
焼肉・華炎坊は電気ブランとモヒカン娘を
常備しておりましたが・・・意味なしw
N231701

・・・・・・・・・・・・・・・・・ T‐REX Summertime blues

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼夜まん中「春分の日」(コメント)

昨日は
雨→雪→雨→雪
目まぐるしいというか
優柔不断というか
もう何が降っても驚かないもんね
呆れてそんなことを言ってみたりして。

日によっては2分も日の出が早くなっているいま

今日は「春彼岸の中日」
荒れた一日になってしまいそうですが
「暑さ寒さも彼岸まで」
これを過ぎれば
名実ともに「春」になってくれるはず。
なってもらわないと困る

A2_3

お墓のお供え物を狙うカラスに注意

A1_3

強風で鳥も大変な日になりそう


A3_2

ロックオン

A4_2

待ち遠しい春のぽかぽか陽気

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ コメント

《4番清原》

>川崎に開店した「怪獣酒場」です
入店まで並んでいたら「店長がご挨拶に参りました」
って出てきたのがこれだったのよ
イベント用なのか
残念ながらペンチ状態の手は動きませんでした
ガッツ星人はフィギアが展示されてました

>>店員さんはウルトラ警備隊のコスがいいな

B3

ダダだ

うーん、どう見てもゆるキャラ・・・

ZZ Top - Legs (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

雨のままでいいってば

雨が降っていなかったので
これはチャンスとジョギングへ出かけようと
したらポツリポツリ・・・
ガックリうな垂れて部屋に戻った朝でしたが
その後は久しぶりの本格的な雨

気温5℃程度の中で降る冷たい雨です。

ところがの15時
ふいに窓外に目をやると
ブワッとボタ雪
Dscf2497

この時間から降られたら積もるなぁ
そうぼやいている矢先
雪がまた雨に変わってきました。
0.7℃まで下がっているのに

A4

子供のころ
「♪雨に~濡れなが~ら~・・・」
なんて曲がありましたね
三好英史さんの「雨」というタイトルの歌

おもわず思い出しました。

というか
よく思い出したもんだ>オレ

A3

この天気、夜になるともっと荒れてくるとか

また風が荒れ狂うらしいです

A1_2

雨の日は屋根のある駐車場にかぎります。

こんな日はジタバタしてもしようがないので
やることだけやって即帰宅

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 画像提供

横浜・4番清原さんからの画像

A2_2

けっして清原さん本人ではありませんね

あしからず

初代ウルトラマンで登場した
けっこうウルトラマンをてこずらせ
後には悪役にもかかわらず
人気者になったバルタン星人

全体的には「セミ」だけど
手はカニのようなペンチのような・・・
どう考えても不便そうw
生物は都合のいいように進化して
いくものだから
彼の「ペンチ手」は
バルタン星では好都合なのだろう。

そういえば○○星人という呼び方は
このウルトラマン(円谷プロ)から始まったのかな。

なんで「地球」だけ○○星ではないのだろう
水星、金星、火星・・・と言うのに。
本来なら「地星」なのか
どこかに「地星人のやつらめ」
っと苦々しくおもっている星人がいるはずだ

その星人の中でも
ウルトラセブンを窮地に追い込んだ
デカ頭のオウムみたいなガッツ星人の賢さには
コドモながらに驚愕したもんだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・T‐REX  20th Century Boy

| | コメント (1) | トラックバック (0)

3月20日の撮ってだし

朝の気温は3.8℃と高めだけど
今日の最高気温は7℃どまりとか。
午後から、とくに夕方以降は
雨風強く荒れるらしいと
お天気お姉さんに脅された。

A2_2

ピッピピピッとホオジロ

A1_2

グウェーーーッ!


A3_2

吼えた声を聞いたことがない

A4_2

ピカーンと降り注ぐ日射し

A5_2
チャラチャラと水音が心地よくなってきた

・・・・・・・・ Peg    Steely Dan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月19日 (水)

アヒルの歌が聞こえてる

予報ほど気温は上らなかったかったけど
平年を上回り、まずまず>10.2℃

明日、明後日の天気は
どうやら寒が戻ってくるようなので
予定を変更してお墓参りへ。

道中、卒業式帰りなのか
それらしい親子を見かけました。

お子さんよりも
お母さんのリキの入ったおめかしが
目立ってたw。
顔と同じくらい大きなブーケを付けた
お母さんに、つい笑ってしまってゴメンナサイ

A1

日当たりの良い原っぱに咲いていたオオイヌノフグリ

A3

あっ キミはこっちの堤に居たのかあ
・・・

去年の今ごろ、まんさく堤でお会いましたっけネ

ハクガンか
とおもったけど
どうやらカモのようで。

白いとものすごく目立ってる。

グゥアと鳴いては右に左にツツーッと
気持ち良さげに泳いでる。
映画「あひるのうたがきこえてくるよ」
で主役の江本明さんを親とおもいこんで
必至に後を追いかけるアヒルたちをおもいだす

A4

意外に近くに見える、シェルドーム>県森から。


A2

明日から、どうも天気は思わしくないようなので
いつもよりも多めにジョギング。

あえて上り坂をンショッ、ンショッと走る。

汗ビッチョリ
ふくらはぎパンパン
太ももプルプル



たいしたことはないだろうけど
明後日の春分の日は雪の予報が出てます。

べつにこの時期の雪はめずらしいことではなくて
よく降ったりします。
卒業式の日って
ものすごく寒かったり雪が積もったりして・・・

暑さ寒さも彼岸まで
このあとは陽気が安定するみたいです


去年は桜満開の4月中旬にドバッと降りました。

A5
去年の4月21日 ピンクの桜が真っ白に。

・・・・・・・・・・・・・・ Get It On    T.Rex

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月19日の撮って出し


夜になっても10℃以上もあって
窓を開けても
いつもの冷えた空気が入り込まずに
みょうな生暖かさがあった昨日

まもなく21時になるというころ
唐突に窓を圧迫するような強風が吹きだし
ました。
映画「となりのトトロ」で
お風呂の焚きつけの薪が
つむじ風によって空に舞い上がったシーンを
思い起こしました

A2_2
七っ森、笹倉山登山道
杉林を抜けると雑木林になり
上空が抜けて明るくなる。
傾斜が急になるが
手すりのある蛇行した道に。

・・・・・・・・・・・・・・・

A5_2

A1_2
いつまでも積もっていた雪は
ようやく消えてくれた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A4_2

「大」ではちょっと大きくて
「小」では物足りない
「中」があればなぁ

A3_2

教科書もこのくらい簡潔でまとめてあったら
わかりやすかったのに。

・・・・・・・・・ Shalamar  Dancing In The Sheets

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

不本意な雨である

「なァんだ、たいしかとないな」
そう感じた午前中でした。
しかし
午後も時間が経ってくると
一桁だった気温はグングン上昇
15時には昨日と同じ13.5℃。
「なァんだ、いまごろになって」
そんな午後になりました。

予報どおり雨が降ってはきたけど
降り続くような
止んでしまうような
晴れているような
雨が降っているような
じつに曖昧で歯切れが悪い天気に
身もココロも天気次第のワタシには
どうにもナットクがいきません。

やはりメリハリが大事

「うーん、どっちでも」
この言葉が大嫌いだかんねオレは。

A3
「七っ森、笹倉山登山道」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A1

なにくわぬ態度にみえて
じつはこっちの動きを気にしてるヤマバト。

喉がいがらっぽいのか
鳴き声はンゴーンゴーゴォゴォ

A4

ここのところのお気に入りの品「スコップ」
とてもチビで
これよりもちっこいスコップを知りません。

ウエストバッグに忍ばせておけるサイズが
気に入りました。
山菜掘りではどうしても大きくて
そのへんをほっつき歩くには大柄なのです。

手ごろなフキノトウを見つけたらこれで

A2
(画像クリックで拡大します)

身体は思い切って刈り込んでますね

宮司さんの祈祷のように
尻尾を振ってます

A5

昨日の夕空はじつに穏やかでしたね
 明日も平年以上の気温になりそう。

・・・・・・・・・・・・・・・ 恋は盲目   ジャニス・イアン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月18日 彼岸の入り

週間天気を見ると
今日、明日は平年を上回る気温で
その後はまた寒さが戻り
そしてまた暖かくなるという
この時期特有の「三寒四温」。

蔵王エコーラインの除雪作業がはじまったという
ニュースを見て
今年もその時期が来たな
と実感。
春目前の恒例ニュースです

ゴールデンウィーク開通へ向けての除雪です
場所によっては12メートルを越える雪壁の道

A2_2

「七っ森、笹倉山登山道入り口付近」
杉林の中は雪。

ここの杉は手入れがされてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・ 県民の森

A1_3
(画像クリックで拡大します)
「水辺の道」にて

A3_2

この紅い蕾が水辺の森を明るい色に染めてます

A5
ストック

・・・・・・・・・・・・・・・・・ BOOK 

A4_2

これから読みます


・・・・・・・・・・・・・・・・・ 原田真二 タイムトラベル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

里山の春一番「福寿草」

昨日よりも2℃低い11.5℃だったものの
昨日よりも暖かくかんじたのは
昨日ほどの風が吹かなかったからかな。

とにかく
昨日よりもよかった
昨日よりも

しつこいね

早朝
七っ森のひとつ笹倉山へ登って来ましたが
てっぺんまでは行くことが出来ませんでした。

思いのほか雪が多かったことと
カメラのストラップを忘れてしまい
常に片手でカメラを持っていなければならず
登ることの大きな支障になってしまいました。

雪が解けたらまた

っで
これでは物足りないので・・・・ 県森

A4

美声とはいかないけど
だいぶ達者になったウグイス。

ホケキョケキョを聞きながら
コーヒーを啜る

枯葉の中からフキノトウ

苔がヒンヤリ
撫でると手の平がこそばゆい

A3

枝先が紅くなって
木、全体が優しい色合いに。

A2

じゃーん
福寿草見っけ。

小さいくせに
骨太の逞しさをかんじます

これは県森ではありません。
場所は教えられません

悪い奴に見つかると
持ってかれちゃいますからね

A1

パーカーも着ず薄着で歩いていても
じんわりと汗ばむ陽気

やっぱり暖かいことはもう手放しでウレシイな

バイクに乗れなかったのが悔やまれるが
アレもコレもは結果的に中途半端に
なったりするからいいのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・ The Motels   Only the Lonely

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月17日の撮って出し

昨日ほどではないけど
気温は高めになる予報が出ていますね

天候は穏やかそう

A6

昨夕、東の空から顔出した月は不気味なほどの橙

今日は満月

A3_3

朝焼けも橙

A1_2

気温が上ると
凍りついた地面から水分が多く出るからか
霜柱は真冬よりも立派

A5_2

A2_3
(画像クリックで拡大します)

この頃
竹や熊笹、杉などの常緑樹を狙って撮っています。
 なにか目的があるのかと
問われれば
「いいえ、別段これといって」
というしかないんだけど。

強いて言えば、緑に飢えているのかも

A4_3

でも、ブログの画像を見ると
春になってきていることがわかります。

色が多彩になってきているから

・・・・・・・・・・・・・ Fleetwood Mac    Hold Me

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

気温、駆け下りる

時間によって強く吹いた風も
さほどは気にならないほど
気温が上りました。

昼前に出た最高気温
13.5℃は4月7日頃の気温です。

バイクに乗りたかったけど
今日は乗れない事情がありまして
短期集中、なんだかんだと忙しかった。
その代わりに明日は自由だ。

A1

早朝の柔らかい陽射しが
暖かくなることを予感しているかのようでした。

A2
ベンチで休憩
カロリーメイトとコーヒーの朝食

A4_2
せわしなく飛び跳ねているホオジロ。
でも、どことなくのんびりとした雰囲気も
うかがえます。
暖かいからね

午後になって雲行きが怪しくなってきたかとおもうと
ポツポツ・・・
っとおもうまもなく真剣に降り出す。

すると
それまでの春の陽気が急降下
1時間で5℃下がった・・・いやはや
雨に温かさを持っていかれちゃった。

A3_2
(画像クリックで拡大します)

ちょっと気の小さいダックスです

それが表情に表れていますが
なんともいえず愛らしい

・・・・・・・・・・・・・・・・ Neil Young    Heart Of Gold

バックボーカルはリンダ・ロンシュタット。
アルバムHERVESTは名盤
C001

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映像と活字で楽しんでみる

3月16日 日曜日


13℃の予報になってます。
半信半疑だ・・・

A2

住宅地の向こうにまた住宅地

城から町を見下ろすお殿様の気分が
よくわかる・・・w

実際、県民の森の南東部にある高森山には
岩切城が建っていたので
まさに岩切界隈というのは城下町。

もう城はなく
岩切城址、高森山公園として残されていて
当時を偲ぶことができ
公園の桜はこの界隈ではもっとも見応えの
あるものになっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シジュウカラの鳴き声が鋭く遠くまでよくとおる。
鳴き声を言葉で表現するのはひとそれぞれで
むずかしいけど
ワタシとしては「ピィチュ、ピィチュ、ピイチュ」
ってなかんじ

A1
(画像クリックで拡大します)

逆光好きには
枝が光っていると撮らずにはいられません。

でも、撮るときは
その光りを意識するより
暗の部分を取り入れることを意識してます。
でないと
それはただの露出オーバー・・・

端っこに写っている黒い幹も
意識して構図に入れているんですよ

・・・・・・・・・・・・・・・・ DVD & BOOK 

っと
ここまで書いたところで
ココログ側のトラブルか
画像がアップ出来なくなった
まったくもう・・・

朝 6時30分

起きてみたら復活してた(直ってた)。

ということで

A4

子供の頃にテレビで観た映画「ジャッカルの日」

DVDを買ったのは
もう何年も前のことですが
原作の小説を買ったのは昨日

ストーリーを映像と原作で楽しもうという魂胆

本屋さんの書棚で見つけたとき
読んだ記憶があるようなないような

でも確信がなかったから
それは読んでいないからだなと判断して買う。

家に帰って本棚を眺めても・・・なかった
ので正解であった

でも直ぐには読みません。
単純に読もうという気持ちになっていないから

じゃあ何故買ったんだw

A5

さあ、久しぶりのバイク日和になるのか

・・・・・・・・・・・・・・ Bobby Brown   Rock Wit'cha

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月15日 (土)

暖かいのか、ん?ん?

土曜日だから
ちなみチャンの最後となる旅を観てから
出かけようとおもったけど
ゆっくりしていられない性格ゆえ
さっさと県森へ。

今日の日の出は5時48分

もっとも遅い日の出のときと比べると
1時間以上も太陽が昇るのが
早くなって
当然夜が明けるのが早いわけで
目が覚めたときには
すっかり明るい空模様。
単純にウレシイ

今日は暖かいようなそうでもないような
どっちつかず

風がすこし吹いてるな
この風がちょっと冷たいじゃないか
惜しい

Dsc_0056_2
(画像クリックで拡大します)

ためらいのない線で描いた絵のように
稜線にブレのない泉ヶ岳が神々しいほどでした。

泉ヶ岳の頂上の印象は
とにかくハエが多かった。

ハエを振り払うためにも
今年は登ってみようかなぁ

Dsc_0094

県森ではもっとも大型な鳥>トンビ

神谷沢の堤にハクチョウが居れば
ハクチョウに軍配だが
今年は見かけなかった

あんなふうに風に乗れたら
っとクルリと輪を描くトンビを眺めつつ
本気でおもう飛べないジタバタ男

Dscf2382

「サンシュユ」って立て札に書いてあった。

植樹したばかりの小さい枝ぶり。
本来なら大木にもなるような木なのだろう

開花間近だ

Dsc_0177
(画像クリックで拡大します)

今年のスギ花粉はやや少なめなのかな。

ときどき「ムズッ」とするが
去年、眼科の先生に花粉症ではない
と太鼓判を押されたので
痛くも痒くもない。
マイッタか

おっ
あしたは13℃だと

・・・・・・・・・・・・・・・ コーヒールンバ 井上陽水

)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月半ばの撮って出し

3月15日 土曜日


3月も半月が経ちました。
来週は春彼岸の入り。
冬至は暗いな短いなと
日の短さに文句ばかり垂れていたのにだ
もう春分の日が迫っている。
夜と昼は半分づつなのだ
なのにこの寒さ

もういやになっちゃうニダ。

今週は、震災の日とか天気とか
いろいろあって
通算するといつもよりも歩数は少ないです。

ジョギングもウォーキングも
なっとくがいきません

だからそのぶんを取り返すべく
今日は気合を入れ
ムキになって歩いてみたい

A5_2
A1_2

県森はもちろん
本屋さんへも歩いて行くニダ

・・・・・・・・・・・・・・・・ ヘッドフォン

これまでの人生でヘッドフォンは欠かせません。
「人生「という単語が登場するとは
ずいぶん大袈裟な言い様だけど
真実なので仕方がないのです。

数としたら20近い数字をたたき出している
かもしれません。

学生の頃、近所からステレオの音がうるさいと
苦情がきたことがあったり
階下から親父に怒鳴られたりして
 んならばヘッドフォンで文句を言われないように
っというのがそもそものヘッドフォン人生のはじまり
ハードロックを難聴になるくらいの
勢いで聴きまくってましたっけねw

もしかすると難聴かもしれない、オレ・・・

A4_2

ヘッドフォンの買い替えは
耳当ての部分がボロボロになったり
オーディオとの相性が悪かったり
分解しちゃったり
ひと目ぼれということもありました。
っま衝動買いということですね。

コードレスヘッドフォンもいろいろ試したときが
ありました。
コードのないことの開放感
動き回ってもグルグルと緊縛バックラッシュ状態に
陥ることもない

夜中にSF映画を大音量で観るのも
ヘッドフォンを使うと5.1chのスピーカーに
負けないくらいの迫力と臨場感があり
なによりも気兼ねなくガンガン聴けるのが
いいですね。
ヘッドフォンで聴いてはじめて聞こえてくる音って
案外多いことに気づがされます

・・・・・・・・・・・・・・・・ シャベル

A3_2

お気に入りのカップと
シャベル型スプーン。

掘ろうとおもえば掘れるだろうが
時間は掛かるんダ

・・・・・・・・・・・・・・・・・ コーヒールンバ 荻野目洋子

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

つぎの春はフキノトウ

雲ってはいたけど
いかにも雨上がりの澄んだ眺めで
目に見える建物も木々も
とにかく何でもきっちりきっぱりとしたもの
でした。

6月、梅雨時期の雨上がりのときに見る
空模様、そのものでしたが
それは見た目だけのことで
澄み切った空気は3月、
いや2月のような冷たさです。

A5

昨日の強風がまだすこし残っていました。

A4

ドヨンとした空の下
ホオジロの鳴き声がやけに目だっていました。

A2

ミツマタの蕾が
遠くから見ると白い綿毛のような花を咲かせて
いるように見えていました。

蕾とはいえ
群生しているミツマタに見応えあり

A3

マンサクにつづいて
フキノトウを見つけました。

こんな寒さでも芽を出すんだね
と愛おしい気持ちに。

よくみるとあっちにもこっちにも。
まだ芽が出たばかりのチビで
持って帰って味わうにはあと2,3日先。

そのときには天ぷらで。

山菜であるフキノトウは
あくまでも旬である苦味を味わうものなので
1こ2こ食べれば十分。

・・・・・・・・・・・・・・・ シュレッダー

A1

失敗したDVDや試し焼きしたDVDは
すぐさまシュレッダーでギュイン

やっぱり細切れで捨てられるというのは便利

もったいぶって放置しておくと
溜まってくるし
未使用か正規に焼いたものか
わからなくなるからすぐさまギュインだ

・・・・・・・・・・・・・・・・ Chris Rea
               Out Of The Darkness

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月14日の撮ってだし

・・・・・・・・・・・・・・・ パラリンピック

鈴木選手が銅メダルにつづき
アルペン回転で金メダル
日本3つ目の金だ。

生中継されないのが悔しいよなぁ

・・・・・・・・・・・・・・・ 本文

未明には雨は上りました。

平年なみとはいかないまでも
これまでよりは上ってくれるようです>気温

でも予報では強風となっているのが残念。

A4
A2_3
県民の森の、北斜面や日当たりの悪い底部は
しつこくも雪が残っています。
汚い言葉をつかうと「腐れ雪」です。
粗目で一見白くてまったくの雪なのですが
そのじつ中身は氷のようになっていて
こうなると融けにくく
暖かくなってもらわないとどうにもなりません。

山の中では
この腐れ雪の上に枯れ草などが被ると
保冷効果になって夏でもしつこく残ってしまいます。

A3_2
鳥たちも移動しているので
同じ時間、同じところへ行くと
またお目にかかれたりします。
「またお前か」
そう言って鳴いるはずです

A5
A6_2
まっさきに咲く
まんずさく
まんさく
豊年満作

A1_2
どうやら来週は春めいてくるとか

乗れそうだな、ククッ

・・・・・・・・・・・・・・・ 好きさこの街が

宮城県民御用達w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

県森のち雨

昨晩から今日は雨だろうと
決めてかかっていたから
起きたときの曇り空は意外でした。

では今のうちにと
出来ないとおもったジョギングを。

A6
今日は一日こんな空模様
どこか煙っているような眺め

A3
梅林へ行ってみる。
蕾は膨らみかけて色づきも濃くなっているけど
開花するのはも少し先になるかな。

A1
紅いマンサクを見つけた

マンサクというと黄色花がメジャーなので
この紅はマイナーな部類かな。

・・・・・・・・・・・・・・・・ 空模様

遅めのジョギングから車に戻った途端
ぽつりぽつり・・・

ああ、やっぱり降るんだ
つぶやきつつワイパーをクイッ

それにしてもなんとまあ
タイミングのいいこと。
昨日もギリギリセーフだったんだもんね。

以降、冷たい雨の一日。

雪じゃないだけ
まだましか

と無理やりにでもいいように解釈するが
やはりどこかナットクいかない

・・・・・・・・・・・・・・・・ BOOKS

A2

あれっ????

大袈裟に呆れてみる

同じ本がダルってる。
いつ買っていたのかまったく記憶にないぞ

・・・・・・・・・・・・・・・ 井上陽水ライヴ  氷の世界

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月13日の撮って出し

どうやら今日一日
雨になるようです。

雨の水曜日です
大滝詠一さんの曲に「雨のウェンズデー」
というのがありますね。
それにちなんで今回のユーチューブの曲は
それにしようかとおもいましたが
あれはいかにも「夏」という雰囲気だから
時期がきたらということで
やめました。
A1_2

昨日は4℃
今日は5℃の予報

とほほだ
いつになったら春の陽気になるんだろう

3月になったらずっと寒い

A2_2

ミツマタの膨らみかけたツボミも足踏み。
マンサクに劣らず鮮やかな黄色い花を咲かせます。

春の花は黄色が多いですね。

マンサク、ミツマタ、フクジュソウ、菜の花・・・

A3_2

この天気ではジョギングも出来そうにないな

でも、雨の降りだしが早かっただけ
止むのも早いかもな
っと微かな期待があったりして。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ BIKE

維持充電中

A5_2
A4_2

冬、とくに雪が積もってしまうと
バイクはどうしようもありません。

小さいバイクなら
雪でも喜んで遊ぶんだけど
満タン280キロ以上にもなる重いバイクを
雪道で踏ん張るほどのバカちからも
根性もありません。
アクセルを1ミリでも開けたら滑りそう・・・
だから、最低限のことだけでもと
暖機運転とバッテリーの維持充電を。

バッテリーは使わなくても自然放電するので
長期動かさない車やバイクは
いざというときにエンジンが掛からないとか
セルモーターの回転が弱いとか
簡単に言うと電気が足りない症状が発生します。

維持充電は
自然放電を防ぐために常に充電器にバッテリーを
繋いで不足しがちな電気を補うもので
トリクル充電とも言いますね。

今はコンパクトなトリクル充電器が
多く発売されてます。

トリクル充電器は
バッテリーがフル充電されると
自動で停止してくれるので
放っておけるシロモノです。

とはいっても
ワタシの場合は一日充電したら
外してしまいますが・・・

冬のあいだはこうして小まめにトリクル。
バッテリーも長持ちしますね

・・・・・・・・・・・・・・・・ George Benson
              Turn Your Love Around

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

寒さの中にマンサク見っけ

午前9時の4.3℃が今日の最高気温。
雨はその頃から降り出してました。

予報では7℃だったけれど
もしかしたら夜になると気温が上るのかな。

A4

早朝の県森
いつものジョギングコースをタッタッタッ

このアングルから撮る万作堤が好きで
よくここから撮ってます。

いづれ四季折々の堤の画像をアップしようかと
おもいます。

その万作堤でマンサクがちらほらと咲き始めて
いました。
A3

まるで不器用な人が作った造花みたいで
笑ってしまう。
でも、これが何とも可愛らしいというか
この寒さの中で健気というか・・・

去年の開花よりも数日遅かった堤のマンサク。
天気が良くなれば来週には満開になるかな。

ようやく冬景色だった県森にも
春らしい彩りが出て来てくれました。

A1

庭の、芽が出てきたスイセンにまじって
チューリップの芽も出てました。

指で触ると
硬くて冷たい。
でも寒さに耐える力強さをかんじます

A2

暖気運転

アクセルをすこし開けると
白い煙が立ち昇る。

アイドル状態に戻しエンジンが十分に
温まってきると煙はおさまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ BOOKS

A5

作り話のSFの世界であっても
宇宙は知らないことだらけの未知の世界だからこそ
面白く没頭して読めるんですね

100年後にはもっともっと
想像のつかない世界になっているかも
しれないのだから。
だって、100年前の人が
100年後の現在がこうなっていることなど
誰も想像できなかったでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・ Bobby Caldwell
              Never Take A Chance

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがた迷惑なのである

昨日の朝のことです。

雪をかいている音で目が覚めました。

「うそっ」
そんなに降ったのかと
寒いことも忘れて布団を剥ぎ取ると
その勢いのまま
窓を開けて
見ました。

A3

まったくたいした積雪ではなく
路面を舐めた程度

「なんだよ~ぉ、脅かしやがってぇ」

この程度の雪なら
そのまま放っておいたっていいのだ。

案の定
雪は9時頃には解けて
その後乾いて跡形も無くなった。

A1

長らく居ついた最強寒波も
やっと撤退しはじめました。
でも仙台は
もうしばらくは平年以下の気温。

週末には春めいていくると。

A2

がまぐちの中身は飴ちゃんとそして春

A5

ここを下ると鶴が丘

A7

・・・・・・・・・・・・・ Carly Simon You're So Vain

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

3年目の3月11日



2011年 3月11日 14時46分18秒



この時間を区切りにして
「それまで」 と 「これから」 という境目が
できてしまいました



0028_2

停電の仙台


不安な夜が来た

あの日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

ウグイスの発生練習

3月10日 月曜日

なんじゃコリャ
この寒さは・・・

去年の今日は15℃あったんだよね。
東京じゃあ観測以来もっとも早い夏日に
なったのが今日でした。

12時に4.4℃まで上がると
瞬く間に急降下して14時には0.5℃

強風と呼べる風が吹き続けた一日でした。

A3
「あかまつの道」にて

A4
強風で悲鳴をあげている高圧線

A2
あかまつの道から「洞ヶ沢堤」へ至る

朴手沢堤を歩いているときのこと。

何気なく聞いていた鳥の鳴き声に「?」

この鳴き声は・・・ウグイス???

「ホーホケキョ」には程遠い鳴き方は
春に向けて発声練習しているかのようでした。

ウグイスは繁殖期になると
メスに気を惹くためのホーホケキョであり
警戒のホーホケキョでもあるらしいですね

はやく見事な「ホーホケキョ」を聞かせてほしい

A1
「朴手沢堤の木道」

こんな寒さの天気でも
昨日以上に人が多かった県森。

グループでのトレッキング

奥様たちだろうか
山ガールスタイルのグループなど
まだ冬の様相の森の中にあって
目に鮮やかで明るく
こっちまで気持ちが高揚してくるようです

東屋で小休止
飴ちゃんを頬張る。
その瞬間、おもいほか甘くて
う゛ーっ
と顔が歪んでしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・ BIKE

A5

車用にストックしてあったオイルですが
とりあえずバイクに入れてしまおうかなと。

今月中にオイル交換を。

・・・・・・・・・・・・・・ Chris Rea
 The Mention Of Your Name

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チリも積もればなだれ式

3月10日 月曜日

・・・・・・・・・・・・・・ BOOKS

読み終えた本は
そのまま
読み終えた本の上に積み上げたり
本棚に仕舞っても
空いた隙間に潜り込ませるだけで
本屋さんのような
「作者ごと」に並べることもせず
もちろん「出版社ごと」などもってのほか。

ただ、基本的には汚れた部屋は
ワタクシ大嫌いではあるので
ある日、山積みの現状を見かねて
「ならば」と軽くも重たくもない腰を
ホイッと持ち上げて
やおら整理をはじめてみたりするんですね。

とりあえずワタシの出来ることは
せいぜい「作者ごと」に本を揃えることと
似たり寄ったりのジャンル仕分けくらいです。

っまこれが妥当な整理でしょうけど・・・

A2_2

もっとも多い作者の本は
ぶっちぎりで椎名 誠さんですが

その次に来るのは
吉村 昭さんか新田次郎さんです

A4_2

吉村さんの作品は
入念な取材によって明らかになる忠実な真実。

太平洋戦争の様々な事例は
吉村さん以外にも多く読んでいますが
氏の作品によって知ることが大きいです。

新田さんはもちろん「山」題材にした作品が
ほとんどです。

新田さん本人が富士山頂の測候所所員で
あったことや
山で育ち山での経験が豊富なことなどから
自然の知識に対して
読んでいても違和感を抱くことがなく
素直に話に引き込まれていきます。

映画「八甲田山」「剱岳 点と記」などは
新田次郎さんの作品が原作ですね

A3_2

深田久弥 の「日本百名山」は
現在の登山ブームの火付け役と言っても
いいものでしょう。

登山黎明期の作品で
当時の山登りと道具などの違いが
垣間見えてきます。
すべてが有名な山ということではなく
作者の「想い入れ」から選ばれている山も
あるのではないでしょうか。
それがまた、この百名山の人気であるひとつかも
しれません。
「百名山」を読んだら
「日本百低山」を読まないわけにはいきませんw

文中には写真ではなく
イラストで山を紹介しているところが好きです>低山

ということでなんとか仕分け終えた我が本棚

整理整頓したことによって
はっきりとわかったことがひとつ

それは

本棚が小さくなっちまったってこと・・・

ぼちぼちご近所さんへ貸し出すかね

A5

車の中にも文庫本を数冊常備
 渋滞、故障、ガス欠・・・
どんなときでも暇を持て余さないようにね

それとコレ
CDの詰まったハンバーガー

A1_2
ここ数日はDVDの制作に時間を費やし
本日DVDとアルバムの納品。

ポスティングは勘弁してもらって
たっぷり歩いてやるのだちゅーの>古ッ!

・・・・・・・・・・ John Mellencamp    Jack & Diane

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

まあまあ…ですかね

昨日までの強風というほどのこともなく
暖かくはないが
平年にかぎりなく近い気温ということで
まあまあかナァと。

最高気温の出た頃にジョギングへ。

日曜日ということもあって
けっこう散策されている方が見受けられました


A4
(画像クリックで拡大します)

上空から白鳥の鳴き声が聞こえ
カメラを取り出し
森の中から見上げてみるも
見つけることはできませんでした。

彼らは鳴きながら飛んでいるので
すぐに気がつきますね
夜中でもクアア クアアと鳴いている

強風で足止めを喰い
慌てて北へ行く冬の使者
そんなふうにかんじるのでした

A1

鈍足なりにも走っていると
7.8℃の気温でも汗をかき
気分は上々。

遊歩道を占拠していた雪も
99%無くなり
始めから終わりまで走ることができるように
なりました。

A2

堤の氷は解けてきているのか
凍ってきているのか
水と氷がじわりじわりとせめぎあってます。

もちろん解けている方に
チカラを込めて応援したい

がしかし
今晩は雪の予報が出ている仙台
そして明日は真冬の寒さ。

なかなか春へと進んでくれませんねえ

青空の中の月を見つめつつ
あ~あ゛ぁぁ と ため息・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 東日本大震災

丸3年になる11日目前の日曜日ということからか
今日は震災を扱った番組が多ったようです。

3年が長くかんじるか
短くかんじるか
それぞれで違うのでしょうが
あっという間にここまで復興したね
というふうになればと願うばかりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ BOOK   

A3

「星町の物語」太田忠司

本屋さんでパラパラやっているうちに
面白そうなので買ってみました。
星町町内の出来事を集めた短編
けっこうゾクッとするお話しも。

・・・・・・・・・・・・・・・・ Boston    Amanda

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月9日の撮ってだし

さて、今日はどうなんだ

寒さがさ。

しつこい寒気が居座って
そろそろ限界

寒さがさ。

A2_2


A1_2


A5_2
たまには文芸作品なんぞを読んで
賢くなったフリをする。

・・・・・・・・・・・・・・ カメラ

100円ショップのミニ三脚
A4

このまま使うわけではありません。

A3_2

貧弱な三脚を取り外してしまいます。

使うのは雲台のみ

この雲台をバイクの車載カメラ用に使うのです。

去年もコレを利用したけど
高速走行中に固定していたネジが緩んで
飛んで逝ってしまいました。

今度は緩まないように固定して
動画撮影をします。

今年のツーリングDVDは動画も納めて
より充実した内容にしたいとおもってます

・・・・・・・・・・・・・・・ パラリンピック

初日から早くも金と銅2コゲット

滑走のアルペン 、金メダルの狩野選手の
すべりはカッコよかった
出場選手の半分が転倒していた中で
安定感とダイナミックさがあって
おもわず「すげえ」と言葉がもれた

・・・・・・・・・・・ Jody Watley    Everything

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

真冬なみの土曜日

朝起きてみると
うっすらと雪が積もっています。

ここ数日は同じように白い朝だから
まるでデジャビュのようです

吹けば飛ぶよなわずかな雪なので
陽が射すとたちまち消えてなくる
生活に困るようなものではありません。

強風も相変わらずで
風の音を耳にしてから3日目

A6

今日は久しぶりに一眼レフを手に県森へ。

AFのズームレンズで撮るのがふつうですが
今回は短焦点レンズを2本。

35ミリの広角とマクロ専用55ミリ標準レンズ

短焦点で標準の焦点距離のレンズというのは
ズームレンズに慣れてしまった身には
物足りなさを感じてしまうこともしばしばしです。

だから前もって
「何を撮るか」「どう撮るか」と
目標を決めておくといいですね。

A3

A1

完全マニュアルでの撮影。

F値が明るくて幅があるので
早朝の日陰でもしっかり応えてくれてうれしい。

シャッタースピードを変幻自在に変えられて
おなじアングルでも
まるで違うものを撮影したような違いが得られます

A2

マクロ付きレンズとは違い
マクロ用に作られた短焦点レンズなので
きめ細かさと背景のボカシ効果は思いどおりで
その再現もひと味違います

F値を変えて何枚も撮影し
ボカシ具合と
それによって被写体が
どの程度浮かび上がってくるか
それを見比べてみるのも面白いものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝も冷え込んだので
県民の森も全体が凍りついているようでした。

踏みしめる地面は霜柱が立ち
なんともいえず心地いい足音と
感触が伝わってきます。

ボトルから
まだ熱いコーヒーを口にして
ハァとため息。
派手な白い吐息が
頭の上まで昇り消える

また一口
そしてハァ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ BOOKS

A5

誰が読んだか
昭和50年発行の単行本「銀嶺の人(上)」が
家の本棚にあったのでそれを読み
「下」巻の文庫本を買ってつづきを読みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ パラリンピック

パラリンピックが始まりました。

メディアでの扱いが
通常のオリンピックよりも低いことが
ワタシには納得いきません。

体の不自由な選手達の活躍は
オリンピックの真の姿を見るようで
感動も大きい。

日本人選手のメダル獲得数は
俄然パラリンピックの方が多くて
見所も多いです。

開会式では日体大名物の
団体行動が披露されましたが
やはりこれは
日本の方が指導されたそうです。

・・・・・・・・・・・・ Sarah McLachlan    ANSWER

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月7日の撮って出し

3月8日 土曜日

こんな寒さに負けてなるものか

たっぷり歩いてやる

そう決めた

A2_2

A3_2

例年だと
ぼちぼち、日当たりの良い斜面に
フキノトウが顔出し始める頃です。
でもこの寒さではなぁ・・・

オレがフキノトウなら

出たくないw

A1_2

横浜の4番清原さんから業務連絡あり

今年も5月に「伊豆・稲取ツーリング」に行います
とのこと。

この寒さでは
遠い、とぉーい先の話のように思えてしまうが
あと2ヶ月なんだな5月って。

今年のツーリングの目標はただひとつ
「締め忘れない」

A4_2

内なる宇宙 上・下巻

これまたホーガンの世界に魅了するというか
その緻密さに感心するというか
とにかく惹きこまれます

A5_2

Patti LaBelle    If You Asked Me To

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 7日 (金)

ちっこい春

一年うちでもっとも寒い気温は
仙台では5℃です(最高気温)。

今日、3月7日の最高気温は3.7℃
昨日の日中も同じような気温でした。

風もまだ強めに吹いて
雪も舞ってきて
天気からは春を想像することなど到底出来ず

A2

収穫だったことは
雪がまだ残る裏庭で
スイセンの芽が出ているのを見つけました

A1

おっ 出てる

こんなに寒いのに健気なやっちゃ

や・さ・し・い オレは
そっと枯葉をかぶせてやるのでしたwww

A4
ブラインドサイト上・下巻
長時間、連続読みが出来ないので
日数はかかったけど
読みたい、という気持ちは衰えず
きっちり読み終えました。

A3

ガソリン用携行缶、5リットル缶と25リットル缶

去年も携行缶による大事故があって
危険視されている携行缶による給油。
しかし、ちゃんと手順さえふまえていれば
けっして危ないものではありません。

ワタシはバイクの給油に使っています。

バイクは燃料タンクの容量が
車と比べ小さいので
燃費がいいとは言っても
小まめにスタンドで給油するのが面倒で
走る際には自宅で給油しています。

とくにX4というバイクは
ドラッグというカテゴリーがゆえに
タンク容量が小さく
走り出しは常に満タンにしておきたいのです。


東日本大震災のときには
長らくガソリン不足であったので
この携行缶に備蓄していたガソリンは
たいへん助かりました。

ワタシが不満なのは
セルフスタンドで自ら携行缶に給油できないことで
車に給油できてなぜ缶には出来ないのか

またセルフの従業員にお願いしても
断れること。
まあそれは「セルフ」だからなのだろう。

引火性の高い低いの違いはあれど
灯油もセルフで給油できるというのに。

A5

I still believe   Brenda K. Starr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月7日の撮って出し

冷え込み厳しい朝です

日中も3℃程度で
昨日とあまり変わらない気温になるようです

A1_2

県民の森の西側一帯を「四季の森」と言い
その四季の森の中に
様々な名称の遊歩道があります


A2_2

急遽、DVDの注文があり
ヤレウレシヤとせっせと制作中

・・・・・・・・・・・・・・・・・ 本のはなし

長編、とくに「上・下」もしくは「上・中・下」などと
2冊、3冊で完結するお話しは
内容を十分に吟味して買わねばなりません。

こういう場合
ワタシはあらすじだけでなく
中身もしっかり読んでから買うことにしています。

面白いストーリーでも
文章が自分にあわないこともあります。

つまり読みづらいということです。

洋物などは訳者によるところがあるので
中身を読んで確認しておかないと
途中でイヤになって放り投げてしまうかも・・・

だから複数巻のときには
まず上巻だけを買って
確実に面白いとわかった段階で
下巻を購入してます。

上下巻、2冊買ってから後悔するよりはマシでしょ

傷口が広がらないうちに・・・ということです

A4_3
文句なく面白かった「極大射程」

A5
途中挫けそうになったけど
持ち直して読みきった「第三の銃弾」

A3_3

もう25年にはなる旅行バッグ

フィアットパンダやミニクーパーのルーフキャリアに
ドンッと積んで旅行に出かけました。

雰囲気は満点ですが
雨が降ると大変

屋根から下ろたしことをすっかり忘れて
車で轢いたことがあるw

Dsc_0103

the eagles  king of hollywood 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

虫も引っ込むお寒い啓蟄

昨日の最高気温も
今日の最高気温も
日付の変わる深夜0時前後に
出たものでした>5.5℃

今日の日中といえば
晴れたり雪が舞ったりの繰り返し
そこに冷たい強風が加勢して
真冬の出来上がり・・・。

今日は二十四節気の「啓蟄」
冬眠していた生き物が
土の中から出てくる頃、だけど
これじゃあ たまったもんじゃないね。

A1

降る雪がソフトフィルターの効果になって
薄水色のグラデーション。

曖昧なグラデーションは
数分後にはきっちりと青空に。

A3_2
(画像クリックで拡大します)
薄っすらと白くなった朝

2月の大雪以来
ようやく始めから終わりまで走れるようになった県森。

約1ヶ月間で遊歩道に積もった雪も
ほとんど融けました。

A2

また凍りついてしまった堤

あと4週間もすると桜が開花する頃だけど
今のこの寒さと冬の景色を見ると
まだまだ遠いことのようにおもえます。

今年の桜前線の北上は遅くなるかもなぁ

A4_2


Eagles    I Can't Tell You Why

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世の中ただれとる

簡単に春にはなってくれないようで
トップクラスの寒波が襲来し
この先1週間は厳しい寒さがつづくらしいです

気を引き締めていきましょ

気象庁では
この冬の気象は30年に一度あるかないかの
異常気象であると言ってます。

冬も終わりに近づいて
そんなことを今更言い出しても困る
素人でも「今年は異常」だと実感してる。
冬になる前の長期予報で発表してほしい。

その長期予報
今年、東北の夏の暑さは
平年なみか低いとのことのようです。
よって今年の東北は暑くなるのだドンッ!(机叩く)

こちらのほうが信憑性は高い
なぜなら
いつも発表される反対の天候になってるんだから。

A6
これは一昨年の3月5日の画像。
積雪17センチの大雪でした

A1_2
A2_2

サルノコシカケの仲間二態

A3_2

長距離バスの事故がまた起きました。
地元のバスということですが
遺族の奥さんが現場で泣き崩れている姿は
涙が溢れてきてしまってどうにもならない
よりによって遠く石川に赴任している先生が
息子の卒業で帰省し
その帰りにこんなことになるなんて・・・

あのバス会社は運転手不足で
つねに募集しているという事実はあるが
労働時間に問題があるのか
それともやはり病気ということが原因なのか


不思議におもったのは
石川までのルート。
113号線を通って北陸道に入るとは
知らなかった。
てっきり東北道から常磐道を抜けていくのかと
おもっていました。

通り魔事件や歩行者を巻き込む交通事故
鉄道の脱線・・・

天気にしろ事故にしろ
なにか根底のところで狂いだしているのでは
ないか
そう思わずにはいかないこの頃です。

大学の試験会場に親がいっしょに行くというのも
信じられない出来事だ。

オレが親なら
行きたくても我慢して行かないし
子供だったら
親と行くなんてこれほど恥ずかしいことはないから
断固拒否する。
すくなくとも、オレの時代には
親同伴なんてやつはいなかった。

親のせいで
送迎バスが足りなくなり
試験開始が遅れるなんて本末転倒

もう4コマ漫画の世界だ

昨夜のザックジャパンの試合は
ある意味おもしろかった。

前半と後半で
まったく違うチームかとおもったよw

A5

Chris Rea    Set Me Free

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 5日 (水)

3月の雨ってやつ

9℃の予報だった気温は
午前11時発表の予報では7℃になっていました。

雪になるほどの低さではないけど
冷たい雨です。
一日降り続く雨というのは久しぶりなこと。
夜に雪にならなければいいけど
かりに雪になっても
たいしたことはないだろうな

A3
夜明け前から降り出して
さすがに県森ジョギングは・・・
でも、この雨でも歩いている人が居るんです

A4

石垣とサルスベリが
雨に濡れて
目に色濃く映り
冬の冬眠から覚めて蘇ったかのような艶

A2

本棚の整理

この3冊は小学生のときに買った本です。

これで天体写真撮影を覚え
流星を知り
彗星を覚えました。

月刊天文ガイドや天文年鑑など
誠文堂新光社から発行されているガイドブック。

天体撮影のガイドブックは
このほかにも何冊も読んで
撮影に取り組みました。

はじめて撮った天体は月で
月に向けた望遠鏡に手で持ったカメラの
シャッターを切ったものです。

見事にピントがボケて
写っているものが何なのか
ワタシ以外には誰もわからないシロモノ

でも、こんなに簡単に映るんだと
失敗したのに成功したように嬉しかった

その写真は今でも持っています

A1
WOWOW開局から10年ほど
加入していました。

毎月送られてくる番組表を見るのが
楽しみでもありました

あの頃はMOTOGPやF1、BTCCやDTMなどの
モータースポーツも中継され
マイクタイソンの試合も生中継してました。

映画をはじめ
ビデオデッキ3台で録画しまくってました。

家に帰ってみると
ブレーカーが落ちているので
原因を調べてみると
どうもビデオ3台が録画開始になるときに
落ちていたようですw

Once Upon a Time    Bobby Caldwell

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の一日かなぁ

さほど耳障りということではなかったのに
雨音で目覚めました。
勝手に午前中は大丈夫なのかなぁ
なんておもってました。

まだ寝ていたかったのに
もう眠れず
そんなら起きてしまえの5時20分・・・

A4_2
3月ともなれば
暖かくなる日もあるでしょう。
バイクシーズンになるまで
しばしの辛抱。

本格シーズンになるまでにプラグの交換を
やっておこう。
夏までにはタイヤも交換せねば。
 今回はどんなタイヤにしようか


A6
歩くのに支障をきたすような雪は
住宅地ではなくなり
散歩も快適になったかな。

A3_2
映画「クライマーズ・ハイ」
好きな映画のひとつ
横山秀夫さんの原作も読んでます。

A2_3

個人的にはキャスティングもよく
緊張感と緊迫感が伝わってきます。

これを観ると
日航ジャンボ機が墜落したあの日のことを
思い出してしまいます。

日航機墜落関連の本は何冊か読んで
自分なりに事故について知ることができました。
今ではこの史上最悪の航空機事故を
知らない世代がいて
震災同様に忘れてはならないものだと思います。

横山さんの「臨場」や「動機」などもそうですが
次のページ、次のページと
先を読まずにはおけない面白さがありますね。

意地で書き上げた現場雑感を読み上げるシーンは
毎度目頭が熱くなる。
 夏になると
この映画を観たくなるのでした

A1_2

雪のとけた田んぼは
たっぷり雪解け水を吸って
ほっこり柔らかさを見てかんじます。
かたや、30分ほど行った里山では
雪をかぶっていて
まだ冬である現実を見せつけられる

Dsc_0083

Rod Stewart    Da Ya Think I'm Sexy?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

本日は平年なり

今日の最高気温は7.4℃でした。
これは今日という日の
ぴったり平年気温です。
ウソだとおもうなら
仙台管区気象台の「過去の気象データ」を
ごらんいただきたい。

いまはネットで過去30年の気象データが
一目瞭然なので
夏休みの絵日記をサボって
始業式前日に泣くこともない

でも毎日やることに意義があるのだから
適当でも毎日書くことが大事なのであるよ

A1
こころなしが木々に生気を帯びているような
色づきをかんじます

A2
梅のツボミが膨らみ紅が鮮明になってきました

A4
名前のように、紫色の小さな実をつけます

A3
(画像クリックで拡大します)

4月になるとカタクリが咲き出す水辺の道

A5

事件が起きてから読むというのも何だかなぁ・・・


去年は渡辺一枝さんの「チベットを旅する」を
実際の旅の日付に合わせ4ヶ月かけて読みました

このアンネの日記も
同じように読みすすめていくつもりです

(我が青春の80年代)
The Police   Every Breath You Take
「スリラー」「フラッシュダンス」らを抑えて
ビルボード・年間チャート第1位になった
あまりにも有名な曲ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月4日の撮ってだし


3月4日 火曜日


A2_2

コンコンコンと森に響いてます

A3_2

グルリグルリと見下ろしてます

A1_3
(画像クリックで拡大します)

去年の3月
夕暮れの西の空に姿を見せたバンスターズ彗星

肉眼でも見ることが出来ました

A4_2


The Allman Brothers Band    Jessica

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

ブルッと節句

寒い節句になりました。

卒業シーズンって
寒くなるんですよね。

それとお彼岸のときも


神社の前を通ると
鮮やかな着物姿の女の子が
ママの手を握ってトコトコ歩いていて
じつに微笑ましく見えました

A3

最高気温6℃
風も吹きだし歩く姿はうつむき加減

A2

ツバキの黒々とした葉が
どうもこの寒さとは対照的に見えます。

A1

空ではなく堤の上に積もっている雪が背景

A4

ゴニョゴニョ

キミを見ていると
ついガブのことを思い出してしまうよ

(我が青春の80年代)
Stevie Nicks    Edge of Seventeen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月3日の撮って出し


今日は「雛祭り」であり「耳の日」でもあり
そして「耳かきの日」であります。
「耳の日」はわかるが
「耳かき」というのは便乗したなっぽいぞ

A3_3
土の匂いと緑の匂いが恋しくなってきた


A2_2

先週の暖かさで日当たりの良いところは
雪が融けて
普段どおりの歩き易い道になりました。

A1_2

「ちゃんと付いて来てるかしら」と振り返る。

A4_2
冬の道路は融雪剤でまみれてます。
車の天敵で錆びやすい融雪剤
錆びやすそうな部分にアンダーコート

(我が青春の80年代)
Bangles    Manic Monday

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

鋭気を養う日曜日

3月2日 日曜日

雪は小降りで積もることはなく
寒さと曇り空が印象的な一日でした。

氷点下の朝にならなかったのが不思議なくらい
日中は冷え込みました>3.9℃

A1

たいした雪ではないけど
触れるとすぐに水滴になるような雪で
これではびしょ濡れになってしまう。

寝不足なような
頭がダルいような
体が疲れているような
曖昧な体調なので
無理せずに部屋でジッとしていました。

A2

3冊の本を平行読み。
小説とエッセイ2冊
エッセイは分野の違うもの同士で
ちょっと飽きたら気分転換に
違うものを読む
途中で眠くなったらそのままクタッ。

15分ほどで目を覚まし、また続きを読んでいく。

疲れてくると
窓の外に目を向けて目玉を気分転換

だらしなくて至福な一日でした。


A3
けっきょく1年と使わなかったミラーレス一眼

ミラーレスは
どうしても脇を締めた構え方がしづらく
モニター画面だけではアングルなど
情報が即座に把握できなかった。
とくに望遠になればなるほど
扱いづらいということになって
下取ってしまった。
一眼レフ用レンズを使えるようにするアダプターは
ありがたかったけど
アダプターの幅(焦点距離)だけ
レンズの長さが伸びてしまうのが
気に入らなかった。
広角レンズの際にそのおもいが強くなった。

カメラが売れない今
ミラーレスも淘汰されていくかもしれない。

コンパクトカメラも
高倍率ズーム意外のカメラの生き残りは
辛いところでしょう。

多少高価でも
40倍以上のズームカメラが
これからの主流になるのでしょうね。

A4
みんな撫でるから頭はツルピカ

A5
(画像クリックで拡大します)

お澄まし。 ちょっとオレのことがキライ…かなw

(我が青春の80年代)
Sinéad O'Connor     Nothing Compares 2U

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月2日 思い出の撮ってだし

3月最初の日曜日
粉雪が降ってます

A3_2

3月は雪が降ることは珍しいことではありません
まったく当たり前のことです。

あの東日本大震災の日からの雪と寒さは
今想うと真冬そのものでした。
長い行列をさけて
深夜、地震でうねり、亀裂の入った
バリバリに凍った雪道を
水を汲みに行っていたことを思い起こします

仙台の終雪は4月8日

A4_2
今日の見どころはすでに深夜にありました。

スキージャンプの高橋沙羅選手が
シーズン優勝を決めました。
つづいてヤンキースのオープン戦
マー君の実戦初登板で
2イニングを投げ落ち着いたマウンドさばきで
無得点に抑えた。
今日のスポーツ番組はこの2つで決まりだね

A6_2

昨日は道のりの半分は走れるほどに
雪は融けました。

今週の天気は
いやあ・・・真冬に戻ってしまったような寒さだ

・・・・・・・・・・・・・・・

2年前
A2_2

そしていま
A5

電信柱の位置まで変わってしまうほどの豹変ぶり

A1_2
現在の東向陽台中学校が建っているところです。

トノサマバッタがピキピキと飛び交い
ヒバリがピーチク
貝殻の化石がゴロゴロ
ロケット花火を水平打ち。
キャンプをし
流れ星をいっぱい眺め
馬も居たし牛も居た。
モトクロッサーのアクセルを延々
全開に出来た
関兵の造成地


その頃の曲と言えばこれ
音楽史に残る名曲
これをラジオで耳にして
小学生のオレはイチコロ
洋楽好きになったのだ
Eagles Hotel California
Dsc_0170
この曲の詩は
当時のアメリカをホテルにたとえ
そこに集う人々、つまりアメリカ国民を
描いたものです。
建国200年を迎えたアメリカのアンチテーゼ。
95年のアルバム「ヘル・フリーズ・オーバー」に
収録されているラテン調も哀愁があって好き。
ラテンがオリジナルとドン・ヘンリーは
言っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

薄日射す3月1日

1ヶ月先の陽気になった昨日の今日だから
肌寒く感じたけど
これでだいたい平年なみで
最低、最高ともにやや高いくらいです。

雲の向こうから陽が零れる曇り空

A4
「松稜高校前の芋手沢堤を見下ろす」

ここのところ自分でも歩いたな
と実感があって
体全体に疲れが溜まってきたか
疲労感あり。

今日は大人しくしていることにして
昼には部屋で本をパラパラやり
J1開幕戦をテレビ観戦

とはいっても
朝には
べつに目標としているわけではないけど
成人男性の一日の最低歩数7千歩はクリア

A1

ここのところの朝飯は
県森でコーヒーとカロリーメイト。

正直、朝はこれで十分

雪はだいぶ融けて
広い車道や管理道路は走れるほどになり
今日は道のりの半分をジョギングできました。


A2
A3
暖気運転していたら
むしょうに走りたくなり
エコバッグ肩に掛けスーパーへ買い物

バイクに跨ったのは
あの大雪以来だから3週間ぶり以上かな

A6

正直言うと立ち読みでも・・・
っと思ったものの
「ネコのなみだ」を買って読んだら
こっちも読まねば不公平だよな
っと「イヌのなみだ」も。

いかにも「お涙ちょうだい」というお話は
書き手にまんまとやられた感じがして
好まないけど
体験談の中から
じんわりと温かい気持ちになったり
自分に置き換えて考えさせられたりするものは
着色なしで現実味があって好ましい

(我が青春の80年代)
Queen - Radio Ga Ga

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月1日 春のスタート

3月ともなれば
事実上の「春」と言ってもいいでよね。

仙台の場合
「冬」と「春」を天秤に掛けると
冬7、春3くらいの割り合いになるでしょうか。

平年なみの予報になっている今日は
きっと寒くかんじるだろうなぁ
あまりにも昨日までが暖かさ過ぎたから。

「三寒四温」を繰り返して本当の春を待つ

A3_2
A2_2

「3月の仙台風景」

3月の仙台

今日
1日は 日の出 6時08分  日の入り 17時29分

31日 日の出 5時23分  日の入り 17時58分

春彼岸の月である今月(春分の日)
目覚めたときの外の明るさ
暮れなずむ時間の遅さが
実感できますね。

とくに日の出時間は
一日で2分も早くなる日があり
夏至へ向けてスピードアップ。

A1_2
A4_3

6日は「啓蟄」
虫たちが土の中から顔出す頃。

今月でこのブログも8年目に。

Ray Of Light

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »