« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

外はシトシト、部屋でゴソゴソ

4月30日 水曜日 

雨がやんでいる時間もあったけど
予報どおりの「雨」の一日

夜はすこし強まるかもと

曇り空
そして雨に濡れているためか
緑がずいぶん濃く見えて
季節が早送り

こんな天気なので
部屋で腰を据えての作業

DVDの制作、DVD作り
今月撮影した画像の整理やら保存やら

県森の画像だけでも1万枚近い枚数で
その中から厳選して2500枚を保存

ワンちゃん画像やバイク画像を合わせると
かるく3000枚以上・・・

DVDに保存するだけでも半日作業だった

A1
羽ばたくシロサギ

杉の木は安定感に欠けているようだ

A3

満水だった堤も
田に水を引くため一気に減水
ほんの数日で半分以下に

ゴールデンウィークの後半には
泉界隈の水田は田植えが始まります

A2

15.6℃の最高気温

明日も雨の予報だけど21℃の気温

久しぶりにしっとりした空気です

A5

はやくも
いくつかの朝顔の種から芽が出てきた

去年の朝顔の種は
花の色ごとに保管していたので
きっと同じ品種の種から芽が出ているのだろう

A4

植村直己 「北極圏1万200キロ」

植村さんの冒険は単独で
一見すると無謀のようにおもえるけど
そのじつ、じっくりとそれに向けて準備を怠らない。

そんな大冒険家でも
日本の渓流に仲間と遊びに行ったとき
イワナの腹を割きに
薄暗い夕暮れ時、ひとりで沢に下りて行ったかと
おもうと、血相をかえて戻って来たそうです

何かとおもって聞くと
「暗くて怖かったぁ」って・・・
じつは気が小さい人なのである

そういう性格だからこそ
闇雲に行動したりすることはないのだろう

犬ぞりの技術を習得するために
エスキモーの集落で一年間生活するんだから・・・

ワタシにしたらそれだけで大冒険

・・・・・・・・・・ The Fixx   Saved By Zero

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月最後の撮ってだし

桜だ新緑などと
ナンダカンダといってるうちに
今日で4月も終わってしまう

あまりにも1ヶ月が早く終わってしまうので
慌ててしまう

やり残したことはないか

やり残したことばかりだけど
だからって
この一日で片付けることはできないから
ただもう中腰でウ~と唸るくらいがオチ・・・

A1_2

5時に目覚めるようになってしまった
あまりに早いので少々ハズカシイ

昨日の天気予報では
午前中の降水確率が低かったので
降り出す前にジョギングでも
とおもっていたけど
その5時頃には雨が

落書き程度ではあったけど「絵に描いた餅」は
ほのかな願いでありました

西日本は大雨になっているようで
今日はこっち(東北)も降り続くのかな

A5

早朝の市内をカメラを持って
ウロついていたら職質された

どうやら近くで傷害事件が起きたらしい
ってことは疑われたのか、オレ・・・w

・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は
しょうぢカタナのリアタイヤの交換を

A2_2

工具の準備完了

ホイールからタイヤを外す
新品タイヤを入れる
この一連の作業は秒殺
傷つくのを恐れなければ1分で出来るとキッパリ

チェンジャーなど無用だ

そのかわり
車体にホイールを組む、チェーン調整に
たっぷり時間がかかってしまう

A3_3

交換終了
ご近所なので押して帰るの図

A4_2

苦節2年
警戒して近寄ることのなかったボーダー

いまや
駆け寄って抱きついてくるようになった

「もう、うちの子になるかあ」ってオレw

飼い主さん「・・・」

・・・・・・・・・・・ Billy Joel   Ain't No Crime

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月29日 (火)

昭和の日…だっけ?

「天皇誕生日」から名前が変わったことは
知っているけど
はて?
何の日になったんだっけな

一瞬悩む「昭和の日」

「みどりの日」と「昭和の日」の
どっちだったっけ?と・・・

まあ、どっちでもいいかw

A1
《画像クリックで拡大します》

眠くてどうしようもなくて
9時半に寝てしまった昨夜

ははっ

まったくコドモだ
自分で呆れてしまう

でも
おかげでエネルギッシュな昭和の日になった

A2

熟睡中の深夜に本日の最高気温

日中は12℃~13℃で
ちょっと風が気になる陽気でしたね

A3

セミの抜け殻を見つけた

去年の夏のものですね

セミと雷と花火はドンドン鳴いてほしい

A4
先週あたりから
俄然勢いをましてきたタンポポ

汚れのない真っ黄色に
ただれたココロが洗われるワ

・・・・・・・・・・ PATRICK SIMMONS  SO WRONG


| | コメント (0) | トラックバック (0)

山菜シーズン真っ盛り

4月29日 月曜日

今日は久しぶりに平年を下回る予報です

高い気温がつづいていたから
寒くかんじてしまうかな

A1_2

人気の高い山菜のタラの芽

県民の森のタラの芽は
ほぼ採り尽くされたようです

2番芽、3番芽も採ってしまうので
まったく成長できず
中には枯れてしまうタラの木

本来なら白い花を放射状に咲かせる木です

A6

よく目にするイタドリ

これも山菜として有名です

東北ではこれを「スカンポ」と呼ぶところが多く
親しまれています

ポキッと折って嗅ぐとスッとした柑橘系の
香りがします

A5

こちらはモミジガサ

通称「シドケ」

オヒタシなどにしますが
目隠しをして食べても
独特の味わいがあるので
すぐにこれだとわかります

・・・・・・・

県森ではゼンマイが多いですが
細すぎたり
なかには食べられないオニゼンマイも
あるので
採る人はすくないようにみえます

・・・・・・

20年ほど前の大火後に
ワラビがたくさん生えましたが
今でも多く見かけます

タラの芽についで人気の高い山菜

・・・・・・・・・・・・・・・

去年収穫した朝顔の種
A4_2

一日水に浸して土に撒こうとおもったんですが

苗床にして芽を出してからの方がいいようなので
今回は水を含んだ脱脂綿で発芽を
待つことにしました

A3_2

いま、我が家では3つ
シラネアオイの花が咲きました

花は大輪と呼べる大きさで
山の中では目立つ存在

A2_2

いちおう「晴れ」のマークも出ている仙台ですが
悪い方向へ向っているようです

明日、あさっては雨マークが


でも、天気が回復するとその後は
また好天つづきみなるみたいだ

・・・・・・・・・ Billy Joel   Innocent Man

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月28日 (月)

久しぶりの曇りがち

忙しい一日だったけど
どうして忙しいのかよくわからない

たんなる段取りのわるさが
そうさせているのだろうか

後手後手とはこのことなのだナァと
つくづくかんじる午後6時・・・

A3

この暖かさで
1週間前の様子とはガラリとかわった県森

いきいきとした緑が溢れてきました

一年のうちで
森(山)は生きていると
感じ取れるときです

A1

緑の中に山桜が
いいアクセントになってます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

森の中で携帯が鳴るのは
気分を害するけど
こればかりは仕方がないく
便利なことだとアリガタヤアリガタヤ

しかし、それが急用だとあせる
すぐには戻れないからね

・・・・・・・

今年も家庭菜園の時期がきました

今回はミニトマト、フルーツトマト
ナス、キュウリ、ピーマン、オクラの
苗を購入

夏野菜満載
楽しみだ
もちろん食べるのが・・・
管理はおふくろ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A2

森の奥にニリンソウの群落

木々のぽっかり空いたところに陽のスポットライト

どこか「もののけ姫」の世界観


今日は久々に雲の多い空模様で
その雲間から太陽がのぞき出る一日でした。

それでも気温は22℃

明日からは本格的に崩れていくそう

気温は

えっ

ジュウヨンド(14℃)・・・

A4

ココロの準備が出来ていないときにかぎって
飛ぶんだもんなあ

だからズームアップできない
だからブレる

つぎこそ

・・・・・・・・ Thompson Twins    Hold Me Now

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この潔さ、見習って

4月28日 月曜日

今日も22℃の予報になっている仙台

フェーン現象による
乾いて熱い風は今日も北日本を吹き抜ける

こんなに暖かくて大丈夫だろうか
なにが大丈夫なのかわからないけど
心配になってしまうのは
気が小さいだけだろうか

A4

昨夕は久しぶりに雲がでて
沈む夕陽に顔を染めることは出来ず

そろそろ
つづいたこの好天にもかげりがみえてきました

A5

産毛のようなものに覆われた新芽
みるからに柔らかく
ちょっと指でさわると
葉の表面とはおもえない肌触り

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 本文

韓国の船舶事故の対応の不手際から
首相が辞任しました。

失策を認めて
ただちに退く姿勢というのは
単純に潔いのではないだろうか


事が片付いてから進退について
考えると言って
有耶無耶にしようする連中とは
大きな違いだ

どこぞの国で
大震災が発生したとき
そこの首相は意固地にその地位に
しがみついたおかげで
すべてが後手後手にまわり
政府全体に不信感が湧いた
そして国民は大迷惑をこうむった
声を大にしても聞こうとさえしなかった

もうそれは滑稽であり
舞い上がってしまい墓穴を掘り進めるばかり

ついには辞めるタイミングさえも失ってみえた

まだ、みんなで選んだ首相なら
我慢のしようもあるが
党内で選んだ首相だからたちが悪い

まったく国民のほうを向いて行動して
いないんだから・・・

政治家で必要なものは引き際であると
痛切にかんじた

今回の首相辞任、見習ってほしい

立つ鳥は跡を濁さないのだ
A3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A1

今日はオフクロの付き添いで
野菜の苗を買いに行かねば

朝顔の種も撒かないと

A2
なのでバイクには乗れそうにないけど
ちょっとでも手を入れる時間があればいいな

・・・・・・・・・・ Rod Stewart   Infatuation


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

花盛り県森

4月27日 日曜日

日の出とともに活動開始

Dsc_0007

10℃を切らなかった最低気温

なんてったって午前9時で18℃に上昇
昼には夏日になるんじゃないかとあせったが
そんなことにはならなかった

これ
冗談かと思われるかもしれないが
北海道では連日25℃を越えているらしいのだ

いま、沖縄より北海道のほうが暑い

Dsc_0018

ヤマブキの黄色が早朝の林の中で光ってた

Dsc_0055

夜露をかぶって無垢な白さのユキヤナギ

 

Dsc_0142_2
《画像クリックで拡大します》

やけに豪華で絢爛なお姿
名前わからず・・・

 

Dsc_0080

ほのかに朝陽を浴びたジンチョウゲ

Dsc_0106

全体的に白さが目立ったイカリソウ

Dsc_0232

小さいながらもバラ科にふさわしい姿のモミジイチゴ

休日ということもあって
早朝にもかかわらず早朝の県森を楽しまれている
方々がおりました。

21.8℃まで上った日中
早起きして遊んだ疲れがジワジワとあぶりだされ
うとうととまどろみの午後

それはそれで至福の時間でありました。

・・・・・・・・・ CHRISTOPHER CROSS   SAILING

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビューティホーサンデー

4月27日 日曜日

本日も平年をグーンっと上回る
気温になるようです


A5_2
《画像クリックで拡大します》

緑のグラデーション
色の幅が広がってきました

A1_2
羽を広げて日射しを蓄えている

A2_3
こっちでも

A3_2
ムスカリ、紫の房

A6
コバイケイソウ  食べたら死ぬよ

A4_2
いろいろ入ってるウエストバッグはけっこう重い

・・・・・・・・・ Matthew Wilder    Break My Stride


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月26日 (土)

ああ、初夏のかほり

まずはやっぱり
気温のことから書かねばなりません

なぜなら
今日の22.6℃は
6月も後半の22日にあたる気温だから

なんてったって
朝から10℃を越えていましたからね

午前3時に
わずか0.2℃足りずに10℃を下回ったけど
一桁の気温はそのときだけ

県民の森を汗を滲ませて歩いているとき
目の前に「カキ氷」の暖簾が揺れていたら
間違いなくくぐっていたはず

A2_2
《画像クリックで拡大します》

たった一日経っただけで
緑が増えてきているのがわかります

日射しを遮るヤマモミジの新緑がありがたい

A3

県森、四季の森
その中では山桜などが
新緑の中で白い花を目立たせています

A1
「イカリソウ」

意外な場所で意外なほど多くのイカリソウが
咲いていたのでちょっとおどろき

A5

あきらかにウレシイ顔だよね

この表情で怒っているはずがない もの


今日の「晴れ」は白っぽい空でした

明日もまだ「晴れ」だそうです

「南の風」というのがええじゃないか

このブログが18時00分にアップされます
その49分後
国際宇宙ステーションISSが
西方向から東方向へ飛んでいきます

ピッカーンと明るい光りの球が
移動する様子を見ることが出来ます

A4

これから夏至に向けて
泉ヶ岳の裾野を上る夕陽

・・・・・・・・・・・・ Herb Alpert   Rotation

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パレード日和だ羽生クン

4月26日 土曜日の今日
ソチ五輪で金メダルを取った
フィギュアスケートの羽生選手の
凱旋パレードが
午後から行われるそうですね

これ以上ないってくらいのパレード日和

去年、イーグルスの優勝パレードが
行われた東2番町通と同じコース

混むんだろうなぁ・・・
もう朝から絶好のビューポイントをゲットしようと
場所取りの人が多いようです。
テレビでは昨日からって人の姿も・・・

「渋滞、行列、通勤ラッシュ」嫌いのワタシとしては
ちょっとだけ遠い泉から、パレードの成功を
お祈り申し上げることにします

A4_2

今年も、いまが旬のタラの芽をゲット

毎年採りに行く色麻(しかま)町の秘密の場所へ

全体的にはまだ少し早く
人も入ったようだけど
晩のおかずには十分な数はいただきました

昨晩は、これを天ぷらにして一品多い晩ご飯

灰汁のない山菜だけに
はじめのサクッと感と甘みがたまりませんな

万人に愛されるのも頷けます

ゆえに、この時期は
タラの芽ハンターで山里も人・人・人

A2_2

昨日にひきつづき22℃の予想気温です

最近、水鳥たちは
ワタシを見慣れてしまって
慌てて飛び立つこともなくなり
ゆったり泳いで行くだけに・・・w

A1_3
《画像クリックで拡大します》

太陽が高いところまでくると
上からと湖面からとダブルで日射しを受けるので
まんべんなく日焼けしてしまいそうなくらい
まぶしく強い日射し

湖面に映る風景がきれいな
朝のうちが文句なくイイ

A3_2

今日はゴールデンウィーク突入

連休はどこもかしこもごった返すので
毎年どこへも行かず
テレビで渋滞している観光名所や
高速道路の映像を
「うっしっしっ」と笑って見ています

必ずやることは
オフクロが楽しみにしている野菜の苗を買うことと
代々受け継がれている朝顔の種を撒くことくらい

そうそう
忘れてならないのが
連休後に行く伊豆稲取ツーリングと
バイクシーズン到来ということでの
バイクの整備は欠かしません

今年はタイヤ交換とオイル交換
冬のあいだ外しておいたETCの
取り付けくらいかな

未定ではあるけど
6月にロングツーリングに行く
かもしれないので
そのためのココロの準備だけはしておくつもり・・・

まだ決定していない目的地を
アミダクジで決めようかおもってますw

・・・・・・・・・・・ Joan Jett
         
I Hate Myself For Loving You

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月25日 (金)

朝を見上げてみた

21.8℃の最高気温
先月の22.8℃には及ばないまでも
もうまるで初夏

いやあ、暑い

頬がすこしヒリヒリする

けっこう日焼けしたかもしれない

・・・・・・・・・・・・・・・・ 本文

目覚めたばかりの森を歩きまわってみようと
早起きしてはみたものの
今日の日の出時間は4時47分(仙台)

とてもそんな時間からは無理だ

とにかく
朝の日射しが森の中にとどく前に
撮影しようと「さわらびの道」へ

A3

放射冷却で寒い朝

もう一枚着て来ればよかったと後悔

日射しの届かない森の中は
冷気が充満

でも、渓流釣りで
夜明け前から歩き出して
森の中で夜が明けていく
あのときの感覚が蘇ってくるようです

A4
《画像クリックで拡大します》

待つことしばし

木々のてっぺんから
じわりじわりと日射しが降りてくる様子を
寒さを忘れ夢中でシャッターを切る

あたりに明るみが増してくると
待ってましたとばかり
鳥達がさえずり
まるで森が目覚めたかのようです

A2

堤にも光が射すと
ゆらりゆらり、うごめく蒸気霧

すかさずカエルが鳴きだし
堤も目が覚めた

A1

高台に出て全身に太陽を浴びる

さっきまでの寒さはどこへやら

朝7時をすこし回ったところ

今日はまだ始まったばかり

クックックッ

・・・・・・・・・・・・・・ Randy Vanwarmer
            Just When I Needed You Mos

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんとかしてくれえ


今日4月24日も晴れの予報

もしかすると今年の最高気温になるかも

Dscf3591

「明日も頑張る」と沈んでいく太陽

・・・・・・・・・・・・・・ 本文

オレ、カード時代の今についていけません。
なんでもかんでもカードなんだもん

Dscf3596
本屋さんのカードだけでもこのとおり・・・

これによってポイントがたまり
のちのちそのポイントで還元できるのはイイ。
それはイイんだけど、オレ困ってる。

あまりにもカードが多すぎるから

店舗ごとにカードを提出するのが、オレ面倒くさい

まず、レジカウンターで
その店に確答するカードを探せねばならない
もうその時点で面倒。

本来ならカードなんて作りたくないけど
カードを持っていないと、店に行くたびに
カードカードカードカードカードカードカード・・・と
しゃべる自販機みたいに
いつまでもカードってうるさいから
その呪文に取り憑かれて
「はあ・・・じゃあ・・・まあ」と作ってしまうオレ

本屋のカードだけならまだしも
財布の中には
ホームセンターやら会員証やらバンクカード
クレジットカード、COOP会員カードw
火曜どんどんたまる!スタンプカードww
などなど
持って歩かねばならないカードが
盛りだくさんなんだから・・・

中には、ここでも、あそこでも使えるカード
ってのがあるんだから
本屋さんなら本屋さん
ホームセンターならホームセンターで
一枚のカードで統一できないものだろうか。
本屋協会みたいなん
きっとあるんでしょ。
全国ホームセンター連合とか
ファミレス統一協会ってのも
あるんじゃない

本屋さんによっては
もういいかげんオレの顔を覚えているはずだから
「顔パス」にしてくれない?

ときどき探すのが億劫で
「メンバーズカードはお持ちですか」
と問われて
「いいえ」って言っちゃうもんね、オレ。

なんなら
どこぞの電気屋さんみたいに
携帯をかざすだけ
ってのにしてくれないものだろうか

まあ、それにしたって
携帯をろくに持たずにうろつくので
ユニクロなんかでも携帯会員になった意味が
なかったりするオレだけど・・・
あっ、でもこないだユニクロで顔パスしたぜw

今、この世界ってのは
けっきょくのところそんなもんで
安楽なようで落とし穴が大きかったりするのね
オレ、そうおもう。

Dscf3337

これも読んだのに勘違いして買っちまった。

カードに記憶されてないのかね
購入済みの本って。
「以前にも購入されていますが」
ってひと言いってくれたら
そのカード手放さないよ、オレw

Dscf3574

いまさら読むのもなんだけど
やっぱり読んでおきたい一冊

Dscf3623

収穫の1冊

もうそこらの小説なんかよりも面白いのは
現実的に起こりうる話だから

なんなら旅に持参したいところだけど
けっこう厚い単行本なんです

ああ、早くつづきが読みたい

A2_2
《画像クリックで拡大します》

いかがですか
貴方の可愛いワンちゃんを
撮影してDVDにしませんか

・・・・・・・・ Hall & Oates    Did It In a Minute

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月24日 (木)

もちろん文句はございません

3月にも20℃を越える日はあったけど
上ったら直ぐ下がる
そのときの気温とは違って
今日の20.6℃は
午前から午後までずっと暖かく
なんだかもう初夏という言葉を口走っても
何らおかしくないような。

いや、今日はむしろ暑いとさえ感じた時間も
ありました。

部屋の窓を開け放ち
布団を干してご満悦

A1

朝はヒヨドリの鳴き声で目が覚めた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・ よっ 大統領!

オバマ大統領の指定で高級寿司店で
会食されたそうな。

お任せ3万円コースですか・・・

出来れば回転寿司あたりに
お連れしてほしかった。

これこそ日本を象徴しているような
気がするし

客のいない広い店内で
グルグル回る寿司を食べる二人を
是非見てみたかったねえw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A4

残雪残る泉ヶ岳が
快晴の空に解けこんでいました

こんな風景を見れただけでも
今日という日の大きな収穫

A5
《画像クリックで拡大します》

雑木林の向こうに仙台の街並み

個人的には県民の森らしい風景だとおもいます。

今日は、あっちこっち人・人・人

A3

半袖でもいいなぁと
おもいつつトレッキング。

A2

6歳になる女の子の柴ワンコ

なんにでも興味津々

毛並みがサラサラ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年になってはじめて
店内より外の方が暖かく体感逆転。
実際に空調温度が下がっているのだろう。

今日の天気図を見ましたか
日本列島のど真ん中に
ドーンと高気圧の中心があって
「丸高マーク」の判をついたように
なっています。
滅多にないことなので是非見てくださいw

予報は
今日よりも明日、明日よりも明後日
明後日よりも明々後日の方が暖かい予報です。

このままでいくと
来週には夏日
再来週には真夏日になっちゃうよァ 

バカだナァ

・・・・・・・・・・ Stevie Wonder
            Send one your love


| | コメント (0) | トラックバック (0)

文句ありません はい

朝っから「はあ・・・」
っとため息がでた。

あまりにもイイ天気だから。

この快晴にヒヨドリの鳴き声が
いちだんと大きい
鳥だけに舞い上がっておるのだなw



なんでも今週末は
初夏の陽気になるようですよ。
下手をするとそれ以上の7月中旬の気温に
なるとの予報が出ています。

困ったことだなぁもう・・・
と言いつつだらしなく口元が緩んでるオレ

A3_2
名前不明 あとで調べてみよ

A2_2
着水

A4_2
仙台駅前 青葉通りのケヤキも
色づいてきましたね。

そういえば昨日
オバマ大統領が来日するからだろうか
仙台でも
警察官の姿が多く見受けられ
ゴミ箱などをチェックしていました

A1_2
我が家のシラネアオイも
今日には咲くかな

A5_2
もちっと暑くなってから読もうと今は我慢

・・・・・・・・・ Elton John
I Guess That's Why they Call it the Blues

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

やる気満々降り注ぎ

朝から日射しの強さがあって
太陽にやる気をかんじました。


それが証拠に
7時を回ったときには10℃に
なっているではないですか。

A1

ユキヤナギの白い花は
山桜を背景に
まさに残雪の白さに見えました。

A2

モミジは急速に
紅い芽から緑へと変化中

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨夜は「こと座流星群」の極大夜にあたり
深夜2時ころ
「ぜったいに見る」という決意のもと
東の窓から眺め
なんとか2個の流れ星をいただき。
数は少ない流星群ですが
1等星を余裕で上回る明るい流星の多い
少数精鋭で
突発的にびっくりするくらいの流星が出現したり
するので目が離せない群です。

30分ほど眺めてナットクし
再び眠るも
やっぱりどうも寝不足気味であるのは否めず。

それでもバカは歩き回らないと気がすまない。

ワンコの散歩代行と県森トレッキング
オマケに書店をウロウロして1万7千歩。

カロリーメイトとバナナ
そして無糖コーヒーのみで
日中を過ごし
胃袋が腹を空かせて悲鳴をあげる。

A5

最高気温19.0℃

汗が溢れてくると
気温以上に暑いとかんじ
日陰がうれしい

持参したコーヒーをゴクリとひと口
「ふう…たまらん」

A3

ここのところのお気に入りの道「さわらびの道」

そこに群生しているニリンソウ

両手をめいっぱい広げて
日射しを欲しがっているように
花開いてみえました・。

A4
《画像クリックで拡大します》

森の中から見上げてみえる空。
これから緑に覆われると
その視界は遮られ
森に深みが増していきます

この数日でチョウの姿
カエルの鳴き声が目立ってきて
生き物の気配も身近になりました。

・・・・・・・・・・・・ Billy Ocean   Loverboy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月23日 撮ってだし

今日は、昨日と同じような天気みたいです。

体感的には昨日よりも暖かく感じるかも。

細々した用事をさっさと済ませ
たっぷり歩き
本を漁り
ぐふふっと含み笑い
にやけ顔を周囲に晒し
美味い豆腐を食べたら
もうシアワセ

A1_2

この若葉の透き通ったような色がいいんだなぁ

県森で物足りないのは
目を見張るような大木が少ないことと
ブナの木がないこと。
里の森だから致し方ないところです。

去年は山形の神通峡を歩きましたが
新緑を過ぎた頃だったから
今年は是非、ブナの新緑を浴びてみたい。

A2_2

調べてみると「タネツケバナ」というのかな。
細かくて小さな花が可憐だ。

A4_3

アカマツの道、さわらびの道、つつじの道は
洞ヶ沢堤でひとつにまとまります。
鶴が丘団地から県森への出入り口となるところです。

そこにある桜がちょっと遅めの満開でした。

住宅地の舗装路を50メートルほど歩いて
ふたたび県森へ。
モミジの道、木漏れ日の道、水辺の道へ至る
遊歩道です。
門扉がありますが
脇から容赦なく入りましょう。
大人の責任において。

A5_3
《画像クリックで拡大します》

今日こそは
水しぶきをあげて飛び立つダイナミックな写真を
モノにしてやる

シャッタースピード優先
コンティニュアスモード
連写
曇天なので感度を1600

いざっ ・・・・・・・・・・・・・・

って、飛ばないのかよ・・・ww

悠々、泳いで行っちゃった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

手違いで2冊持っている新品本を売りに行く。

単行本も含み10冊ほど

帯び付きで1ページもめくっていない本も。

しめて1500円

単行本1冊の値段にしかならない

悲しいよ

A6
これも夏になったら読もうとおもっている1冊

・・・・・・・・・・ Big Yellow Taxi    Joni Mitchell

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

いつかは起こると・・・

18.4℃
予想した気温の差でいうと
ワタシの勝ち
(前回のブログ参照)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おもったほどの好天にはならず
いつ見てもどこで見ても
見上げる空には雲が多く
その隙間をぬって日射しが照る一日でした。

雨上がりの今日なので
気分はすこぶる前向きなのです。

A1
まるで桜が咲いているように見える新緑。

秋の紅葉は
最後の力を振り絞るように
カッと燃えるように紅くなるけど
春の芽は
ゆっくりと目覚め
グウッと背伸びをして生気を取り戻し
じわじわと萌えていきます。

A4_2
葉桜になってきました。

ワタシにとって桜はひとつの基準で
桜が葉桜になると
いよいよ本格的に森が緑になっていくスタート。

A2

いつかはこんな事が起きてしまうだろうとは
おもっていました。

そしてその日が今日
とうとうやってきてしまいました。


淡い色づきを見せている森の遊歩道を
気分よく歩いていたときのことです

くねくねの遊歩道「みつまたの道」を
写真を撮りつつてくてくと。

ひとつのカーブを曲がったとき

なんと
5メートル前方でオッサンがしゃがんでおりました。

オシリをおもいっきりこちらに向けて・・・

その姿、あまりにも無防備
熊との接近遭遇するよりも
オレ、驚いたとおもいます。

ハッと立ち止まり
瞬間的に、見てはいけないものを
見てしまっている
咄嗟に見なかったことにしよう
ぜったいに戻ったほうがいいなと
あとずさろうとしたとき
そのオッサン、気配に気づいたのか
おもむろに振り返って
オレとバチッと目が合ってしまった。

街を歩いてたって
ここまで目と目が合うことなんてないのに。

こうなるともう
戻るわけにも行かなくなってしまった。



なんで道端で「大」やってんだ、まったく・・・
犬猫だって
もっと遠慮してやるってば。

整理現象なのだから仕方がない
窮地に追いかまれたら我慢など
出来ないからね

しかし、せめて林の中に入ってしろって


バツの悪そうにズボンを上げているオッサンの横を
そそくさと通過。
おもわず「すみませんね」とオレ

ん?
なんでオレが謝るなんだ。
逆だろう


ああ、今晩は夢の中に
オッサンの妙に白いオシリが出てきそうだあw

A3

オシリのことは忘れよう

ジロボウエンゴサクの薄紫で目を洗う…ワスレヨウ

A5

撮影募集中
遠方の方も、まずはお問い合わせを。

・・・・・・・・・・ IT´S TOO LATE   Carole King

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月22日の撮ってだし

昨日の11時の予報では19℃だったのに
17時の予報になると18℃に下降修正された
最高気温。

やっぱり19℃になるんじゃないの

さあどうなる

データに基づいた気象台が当るか
根拠もヘッタクレもないオレが当るか

A2_2

ニリンソウ真っ盛り

A5_2

雨が上ったら
やっぱり注意報が出るんだろうか

乾燥している今
県森上空は頻繁に防火パトロールのヘリ。

A4_2
A3_2

ジョギングだったりウォーキングだったり。


今日はどっちにしよっかな

A1_2

雨上がり
今日はさらに萌えそう

・・・・・・・・・・・・・ Howard Jones   New Song

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

たまにはいいね、慈雨の月曜日

・・・・・・・・・ まず
ここのところ我が携帯が
電話もメールもなく妙に大人しいな
っとおもったら
どうもなんだ設定がおかしくなっていました。

電話、メールを寄こした記憶のある方は
「バカめ」と文句がてら再度連絡を下さい

電話の向こうでぺこぺこ頭を下げつつ
対応します

・・・・・・・・・・ では本題

昼には本降りの雨になりました。

まあ、いい雨ではないだろうか。
ここのところ雨らしい雨もなかったし
カラカラに乾燥していたし。

本降りといっても
じゃんじゃん容赦なく降っている
というほどではありません。

こんな天気だから気温もさほど
上っていないようだけども

寒いか
と言われればそれほどでもなし

じゃあ暖かいのか
と言われても
暖かいってことはないよなぁ
と悩んでしまう。

じゃあどっちなんだよ
はっきりしろっ

強引に詰め寄られても
とっても困る陽気なのです。

A5

距離にして100メートル

杉林のてっぺんにシロサギ

県森ではもっとも大きい鳥になるだろうか。

飛んで行ってしまうまえに撮らねば。
フルズーミングの時間ももどかしい・・・

A2

見頃を過ぎたミツマタの花
「みつまたの道」には
まさにこのミツマタがいっぱいです

A3

意外なところにシュンラン発見。
注意して見るとあっちにもこっちにも。

A4
ヤマツヅジ咲く

ツヅジが咲き出すと春も終盤

A1

日射しがないと風景がやさしい
「影が薄い」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日には天気は回復して
ひさびさに気温が上りそう。
すでに南よりの風になっている午後17時の仙台。

これから梅雨に入る6月までが
好天多く湿度控えめな快適生活が
約束された時期ですね

・・・・・・・・・・・・・・ Sting  When We Dance

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月も後半戦

4月21日 月曜日

残すところ4月も10日あまり。
もう今週末はゴールデンウィークが
スタートします。

今年は日並びがよろしくないようで
連休はとびとび。
というか、去年までの連休が
あまりにも長すぎていたような・・・

A3_2

A2_3

我が住宅地の桜

近所の方々を主に
おもいおもいに桜を楽しまれていました。

A4_2

赤、青(緑)、黄

信号色のツバキが目を惹きました。

A1_2

今日の天気は久しぶりに雨の予報が出ていますが
気温は上るようです

A5_2

もうすこし暑い時期になったら読もうとおもったけど
我慢なりませんでした

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この時期になるとYMO
Nice Age

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

悔しい一枚に地団駄

ヒーターを入れた朝でしたが
やはり日中も気温は上らず
ほぼ予報どおりの10.9℃。
3月下旬の気温でした。

どうも早朝は雲に覆われて
「晴れるのかなぁ」と
半信半疑でいると
瞬く間に青空が広がってくるここ数日。

でも今日の空は高層にうすーい雲が
全体を覆っていて青白い空
午後になると雲らしい雲が広がってきて
天気は着実に崩れる方向に
向っているようです。

A4

A3

つるりとした木肌が
日射しに当るとじつに滑らかに見えました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カモでも何でもいいから
水鳥の飛ぶ姿を狙おうと
望遠を持ち出しました

前もって露出の設定も済ませ
そろそろと堤に近づいていくのですが
いつも数羽は確実に居るのに
今日に限って見当たらない。

「あれぇ お留守かなあ」
っと構えていたカメラを胸元まで下ろした途端に
バシャバシャッといきなり・・・
「しまった!」

 

A2_2
《画像クリックで拡大します》

慌てて構え直し
ファインダーを覗く暇もなく
適当にシャッターを切るも
とき既に遅し&あとの祭り・・・
2羽のうちの1羽が写っていたけど
尻切れトンボ

また次回チャレンジ

A1

気を取り直して水辺の道へ

広々とした林の中を独り占め

持参したコーヒーをずずっと啜り「はあ」とため息。


A5
《画像クリックで拡大します》
ワンちゃんのDVD撮影
いつでも募集中

DON HENLEY [Eagles]
THE HEART OF THE MATTER

| | コメント (0) | トラックバック (0)

穀雨、 春折々(コメント)

今日も気温は低いようだけど
「晴れ」のひと言

仙台北部、泉の桜の見頃も
今日が最後になるのかな。
明日、明後日は雨だから・・・

農家のかたにとっては
まさに穀雨ということなのでしょうか

A2_2

せっかくの「晴れ」なんだから満喫しなくちゃ

A1_2
《画像クリックで拡大します》

今日は久々に一眼レフを持って散策しよ

A3_2

そろそろバイクのメンテと
ツーリングの準備もぼちぼち

A4_3

今日はどんなワンコに会えるだろ

A5_2

下手な怪談よりも
よほどこの「船の話」の方が怖いです

・・・・・・・・・・・・・・・・ コメント

《ぷりん》さん

>アオダイショウ!!!キモチワルイです~
   できれば遭遇したくないですね…
     毒はないけど、ダッシュで逃げちゃいます

>>ワタシもヘビだけはNG
   去年はシマヘビを数回見かけた程度
   だったのに・・・

 ・・・・・・・Hall & Oates  At Tension

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月19日 (土)

里山に萌え

3月中旬の気温という予報にビビッて
全身冬物で武装しウォーキング。

実際に今日の気温は9.9℃で
予報どおりになったけど
体感的には暖かさがあって
パーカーを脱いでしまうほど。

太陽は3月のときよりも
はるかに力強く暖かいのでした。

A4_2
《画像クリックで拡大します》

山がメラメラと輝き出してます。

A2

向こうまで見渡せた雑木林
場所によって新緑に覆われてきたところも。

A3
《画像クリックで拡大します》

常緑樹の濃緑を背景に
桜の桃色と新緑の黄緑が
浮かび上がって見えます。

平面的に見えた風景が
奥行きを感じる彩りになってきました。

A1

沢水の輝きに
目を細めずにはファインダーをのぞいては
いられません。

A5

ピンシャー 16歳 

とっても長寿

近づくと興奮しているのか
体をふるわせていました。

眼球がだいぶ白く
年齢的に白内障は致し方ないところですが
歩く姿は毅然として
年齢を感じさせません。
飼い主さんからお許しをもらって
喉元グリグリ

I still haven't found what I'm looking for - U2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

廃道ぞ・・・

4月19日 土曜日 

霜注意報の出ている仙台
10℃の予想気温です。
寒いです。

1ヶ月前であれば
10℃で十分だったんだけどね

・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日の
A3_2

後姿はクマかと一瞬あせったけど・・・

A1_3

カモシカでした。

カモシカといったって実物はデッカイ。

小さい角でも鋭くて
向って来たらひとたまりもないのだろうな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぷりんちゃんのSさんとAちゃんへ

A2_2

デッカイアオダイショウが居ましたよ~

泳いでましたよ~

1メートルは越えておりますよ~

でも毒はないから怖がらないで~

っにしても キモイ~~

A4

桜はそろそろ散り出すかな。

寒いと花は長持ちするというけど
花見客は風邪をひいてしまいそうだね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

知らない道
走ったことのない道を見つけると
走らないわけにはいきません。

どこに通じているのかワクワクします。

そして使われなくなった道も
その後、が気になってしまうのです。

あそこはどうなっているんだろうってね

A9

大和町、七ッ森のひとつ「笹倉山」の旧道です。

新しい道路が通ってからは廃道同然。
最後にここを走ったのは
6年くらい前になるだろうか。
そのときも既に土砂崩れや
伸び放題の草木が占拠し
アスファルトの切れ目からも
強引に草が生え
オフロードバイクでも行く手を阻まれました。

現在は柵で入ることも出来ないように
なっていますが
取り残され、朽ちていく様子を見るのは
寂しさを感じてしまいます。

ここを走っていたときの記憶も
草木に覆い尽くされていくにしたがい
忘れ去ってしまうようで・・・

09090606
09年9月 笹倉山旧道

A5_2

「へんないきもの」 早川いくを 著

本屋でチラ見したとき
想像の生物かとおもうほど
ヘンテコなものが描かれていましたが
その中のいくつかは知っているものがあったので
これはすべて実在する生き物かとウッヒャア

トイレで読んでいる1冊

カマドウマが可愛く見えるwww

・・・・・・・・・・ Chris Rea   Loving You Again

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

まさに花冷えの金曜日

桜が咲く頃の冷え込みのことを
「花冷え」なんて言ったりしますが
まさに今日はそんな陽気で
触れる風が冷たいです。

肝心の空模様も
これまた花の字のつく「花曇り」

ワンちゃんの撮影画像の編集が
山盛りなので
こんな陽気でありがたい

A3

天気よりも気になるのが
自衛隊の演習。

朝からドドーンと引っ切り無し。

中には座っているイスを通して
お尻に振動が伝わってくるほどの重低音が
ドドーン ドドーンと。

でも、この演習は
春を感じるもものひとつで
毎年この時期に聞こえてくるドドーンは
ワタシにとって「季語」みたいなものです。

上空を飛んで行くセスナの「ブゥァーン」という
エンジン音も
昔から春っぽいなぁと感じます

A1_2

ハナヅオウの紅いツボミ

枝に等間隔についたツボミは
遠くからは
もう咲いているように見えています

朝鮮産のハナヅオウの紅は
けっこうドギツイ見た目

A2
《画像クリックで拡大します》

もう半月もすると田植えが始まります。
田に水を引くためダムは満水。

その田は耕運機が耕作中
冬眠していた田畑が賑やかに。

A5

週末はどうやら「花冷え」になると。

A6

これから読むのが楽しみだ
「サードマン・奇跡の生還へ導く人」

・・・・・・・・・・・・・・ Wait for me   Hall and Oate



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワラビが出たよ

4月18日 金曜日

A1_2
ところによってはカタクリも終わりに近づいて
きましたが
まだまだ勢いよく咲いてるところもあります。

A3_2
めらめらと萌えあがってます

A4_2

去年から、この斜面のワラビは早くに芽が
出るとわかっていたから
今年は待ち構えていました。

小さいながらもぽつりぽつりと
顔を出し始めていた蕨(わらび)。

A2_2
(画像クリックで拡大します)

唐突に飛ばれるとビックリする

飛ぶ鳥
あとを濁した

A6_2

やっと菜の花
カメラを持って近づくと
ミツバチが迷惑そうにブンブン言った

The Fixx    One Thing Leads To Another

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月17日 (木)

サクラ三昧

人出でごった返す
というほどではないにしても
花見見物の人々
路上駐車で走りづらくなる前
静かなうちに「県民の森」の桜を堪能。

って、いつものウォーキングとかわりはないけど。

A1
新緑と真っ白い花が印象的な
これは「オオシマザクラ」だろうか


A6
(画像クリックで拡大します)

A5

射す光に照らされて輝いていました。

A2

雑木林の中で山桜か
杉林を背景に。

A4

やはり満開のソメイヨシノというのは
手放しで見事ですね。

仙台市北部は今が満開で
そろそろ散り始めるようです。

・・・・・・・・・・・ Cyndi Lauper    True Colors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月17日 画像乱れ打ち

部屋の中が25℃を越えて暑いから
窓を開けて新鮮な空気に入れ替えるんですが
昨日は風が強くて締めきったままでいたら
こもった暖かさにアタマがボーッとして
知らぬ間に
机の上で突っ伏して寝てしまいました。

もうまるでバカ学生状態・・・

目が覚めたとき
目の前には
陰険な目つきの先生でなくパソコンだった。

8時間も寝たうえに昼寝とは
いい歳こいてハズカシイ

A2_2

目覚めたら夕日

夏至に向って急ぎ足の太陽。
ここまでくると
あんまり急がなくてもいいんだけど

A5_2

今日はたっぷり歩くつもり


A1_2

こちらはたっぷり泳ぐつもり

A3_2

2台ともタイヤがスリップサイン

そろそろタイヤ交換するつもり・・・

A4_2

バイクもB+COMも快調そのもの
また走るつもり
ではなく走るだろう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は観測以来5位となる低湿度
11%の仙台でした。

真夏でもこれだけ低ければ
蒸し暑いこもなく快適なんだけどねえ
って低過ぎかw

でもせめて50%くらいだといいんだけどね

仙台の夏は湿度100%も珍しいことでは
ありませんから

去年は一度、この満点湿度の日がありました。

・・・・・・ The Romantics  Talking In Your Sleep



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月16日 (水)

暖かいが冷たい どっちだ

夜に降った雨は草木にとっては
まさに恵みのお湿り

今日は19.5℃
5月も半ばの気温になりました。

たしかに暖かいけど
強めに吹いている北西の風が冷たくて
「暖」VS「冷」は引き分け
両天秤にかけても平行線というところです。

A1

上空を抜けていく風
細かく振れるイチゲの花

A3

こんな看板に何の意味がある

っと鼻で笑っていたけど
このところ街路樹が突然折れて大怪我をする事故が
起きているので
どうも笑ってばかりはいられず
ちらっと見上げてみたりして。

「枝」という文字から「細い」というイメージが
ワタシにはあるから
それは払拭しなければならないみたいだ。

A2

フリーペーパーで情報収集

A5

シラネアオイの芽が出た>待ってました


A4
「あ~ぁ・・・一張羅なのに」

今日はオフクロを連れて桜見物と
プランター用の花を買いに連れていく。
点数稼ぎというやつと思われてもけっこうだ。
だってそうだもんw

あとは昨日のワンちゃん撮影のDVD制作で
パソコンにへばりつく

天気はいいので
部屋でマウスを握っているというのは
あまりにも酷なことだけど
そんな身には
今日の強風だけはありがたいような・・・

・・・・・・ Howard Jones    No One Is To Blame

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月16日 画像乱れ打ち(コメント)

おとといは午前3時に目が覚め
さすがにこんな時間からうろつくと
徘徊老人扱いされてしまうから
また眠くなるまで
本を読んでいるとまたたくまに夜が明けて
とうとう眠ることは叶わず
けっきょく一日寝不足状態。
撮影であっちこっち移動しては
ワンコを追いかけたり追われたりして
もうへとへと。

なにも食べていなかったから
晩飯のとき、箸を持つのがしんどかった・・・

なので
昨夜は起きていることに耐えられず
10時に落ちるように眠りにつき
今朝起きたときのは6時を過ぎ
たっぷり8時間睡眠

首から肩にかけて憑依していた重しが
すっかり取れたように軽くって
久しぶりの爽快感
おもわず窓を開けて「ファイトー いっぱぁーつ!」
っと叫んでご近所をビビらせる(嘘)

 

さあ、4月もまん中、後半へ。

A1_2

今日も平年以上の予想気温

植物は日々変化


A4_2

イチゲの花がせせらぎとともに。

A2_2

高台の牧草地もぼちぼち新芽が。

A3_2

将監団地もパークタウンも山の寺も
今日が満開ときっぱり断言。

A5

全力で走られると
ダックスでも追いかけるのは必死

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ コメント

《しょうぢ》さん

>ねー。今年お初でしたねww

>>目と鼻の先、いや右目と左目の先 
   くらい近いのに

Naked Eyes
Always Something There To Remind Me
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月15日 (火)

どこもかしこも春まる出し

ちょっと寒いなぁ

朝起きたときの一声でした。

でも、見るからに
今日は暖かくしてやるで
そんなやる気を感じる頼もしい太陽

満月に負けてらんねって・・・

A1

住宅街の桜は
辛抱たまらず祝・満開

がしかし
山沿いの桜はまだまだこれから

見ごろはおろか
まだ咲いてないんだな

A4

18.7℃の仙台

20%切る湿度はカラッカラで
この気温でも乾いた暑さをかんじます。

汗をかいてもスーッとひいていく

A3
はふう 
うつらうつらと
ぽかぽか陽気に意識が遠のく

A2
(画像クリックで拡大します)

こちらは徹底的に全力

ボールが生き甲斐

・・・・・・・・・・・・・・・ The Cars    You Might Think


| | コメント (0) | トラックバック (0)

それぞれに活きております

4月15日 火曜日

今日は18℃の予報です
「晴れ、南よりの風」
南より
というのがええじゃないかw
「北より」とか「右より」なんかよりも
よっぽどええじゃないか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


生き物の気配濃厚

暖かいとはこういうことなのだなんだなぁ

A2_3
ご近所お父さん ワンコを飼う

まあやんちゃなことといったら・・・

オレの足にもしがみ付いてくるんだから。

ちっちゃい命 炸裂

A1_2
仲むつまじいキンクロハジロ

いっつも
なにがなんでも寄り添ってる

A4_2

眠いったらありゃしない

車を停めて見ていたら
眠い目こすって
「なぁ~にぃ~」と寄って来た
完璧な飼い猫クン

A3_2

もう付いて来ないでくれないかしら

そんな様子で振り返るカモシカでした。

A6

似てる・・・

明らかに一族

・・・・・・・・・・・・・・・ コメント

《4番きよはら》さんより

土曜日幕張の試合
もう点数入りすぎてワケワカラン
御推察どうり呑んだくれてました。
ジョーンズの後のユーキリスって打線は恐いよなぁ。

>>
大量得点とはいえ
7失点してますからねえ・・・
打線はなっとくも投手陣が心配のタネ
やはり松井クンに頑張ってもらわんとなあ

・・・・・・・・・・・・ Come Dancing    The Kinks

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

おっと、カモシカ

霜が降りた朝で
夜露で濡れた屋根が真っ白になってました。
でも、気温は太陽が昇るのと比例して
順調に上がり16.0℃
平年より2℃ちかく高めの気温になりました。

気になるほどの風もなく
穏やかで歩いているだけで汗ばんできます。

A3
県民の森のソメイヨシノは
開花したばかり。

泉区界隈の桜は
いきなりの満開
そんな表現がおかしくないほどに満開になりました

A2_2
(画像クリックで拡大します)

県森、中央記念館前から「カラマツの道」に。

A1

カラマツ林を抜けると明るく開け開放感に溢れます

下方に見えるのは鶴が丘の住宅街

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はワンちゃんの撮影の予定でしたが
明日にキャンセルになり
時間が空いたので「森」ではなくて
「山」へ行って来ました。

さほど奥ということはありませんが
林道の行き止まりで車を降りて
道の無い雑木林の中をウロウロと。

何度も来たことがあるところなので
迷ってしまうことはないけど
念のため「冒険」はしないよう
わかっている範囲内で
山菜のタラの木の様子や風景をカメラに
納めていました。

カサッ

小さい仔細な物音でしたが
反射的にそっちの方に目をやると
そこにはカモシカが

A4

距離にして20メートルほどか

見つけたとき
屈んで草を食み
大きなお尻しか目に入らず

「クマか」

一瞬あせりました。

むこうもこちらの気配に気づいたか
頭をこちらに向けてご対面
「なんだぁカモシカかあ」

これ以上近づかないようにしてカシャッ

A5

しばしのニラメッコ状態。

このあと、どう出るか、緊張する時間です

しかし
この距離なら問題なしと判断したのか
それとも「お前なんか怖くないもんね」
とバカにしたのか
何事もなかったように
また新芽を食み出しました。
よほどお腹が空いているのかね。

雪が積もっていると
2本爪が特徴的なカモシカの足跡を
よく見かけている場所ですが
実際にここで見るのは初めてのことでした。

・・・・・・・・・ Naked Eyes   Promises Promises

| | コメント (0) | トラックバック (0)

画像乱れ打ち

昨日は思い起こしてみても
雲を見た記憶がありません。

これぞ「快晴」という天気だったのですね

そして
日が暮れると5℃にまで下がり寒い夜。

月明りがいっそう冷たさを際立たせている
ようでした。
ピンと張りつめた空気感は
春の夜空には似合いません。

A3_2

もう帽子をかぶらないと・・・
日射しは目に見えて力強くなってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ノビル」を見つけた
A1_2

これはもしやと引っこ抜いてみたら
ノビルでした。
ノビルやアサツキは
なんでもない土手にいっぱい生えていたりして
驚かされることがあります。

ウヒャヒャと夢中で一束ほどをいただき。

っまチビタマネギみたいなもんですね

ちょびっと味噌をつけてパクッ
 

ご馳走さまです

A2_2

この子は6歳

太い脚が堂々とした風格を醸し出しています。
じつにご主人に従順

ご主人いのち

グリグリしたかったけど
ガブガブされそうなのでここは我慢

・・・・・・・・・・・・・・・・

HN、4番清原さんより
A5_2

もう出来上がっているご様子w

土曜のロッテ、楽天戦>マリンスタジアム

楽天、打って打って打ちまくったときだから
ロッテファンとしては呑むっきゃないすよねえ

ロッテのユニフォームの中に「東北魂」

泣かせます

オレはロッテのガムを噛みながら
楽天を応援します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日曜午後
久しぶりのしょうぢカタナと
A4_2

B+COMで近況報告しつつ南川ダムまで
ひとっ走り

もしかして
今年、しょうぢさんと会うこと自体がお初か・・・

伊豆稲取まで1ヶ月を切りました

・・・・・・・・・・・・・・ Stevie Wonder    Sir Duke

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

ああ…ニッポンの春

4月13日 日曜日

「あっ晴れ!」

昨日までのワガママ放題の強風ではなくて
あくまでも良識をわきまえた風に
ナットクです。

気象台発表の「今日の数値」では
意外なことに
最高気温は13.3℃

県森をうろついているときは
もしかしたら20℃近くまで上って
いるのかも
なんておもってました。

この陽気に
誘われて、っというより
慌てて
春の扉を全開にしたような
それほどに生き活きとした森の様子。
昨日よりも今日
朝よりも昼
芽ぶきの勢いが加速していました。

A2

例年、この時期になると
県森の高森山を中心に一方通行になります(週末)

この陽気に誘われて
車で訪れる人で賑わっていました。

四季の森も
今シーズン最高の人出ではなかったでしょうか。

A1

シュンランが咲いていました。

たぶんこれはシュンランと
目をつけていたものです。
よかった正解してw

A4

この道は木々の背が高く
適度に間引かれて広々とし
明るく開放感があります。
それにくわえてサラサラと小川のBGM
文句はなにもございません

ここに住宅地から歩いて来れる人がうらやましい

A3

慌てる素振りも見せず
おだやかにツツーっとカモ

A5

本日ようやっとタイヤ交換をば。

スタッドレスからふつうタイヤへ。

・・・・・・・・・・・ Stevie Wonder    Master Blaster

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月13日 撮って出し


今日、日曜日も晴れて16℃になるって。

風は
どうだろうかねえ

A2_2

見晴らし台を下ったところにある「まんさく堤」

そこにある東屋は芝の生えるちょっとした広場で
全体が傾斜していて
そこに寝転ぶのが気持ちイイのです。

いつぞやは
ここでゴロゴロと日射しを浴びていたら
眠ってしまったことがあります。
うつらうつらではなくてズブッと
眠ってしまったのですが
それほどに気持ちのイイところなんです。

A3_2

堤は風がよく通るから
湖面は波立ち
少女マンガのキラキラ目のように
光り輝いてます

ちなみにオレはリボン派でした。
しかも月刊w

A5_2

群生している様子もいいけど

ポツンと咲いているのもいいもんです。


A4_2

カタクリとキクザキイチゲ

さて、どっちが先に咲くのでしょうかね

今日、行って確認してきます。

A1_2

春の定番、スイセン

そろそろチューリップが咲き出しますね
パッカンと。

県森に、バイク乗りからは
通称「なべ底カーブ」と呼ばれている辺りに
大きなコブシの木が数本あり
白い花が満開になると
目を見張るほどに見事な様です。

今年もそのコブシの見ごろが迫ってきました。

・・・・・・・・ Naked Eyes   When the Lights Go Out


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

風を縫いつつ

じわじわと風の強さが増してきて
日中は強風に吹き荒らされてしまう。
とってもいい「今」だから
この連日の強風というのは惜しくて悔しい

例年よりも強風の日が多いように
かんじる。
ただ、ゴールデンウィーク頃までは
吹き荒れる日があるのは確かで
フェーン現象を引き起こす風の影響で
異常高温、異常低湿度となり
林野火災を引き起こすこともあるので
まったく油断なりません。

A4

県民の森の桜は
やっと咲き始めたところですが
この桜だけはひと足早く満開に。

道路沿いのチビ桜は開花が早いです。
県森全体としては
来週の中頃が見ごろになりそう

A3

湖面に映る彩りも多彩になってきました。

あと1ヵ月もすると一面が緑一色に染るのでしょうね

A2

春の森では雰囲気を壊しかねない
ヒヨドリの悲鳴にも似た鳴き声 。

ヤマガラやシジュウカラが
その鳴き声に驚いてピタッと鳴きやむ

A1
(画像クリックで拡大します)

「もみじの道」を歩くと
その名のとおりヤマモミジが多く
モミジ独特の赤い新芽に覆われてます。

道の両脇にカタクリとショウジョウバカマが
上手い具合に棲み分けていて
右に左に目をやりつつ歩くのが楽し忙し

今日、新たにカタクリの群生地を見つけました。
そこはもうまるでカタクリの絨毯。

これから咲き出すようなので
この先、目が離せない場所になりました。

A5

「あやしい探検隊 済州島乱入」

無事に買えましたw

・・・・・・・・・・ A Flock Of Seagulls   Wishing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニュアル操作なんだナァ

今日は土曜日
風がおさまるといいんだけどな。

仙台市内は桜が満開になったそうです。
仙台北部の我が泉区から富谷町は
まだ満開とはいかず
ようやく咲き出したかな
っといったところが多いようです。

なるべくドンちゃん騒ぎの花見には
近寄らないようにして
あちこち歩き回りたいとおもいます

A2_2

今日、明日と天気はいいようです

A3_2

この木が緑に覆われたら

恰好の日傘になりそう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先月から県森に一眼レフを持ち
歩くことが増えました。

そしてほぼすべてをマニュアル操作で撮影してます
場合によっては
露出設定だけではなく
ピント合わせも手動です。

マニュアル操作が当たり前のカメラ世代
 すべてを自分を信じて撮るマニュアルは
技術的に本当に上達するし
カメラは露出がすべてと断言できます。
その楽しい部分をすべて
カメラ任せなんてモッタイナイ。

デジタル用レンズで手動ピント合わせは
非常にやりづらくて
敢えてマニュアルレンズを使ったりしています。

A1_3
(画像クリックで拡大します)

こういうアングルもマニュアルならでは。

AFだと木々や枝にピントを合わせてしまいますから

木々の中に居る鳥も
マニュアルでないと撮れないことがおおいです。

森の中を撮る際も
どの位置(距離)にピントを合わせるか
被写界深度の幅
それらを変更し、写り具合を確認します。

絞りやシャッタースピードの設定も
逆に言うと
デジタルカメラだからこそ楽しかったりします。
それに今のカメラは高度な露出計が
内臓されているようなものだから
測光方法の選択も幾通り。
露出計を首からぶら下げていた頃が
遠い昔のことのようです。

そしてデジタルの最大の利点である
SDカードの容量が許すかぎり撮れて
フィルムのように無駄使いすることがない。
撮ったその場で画像を確認できて
オーバー、アンダーの具合を確認できるから
自分好みの露出を探せますね。

露出補正も感度も自由自在なんて
30年前からすると夢のようです。
1枚1枚感度を変更できることは
フィルムではあり得ないこと。

1ヶ月の撮影枚数を
フィルム代に換算すると
らくに5万円は越えているはず。
それに現像プリント代も入れたら
スゴイことになるなw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A4_2
青森県 大間崎 津軽海峡に浮かぶ弁天島の
弁天灯台。

その向こうには北の大地、函館の姿が。

ここに発電所を作ろうとしている。
もちろん原子力。
どんなに抵抗したって国は作るんだろう。

途中で計画を白紙にする勇気は
この国の政治家にはない。
おそらく土建屋に暗殺されるのが怖いんだろう。
マジでね。

やっぱり八ッ場ダムの工事が始まったし・・・

A5_2

向田邦子さんのドラマを再放送してほしい。

昼にでもやったら
下手はバラエティーよりも視聴率良かったりして。

なんせ高齢化社会の国なんだから

 いいとも終了を後悔しても
後の祭りのフジテレビ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・ David Bowie   Let's Dance

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

オッチョコチョイにもほどがある

重くて、強引で、しぶとくて
ハンドルを握る手にチカラをいれていないと
反対車線に持っていかれてしまう強風。
側面の面積が大きい車には
乗りたくない日です。

瞬間最大風速は24メートルっていうから
けっこうな風です。

明るい日射しが降り注いでいるのに
この風と12.3℃どまりの最高気温で
勿体無いよなぁ
ため息が出る金曜日


4時ころに目が覚めて
空を見上げてみたら
さそり座がベストポジション。

そこには真夏の夜空が広がっておりました。
月明かりに邪魔をされなければ
カメラを持ち出して撮影するところでした。

しかしそこで目を輝かさせてしまうと
完全に眠れなくなってしまうことを恐れて
ふたたび布団に潜りこみ
強引に眠りについて二度寝。

気温が低かったからか
布団のヌクヌクが眠りを誘ってくれた。

A1
(サンシュユの黄色い花)

あーしよう
こーしよう というおもいを
すべて剥ぎ取る強風で
本日の第一行動目標としていた「タイヤ交換」も
気分がまったくのらずに中止
あしたあした

A3

太陽の高さだけは気持ちのよりどころ

冬は部屋の奥にまで射し込んでいた日射しは
窓際まで。
それでも存在感は十分。
風のない平和は部屋の中は
暖かい日射しの恩恵をいっぱいに受けてぽかぽか。

やっぱりお家が最高だア
っと、→にゴロゴロ ←にゴロゴロ
お尻をポリポリ、鼻をホジホジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A4

けっして「おれたちを笑うな!」上・下では
ありません。

またやっちまいました。
とっくに読んでいたのに・・・

これ単行本ですよ タンコーボン

文庫本だったら
「ははっオレってダメだにゃあ」などと
アタマをポリポリかきながら
だらしなく笑っていられるけど
単行本となると話は違う
真剣に怒りが込み上げてくる。
オレの目の前にレンガがうず高く積まれていたら
ギォエエエエッと叫びつつ
バカアタマで叩き割っている

今回はうっかりミスはミスでも
書棚に並んであった「おやしい探検隊済州島乱入」
と取り間違えてしまったという考えられない凡ミス

しかも読み始めてから「アレレ?こっ・ こ・れ・は・・・」

ハア・・・もうオレときたら・・・

また蔦屋へ行こ

「こんなおれを笑うな」

A5

「太平洋の生還者」上前淳一郎 著

この本とは出合えてまことにうれしい

「真珠湾収容所の捕虜たち」という
捕虜を収容していた(米国)側から
捕虜の姿を書いた本と
捕虜となった側から書いた本です。

「真珠湾の・・・」はついこの間
読み終えたばかりでした。

パラパラと捲ると
その中に覚えのある捕虜達のあだ名が目に止まり
これは同じ収容所の捕虜たちの話だ
ということがわかり
誰にも横取りされないうちに即買い。
こちらは古本で105円だったのがありがたい。

発行年月日でいうと
「太平洋の・・・」から読むのが本来の順番かも
しれないけど
小説でも続編でもない別物の本なので
それはどうでもいいこと。

アメリカ人ケーリ氏の捕虜への熱い想い
日本人捕虜たちの苦悩など
柵の中での双方の立場で読めるというのは
本の醍醐味かもしれません。

片方を読みつつ
もう片方の本で内容を再確認する面白さ。

・・・・・・・・・・ Maurice White   Stand By Me

ご存知EW&Fのボーカル、モーリスホワイトが唄う
ベン・E・キングの名曲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清く正しくだなっしー

最低、最高、ともに平年よりも若干
低めの予想気温になってます。

今日も風が幅を利かせるのだろうか

A1_2
お尻をヒョコヒョコ振って追いかける姿は
愛嬌たっぷりなっしなw

A4_3
こちらは、尻尾をピクンピクンと力を入れて
鳴いているウグイス。

A3_4
(画像クリックで拡大します)

やる気の感じられないカラスたち

A2_3
(画像クリックで拡大します)

レンズに応えてくれるヤマガラ

いつもありがとなっしー

A6

近ごろ、睡魔に襲われて
たちまち眠りについてしまうかとおもえば
早朝に強引に起き出したりするので
調子が乱れてます
体自身が困っているのがわかります

体内時計がグズってる。

体と生活のバランスが崩れているときって
ろくなことがなく
日頃、走ったり歩いたり
体にイイことしてるなオレは
なんて勘違い
それは毒にもなったりするから要注意だぞ
っと自分に言い聞かせてみる

もうすこしキチンと生活のリズムというものを
正さねばいけないな
鼻水ぶしゃーっ


A7

ウォーキングのときは
わざと大股で歩いてます。

スローランニングよりも
このほうが疲れるかも

本日「梨語」を使ってみたくってw

・・・・・・・・・・・・・ Aerosmith   Walk This Way

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

チリも積もって寝不足に

青空と雲との境目が曖昧な空模様

肝心の青空も
真っ青ではなくてシアン50%に白50%を
混ぜたような水色の空
雲は白っぽいから
全体的に晴れているような
はたまた雲っているような
どっちつかず・・・

でも、日射しがないんだから
曇っているという判断が○だ。

てっきり午前中は晴れて
午後から雨なんかが降ってくるのではないか
そういう天気予報だったので
すっかりそれを鵜呑みにしていた木曜日です。

A3_2
(画像クリックで拡大します)

天気予報を信じて
午前中に行動を集約。

たしかに風が吹いて雲は厚みを増したけど
そのあとは強風だけを残して
晴れ上がり眩しい日射しが降り注ぐ。

A2

昨日まで20℃の予報だったのに
ヒヨった気象台は19℃に訂正

っがしかし
当初の予報どおりぴったり20℃になる。

信念を貫きとおしてほしい

A1

どうも寝不足気味で文章にトゲがあるんだな

でもこんなときだってあるのさ
と自分自身で介護・・・じゃなかった擁護

A4_2

今日は1万歩
1時間半のウォーキング

7時半には帰宅

この時間
いつもだとゼッタイに誰もいないようなところに
しかも女性が居るのでちょっとあせった県森でした。

A5


・・・・・・・・ Carl Anderson  Pieces of a Heart

C027

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五分咲き仙台 

4月10日 木曜日

今月も3分の1が終了

さあ桜はいつ満開になるのかな。

A5_2

小さい花だけど存在感のあるタチツボスミレ

A1_2

A3_2

横から射し込んでくる朝日は
見慣れない影を作り出していて
日中とはまったく雰囲気が違い
同じところとは思えないくらいです。

A2_2

「四季の森」の東側は杉林が多いです。

A4_2

つぶらな瞳のヤマガラ

負けず劣らず鳴き声も愛らしいです

・・・・・・・・・・ JT Taylor    Master of the game

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

昨日よりも今日よりも

風は吹いても昨日までの強風はなく
南風の柔らかい風でした。

気温としては昨日の方が高かったのに
だんぜん今日の方が暖かく感じられました。
>15.6℃

何もしないと決めたのに
けっきょくポスティングに精を出す。
気が小さいというか
貧乏性というか・・・

でも早い時間に切り上げて
暖かさを満喫。

A4

住宅街の道端、庭先、そして県森でも
スイセンが咲いています。
もちろん県森のスイセンも植えたものです。

どこのスイセンも非常によく目立ってますね

桜も咲きだしてきたようです。
もっとも開花の早い桜には
カメラを向ける人たちが入れ替わり立ち代り。

明日の天気は崩れていくみたいだけど
気温は昨日よりも今日よりも
上るみたいです。

いいぞいいぞと手放しで喜んでしまいます

A3

風がないので湖面は凪り
あたりの風景を映し出す鏡に。

そうしたら
カモが2羽、パシャっと飛び立ち
何重もの波紋が広がった。
去年の秋から、この「まんさく堤」で
鳥の姿を見ていなかったので
カモ以上にこっちが驚いてしまった。

A2

はるか頭上の看板

相当古いものなのでしょう。

貼り付けたときは
人の目線くらいの位置だったのでしょう
年月の経過とともに木が成長して
上へ上へと。

看板の内容は「たばこポイ捨て禁止」

ボンカレーやキンチョウの宣伝ではありませんw


今日は鳥の鳴き声が森の中で充満していました。
とくにウグイス、ヤマガラ、シジュウカラが目立ち
ときおり森の奥の方から
キジの声も聞こえていました。

A1
見上げてばかりいると
また転んで怪我をしてしまいそうなので
足元にも気配りを怠らず。

頬の傷もあそこの傷もようやく癒えて
悲鳴を上げなくてもお風呂に浸かれます。
ご心配お掛けしたね・・・

A5

戦争体験者は、あの時のことを語ろうとせずに
この世を去ってしまうことが多いようです。
だからこういう体験談はとても貴重なものだと
おもうのです。

・・・・・・・・・ Walking On The Moon    The Police

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コガモもコドモもガアガアガア

昨日はいろいろありまして
なんだか疲れてしまいました。
最後の締めくくりとして
夜にもポスティングを。

チャリでウロウロしていたら
パトロール中のお巡りさんに職務質問されて
しまった。
久しぶりだったナァ、この緊張感。
べつに何にも悪いこはしてないけど
ここでいきなり走って逃げたら
住宅地でひと騒動起きるんだろう
などと妄想しつつ
突如「うおーっ」と叫びつつ
逃走してみたくなった。

この腹の出っ張ったお巡りさんなら
逃げ切る自信があったけど
そんなことをして何の得があるのか
っともうひとりの冷静なオレが制止して
思いとどまりました

っということで
本日はDMの増刷のみで
何もしないことで決まり。

A1_2

明日は風のない穏やかな日になればと昨日の夕日

A2_2
若葉がステンドグラスのようでした

葉は表側だけでなく
裏側に真実が隠されているようです

透ける様子は表と裏とでは違うんですな

A5_2
あれ? 増えた??? >キンクロハジロたち

A4_2

人間が近寄ったり、気配を感じると
まだ遠い距離であっても逃げていきます。

だからいっつも後姿ばかりなり・・・

たまには「あらあ、久しぶりねえ」
と近寄って来てほしいものだ

A3_2

最後まで頑張って居座っていたコガモ

茶髪でブルーのアイシャドウが派手だ。
舞台栄えする女優さんのメイクみたい

堤の水鳥がグアグア「気をつけろ」と鳴きだす。

もういい加減
ワタシの顔は覚えてほしい

林の中ではウグイスが
原っぱではヒバリが
さっさと飛んで行く・・・

住宅地の方からは
子供たちの賑やかな声が。
今日は入学式かな。

利府高校の前を通ったら
真新しい制服を着た生徒と父兄が
ぞろぞろと正門へ入って行くところだった。

午後から入学式なんだな
っと変なところに関心する

・・・・・・・・・・・ Elton John    I'm still standing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

たっぷり走って五体大満足

日中になると風が出るのが
どうも面白くありません。

女性の髪がふわりと揺れて
甘い香りが鼻腔をくすぐる
っていうのなら
男としてなんの文句もないけれど
残り少ない大事な髪を抜け散らかすような
強風は誰がなんといおうが
ダメだろう
(幸いワタシの頭髪はまだ大丈夫だけどね)

 

せっかくの17.6℃という
ゴールデンウィーク頃の気温が
この風で台無し。


A2
我が家のスイセンが咲く

A1
我が家のモクレンも咲く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨でも降り出しそうだった天気は
8時頃には
何事もなく晴れた。

今日はゆっくり歩いている時間がないので
サッサと走る

A3

県民の森のカタクリはこれからが見頃です。

知っているかぎり
県森の四季の森の中で
カタクリが群生しているのは5箇所ほど

周囲の景観を含めて
見応えのあるのは「水辺の道」がいちばんかと。

密集度からいうと「つづじの道」かな。

A4

「梅林」は大きな樹はありませんが
数が多いです。

ベンチに腰掛けて梅の花見を満喫している方々。

あの
情緒の欠片もない
ブルーシートを敷いてドンちゃん騒ぎしている
外国人に見せたくない「日本の姿ワースト3」
というような花見ではなくて
お弁当を広げて和やかに楽しまれている様子は
それを含めて「これぞ日本の春」というような
優しい風景で「正調、ザ・日本的ココロ」だなあ

豆助も納得だべw

っと、そんな中をタッタッタッと1万歩

たっぷり汗をかくも
湿度17%の空気では
「カラリッ」と音をたてて乾いてくw

A5

ちょっとタイトルと内容は異なりますが
アイヌの生き様といいましょうか
「私にとって熊は師匠」と言う筆者、姉崎氏の
狩猟を通して
山での技術、アイヌの生活ぶりがうかがえます

・・・・・・・・・・・ King of Pain    The Police

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よりどりムラサキ

4月8日 火曜日

「ぷりん祭り」

「プリン食べ放題」
「ぷりん体で関節が痛む」とか
そういうことではありません。

ぷりんちゃんのことです

A5

Sさん家のプリンちゃん6歳
ちと人見知り
でも元気いっぱい

A3_2
ひゃひゃ・・・気持ちいい

A4_2
大好きなAちゃんを追いかける。
中学入学オメデトオ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は紫色の花をカメラにおさめました。
「よりどりみどり」ならぬ
「よりどりムラサキ」

A6

道端でよく見かけるオドリコソウ


Dsc_0130

こちらはホトケノザ
どことなくオドリコソウと似てなくもなないです。

A2_2

キクザキイチゲ

白い花のイチゲの方が割合としては多いと
おもいますが
土地によっては逆の場合もあるかも。

このあたりで紫(青)色は珍しいです

A1_2

タチツボスミレも咲いてました。

枯葉の中で薄紫が目立ってました。

・・・・・・・・・・・・・ Sting    Desert Rose

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

強風の下は温もりの空間

穏やかな一日になるといいナ
なんてトンでもない。

瞬間的には20メートルを越える風が
吹き荒れた一日でした。

ただ、強風で体感気温が下がる
という寒さはなくて
日射しの温もりは感じることが出来ました。

その温もりが
仙台の桜の開花を早めたようで
予想よりも3日ほど前倒して
ソメイヨシノの標本木が開花したそうです。

メデタシメデタシ

A3

今にも咲き出しそうな県民の森にある桜。
しっかりと色づいて
ピンクのツボミがはち切れそう。

風に翻弄されて木々が揺さぶられ悲鳴を
上げます。

杉林の中に入ると
ギギィーギギギーッと唸ってる。
荒波に揉まれて歪む木造船の
軋む音みたいです。
けっして耳障りなことはなく
嫌いな音ではありません。

A2

「つつじの道」の杉林
この斜面を一気に下ると「さわらびの道」に出ます。

真っ直ぐ伸びる木々の隙間を突いて
射し込んでくる光りは
それだけでそそられてカシャッと

A1

県民の森、四季の森の中で
もっとも高台になる「芝生広場」

眺めがいいだけに吹きさらし

たまらず強風の届かない窪地へ逃げる。
 車のサンルーフを解放しているのに
車内は吹き込まずヒーターの温かさに包まれている
まさにそんな感じのところです。

っとそこに

A4
(画像クリックで拡大します)

ああっ 久しぶりい プリン!

相変わらずの人見知りっぷりが
いかにもプリンちゃんだナァ

尻込みしている様子がなんとも憎めない
カワイイところ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の仙台は強風と
20%の湿度でカラッカラ状態。
指パッチンでも着火しそうw

火の用心です

・・・・・・・・・・・ Sting   Shape of My Heart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月7日 穏やかな日になりますよーに

季節はずれの寒気も
どうやら抜けていくようです。
仙台も平年を上回る陽気になるみたい。

A3_2

陽が射しだすと
やおら起き上がってパッカンと咲くカタクリです

だから早朝よりも日中の方が
たくさん咲いています。

A1_2

木曜にはなかったツクシが
日曜にはニョッキリと

A4_2

いよいよタラの芽が。

早いところでは今週にも旬を迎えそう

A2_2

遠くから眺めると
水彩絵の具の赤を滲ませたように見える紅梅

カラフルになってきました県民の森

P4060007
風が止み、静まり返った昨夕
今日は穏やかな陽気になる予感


この時期になると稀に
「黄道光」と呼ばれる夕焼けとは違う
太陽が沈んだあと、宇宙空間のホコリ「塵」に
よって起こる太陽の散乱光を
見ることができます。

極端に言うなら
夕焼けは大気中の光りですが
黄道光は宇宙で発生する光りです。
220pxezlfaulkes
(画像、ウィキペディアより)

・・・・・・・ THE POLICE   SYNCHRONICITY II

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

梅の花が咲いてます

昼に近づくにつれ風の強さが増してきました。
朝のうちは穏やかで
体感は気温以上に暖かかったです。

それだけに午後の風は余計だった

A2

県森の貴重なミズバショウですが
大きさは他所とひけをとりません。

荒沢湿原のものと比べると
数倍大きく見応えがあります

A5

数で勝負の荒沢
県森は少数精鋭と言ったところ。

A4

夏、秋は葦が風に揺れ
多くのトンボの憩いの地

・・・・・・・・・・・・・・・・・

梅が咲き出しました

A3
紅梅は5分咲き

A1
ブンゴウメは咲き出したばかり

ともに今週中に満開になりそう

日に日に春の気配が濃厚になってくる県民の森

明日から暖かさが戻ってくるようです。
桜の開花は目前

・・・・・・・・ Sting   Englishman In New York

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月5日の撮ってだし

今日も10℃だ寒そうだ

A1_2
根っこがクンズホグレツ妖しかった

A4_3
菌はしっかり生きている

A3_2
本日の紅一点 女性でなくて御免

A2_2
県森は保安林です。税金です。行かなきゃ損。

A5_3
春の小川をひと跨ぎ

STING     IF I EVER LOSE MY FAITH IN YOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

寒さの中に春を見る

4月5日 土曜日

日射しの降り注ぐ青空なのに
奥羽の山々だけが雲の中

強風の中には雪が。

「寒い」という表現より
「冷たい」という方が正しいかな
今日の天気は。

A4_2
(画像クリックで拡大します)
わかりますか? ポツポッと雪の粒が。

富谷方面を走行中、短い時間ではあったけど
ぶわっと横殴りの雪に遭遇。

そんなお寒い土曜日でしたが
確実に春は進行中。

県民の森にある桜の開花、一番乗り
A1
これはヒガンザクラなのかな

青い空に薄桃色の花が実にいい

A5

日当たり良好の南面のカタクリが
つぎつぎに咲き出しています。
踏みつけないよう注意しつつ
階段を上ります。

強風で震えるカタクリが何とも健気。

A3

コツコツと幹を突っつくコゲラ2羽

ザワザワと風に翻弄される林の中で
唯一耳に入ってくる生き物の気配です

A2
ジロボウエンゴグサ

完全に花開くまであとすこし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

U-17女子サッカー決勝
スペインに2-0で優勝。
まあ勝って当たり前
他を寄せつけないほどの強さでした。
今大会23得点、失点1は
ただただ立派のひと言ですね

そしてマー君初登板
先頭打者ホームランを打たれたときは
やばいんでないかい
と気を揉だけども
4回あたりから本来の調子を取り戻し
安心して観ていられました。
緊張もしていたんだろうが
マウンドの高さに戸惑っていたように
かんじられました。

ひとつ苦言を呈すならば
マー君にかぎらずメジャーでも日本でも
裾ズリズリのユニフォームは
個人的には好きになれないんだよなぁ。

ダボダボで見ためからカッコよく見えないのは
ワタシだけだろうか。

ゆえにイチローのスタイルが
実に正統的で清々しく好感が持てる

1403200005

・・・・・・・・・・・ The Police   Synchronicity 1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一歩後退、春足ぶみ


今日の予想気温は10℃
平年よりも3度ほど低い気温で
とどまるそうです。

山々を覆う冬独特の帯状の雲
そこから吹いてくる冷たい風

天気そのものはそれほど悪くないが・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

カタクリはどのくらい咲いたかな
梅も咲いたかな

A4_2

今日、明日にでも咲きそうな桜
暖かければな・・・

A1_2

今日は熱いコーヒーをボトルに詰めて
県森トッレキング


A2_2

若芽も今日は停滞か


A3_2

山では雪が降るとか
普通タイヤの交換はもう少し待ってみるかな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は朝から目が離せないものがふたつ

ひとつ) 女子サッカーU17決勝
ふたつ) マー君 メジャー初登板

女子サッカーが強い、強すぎる。
スペインを粉砕してくれるだろう

そしてマー君
もちろん見たいのは
バッタバッタと三振に切って取る雄姿

・・・・・・・・ POLICE  De Do Do Do, De Da Da Da

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 4日 (金)

青空もどる金曜日

思いのほか早く止んだ雨

雲間から青空がのぞき
わずかな日射しも。

雨の中、ポスティングをして
ちょっと損をした気分になる。

A4

雨に濡れたモクレン
間もなく花開く

A1

ツバキも濡れて艶やか


今日は無理かとおもったジョギングを午後に

A6

風が吹き出してきたけど
15.1℃の気温は生温さを感じるほど。

雨上がり、視界は鮮明で
一点の濁りもない眺め

A3

天気が回復し、待ってましたとばかりに鳴き出す


A2

雨宿りから開放される

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関東地方では天気が急変して
雷、竜巻に注意とか。

明日からの週末は晴れるものの
気温は低い予報になっている仙台

せっかくの週末なのに・・・

・・・・・・・・・・・ Chris Rea  Looking for a Rainbow

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本の薬局はこちら

4月4日

朝陽を浴びることは
スリムな体調管理に重要である
という実験結果が出たと
ニュースで見ました。

太陽に何かそういう重大な
エネルギーが隠されているのかもしれない

単に、早朝のウォーキングやジョギングを
する人は早起きだから
かもしれないね

健康に気を使って
朝も早よから体を動かしているわけ

朝陽を浴びるというのは
体内時計をリセットする作用が
あるのかもしれませんね。
それはワタシ自身でもかんじるところです。

だって
夜明けとともに寝ていた頃より
今の方が断然健康的だから。

不健康な人が早起きというのは聞いたことがない

健康な人が昼まで寝ているというのも
聞いたことがないし

A3_2

昨日は快晴の朝陽をたっぷり浴びた。
それだけのことだけど
気持ちがいいことは確かだ

A1_2
「キブシ」の黄色が鈴なりに
近づいて耳を澄ますと
シャラシャラ聞こえる。

やっぱり雨の朝です
でも暖かい朝です。
こんな暖かい朝は今年最高
夜から11℃以上あるんですから。
でも、この天気が回復すると
一時的に寒気が入って
週末は寒くなるみたいです。

A2_2

飛行機雲一線
定規でトレースしたように真っ直ぐ

耳を澄ますと
ツツーッて聞こえてきた

A4_2
笹山久三 「四万十川」

夜、眠る前が至福の読書時間。
学生のときは地獄の時間だったがなぁ・・・
この世から国語の授業が消えて無くなれば
いいのにと本気でおもった。
(体育と図工と給食以外は
すべて無くなればいいんだけどね)

授業中、立って朗読させられるのが嫌いで
なるたけ先生と目が合わないように俯いていたが
そこは先生の方が一枚も二枚もうわ手で
前の生徒から順番に読ませたりするんだよな。

めでたく「はい○○クン、ここ読んで」
と半自動的に当てられてしまう。

文中で「多恵子さん」というカギカッコの文章を
感情を込めて読んだら
それがあまりにも感情移入しすぎてしまい
爆笑の渦になったことを
今でも思い起こすと恥ずかしくなるのです。

話しをもどし
夜、許すかぎり読んでいたいのに
活字が睡眠薬代わりとなって
直ぐに眠くなってしまうのです。

それはもう効きすぎるのです。
もう幼児の風邪薬状態
大の大人が困ったもんです。

そこでふと思いついたこと

病院で不眠症の患者さんに対して
これを読めば眠れる本を処方して
会計のとき、薬のかわりに本を出す
というのはどうだろう。
「睡眠薬を3錠飲んでもまったく眠くならくて
もう丸3日も寝てません先生たすけて」

目の充血と喉の奥を覗き込み
「ふむふむなるほど」とつぶやきつつ
それではと先生が診断書に
スラスラスラリと誰も読めないような
ミミズが這ったドイツ語を書き込むのですね
つまり診断書に「村上春樹、ノルウェーの森」
とか「椎名誠、ひるめしのもんだい」などと
書き込んでいるわけ。

そんな病院があったら是非行ってみたいなぁ
ワタシの場合は
眠くならずに夢中で読める本を
処方してもらうの。

けっして「人妻・多恵子の不倫」みたいな
フランス書院はダメねw

ほんとうに眠れなくなっちまうじゃん


 Beatles  Norwegian Wood(ノルウェーの森)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

暁を覚えzzz・・・


ポスティングが終わったら
っと思っていたけど
天気がいいうちに
という焦りにも似た気持ちから
まずは県森へ。

終わってみれば
天気は昼過ぎまでよろしくて
予想を上回る20℃にまで気温が
上りました。

昨日たっぷり走ったせいか
軟弱な我が右膝に違和感があったので
無理せずにウォーキング。
サポーターを巻いて万全にしたおかげで
何事もなく
ちょっとばかり甘やかせすぎかナァと
思ってみたりして・・・

A5
(画像クリックで拡大します)

「木漏れ日の道」という遊歩道を歩いてみました。

しばしつづく杉林から
青空が広がる雑木林になります。
いい気持ちです。

A4

木漏れ日の道の終点には堤

もう目の前に住宅地が迫っていますが
それに触れぬように
堤を巻いて再び森の中へ

A3

芽生えてきました。

これから山全体が萌えてきます

A1

堆肥化センター内の満開になっている梅

入り口の扉が開いていたので
「入ってよし」ということなのか
都合の良いほうに受け止めそうなったけど
勝手に入って面倒なことになるのが嫌なので
フェンス越しに一枚

何本もある梅ノ木が見事です

A2

20℃の昼
散歩からの帰宅途中のトラくん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

15時 重そうな雲に覆われ
すこし風も出たようです。

間もなくすると
窓ガラスが雨粒に濡れていました。

まだ本格的な雨ではないようですが
時間の問題でしょう。

ウォーキングから戻ったとき
車内はムッとする空気が充満していました。
ドアを開けてその空気を逃がしてから
疲れた体をシートに預けると
急速に眠気が襲ってきて
目をつぶったら
たちまち眠りについてしまいました。

独特の車外を隔絶する密閉感

瞼に太陽の熱を感じる快感

眠ったのはほんの10分くらいか。
同じ敷地に止まっていた車の音で
我に返りましたが
もうずっと眠ってもいいや
なかば投げやりな気分にすらなるほど
春の陽気にやられてしまいました

・・・・・・・・・・・・・ Linda Ronstadt   Blue Bayou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人騒がせな津波

今日は一日曇り空
夜には雨になるそうです
っが。晴れてますね朝の今は・・・

気温の予想は16℃と
またまた暖かい陽気

チリで発生した地震による津波が
日本の太平洋沿岸に到達するらしく
早朝からなにかと物騒なことになってます。

大きい波は来ないようですが
1メートル程度でも漁業の被害が大きくなるのは
過去の津波でイヤというほど味わってきているので
関係者にとっては気を揉んでいることだろう。

A5_3

おととい、きのうと
ため息が出る見事な夕日でした

沈んでいく太陽は泉ヶ岳の頂を目指してます。
我が家から見ると
太陽が泉ヶ岳のてっぺんで沈むときが
ちょうど夏至にあたります。

A4_2

その太陽の角度が高くなって
影の長さが短くなりました。
そのかわりに黒々としてきた

A1_2

見た目からするとクレソンかな。

サラダや付け合せとしてだけでなく
案外天ぷらにするとこれが実に美味い。

県北部の鬼首を流れる荒雄川で
本流の大型ヤマメを狙ってはからぶり
そのかわりにと
新鮮なクレソンをごっそりと土産に・・・

A2_4

このワンちゃんと知り合ったとき
ワタシに対して警戒心アリアリで
ぜったいに近寄ることはありませんでした。
でも、今では顔を見ると駆け寄って来てくれます。

ワタシから駆けて寄って行くと
全力で逃げていくげど・・・
でもそれは楽しんでいる様子に見えるのは
都合が良すぎるっすかね

A3_2

 

全裸で走るにはまだまだ気温が上らないと
風邪をひいてしまうけど
一枚少なめ、もしくは薄手の上着で
走れるようになりました。
この日、中は長袖のシャツだけでした

身軽に乗れることだけでもウレシイ

1ヵ月後には伊豆・稲取ツーリング。
信じられんくらい暖っけえんだよ、あっちは。
全裸で走ったってツラクねえもんw



・・・・・・・・・・・・・ T.Rex    Telegram Sam

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

ぐるり一周タッタッタッと

本日も15℃を越えました。

うれしいのは
午前9時には10℃を越えてくれるので
暖かい時間がずっと続いてくれることですね。

冬の時期のように
上ったら直ぐに急降下するのとは
わけが違うんですナァ・・・春って。

今日は趣向をかえて
南川ダムまで行って早朝ジョギングを。

同じようにジョギングの人
自転車の人
バイクの人
なんだかわからない人
みなさん様々に周回しておられました。

A5

道端に紫や黄のクロッカス

フキノトウ、ツクシ、オオイヌノフグリを
眺めつつタッタッタッ
単調な走りを飽きさせません。

ウグイスやヒバリの鳴き声
走り去るハーレーのビッグツインが鼓膜を
くすぐって行きます。

A4

カッコイイ自転車グループのひとりひとりから
挨拶をされる。
その中に女性のかたがいて
「がんばってくださーい」って。
気分が悪いわけがない。

南川ダムを一周すると
ジョギングの場合1万歩ちょっと。
だいたい7キロくらいかな。

直線が多かったりして
見通しがいいのは
ふだん森の中のアップダウン
右に左にうねうねと
ブラインドカーブばかりの稜線を走っている身には
けっこう精神的な辛さがありますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バカはこれだけでは満足しないのだ

やっぱり県森へ
目をつけていた花の様子が気になって・・・

A3

「水辺の道」のカタクリも咲き出してきました。

やっぱり咲いたか、っとニンマリ

日射しに透けた薄紫の花びらが光ってる。

土の匂いが ぷん と
冬って匂いまでもが
眠ってしまうものなのだな

A1

県森の中で真っ先に咲き出し
満開になる桜です。

まだ大きい桜ではないですが
それでもこの道路が出来たころに植えたものだから
20年は経っているかな。

駐車場と車道端にある桜だから
満開になると
通りすがりの車はみんな止まって
眺めたりカメラを構えたりしてます

A2_2
(画像クリックで拡大します)

名前不明 調べてもわからず
誰か教えて

富谷、石積の、県民の森入り口と
石積埋立て施設の間にある「堆肥化センター」
の敷地内にある梅が満開で
いまがまさに見ごろになってます。
関係者以外は入れないのかなぁ
 間近でみたい

・・・・・・・・・・・・ Lionel Richie    All night long

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月2日の撮ってだし

今朝は放射冷却でブルッとくる寒さ。
でもこれくらいが平年並み

今日も天気は上々の予報のようですが
「春に三日の晴れなし」
明日からは崩れてくるらしい

A4_2

ハクモクレンのツボミが膨らんできました。

我が家のモクレンは他所と比べると
いつもちょっとだけ開花がズレていて
良く言えば遅くまで白い花を楽しめます。

県南部の白石では桜が咲き出したそうです。
ソメイヨシノではないにしても
桜の便りが間近に迫り
いよいよだな
そんな気分にさせてくれます

A7
ツノハシバミ

枝に垂れ下がっているときはまだしも

もうしばらくすると地面に落ちて散乱します。
その様子がイモムシの大群のようで
一瞬怯んでしまうのでした。

A6_2

ヤマガラ物色中

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ BOOKS

BOOK OFFにて

書棚の下には引き出しがあり
その中には古本のストックが納まっていて
棚に空きが出来ると
そこから取り出して補充していくようです。

先日
店員さんが引き出しを開けているとき
ちょうどそこに読みたいと思っていた文庫本を
偶然見つけてしまいました。
それは目と目が合った
まさにそんなかんじ

咄嗟に
指差しつつ「その本を・・・その本を・・・」
っと呪文のように唱えたら
「はい、どうぞ」と手渡してくれた。

その本がこれ
A3_2

江戸時代、大黒屋光太夫らが乗る千石船が漂流
たどり着いた地が極寒のシベリア
そこから10年という長い年月を経て
日本に帰り着くドキュメント

吉村昭の「大黒屋光太夫 上・下」
も読んでいたし

椎名 誠 「シベリア追跡」は
光太夫が辿った4万キロの道のりを
作家みずからが辿る
テレビドキュメンタリーのエッセイ本

それらを読んでいて
是非「おろしや国酔夢譚」も読まねばと
思っていた矢先のことでした。

こうやってひとつのことを読み漁っていくと
次第にアタマに蓄積されてくるので
さらに面白味が増して
もう一度読んでみようという気にもなってきて
一粒で二度も三度も美味しくなってきます

A5

著者、木村晋介さんは弁護士で
ワンドショーのコメンテーターとして
テレビにも出演していたことがありました。

じつはこの人
椎名誠首謀、怪しい探検隊の
「東日本何でもけとばす会」略して「東ケト会」
初期メンバーであり
さらには、学生時代に椎名誠、沢野ひとしらと
3人で共同生活を送っていた人物。
八丈島の知名度を上げたのは氏と言ってもよく
オウム事件でも活躍されました。
スーツ姿でキャンプに参加し
焚き火を囲んで即効音頭を歌い上げる
天才バカ弁護士だって・・・

A2_2

タイトルだけで買ってしまいましたが
面白そう。

これは今読まずに
夏が近づいたら読むことにします
我慢できればですけど・・・

 

・・・・・・・・・ 矢野顕子    春咲小紅
009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

カタクリ開花の反り返り

まったく文句のつけようのない
快晴の4月1日エイプリルフール

でも、ウソではありません。

A2

白く光るジャンボ・・・じゃなかった
ジャンボは現役引退したんだね

短い飛行機雲は湿度が低い証拠

A1

キンクロハジロの親子

姿が見えなかったので
もうどこかへ飛んで行ってしまったのかな
っと思った矢先
足下の藪から慌てて逃げてった>すまん

この堤の近くで群生しているカタクリが
咲き出していました。

A4

日当たりの良い斜面
ポツポツと紫色の花びらを
精一杯反り返らせておりました。

A6

太陽の光りを浴びると
ツボミが開き出し
そして完全オールバック状態に。

これがカタクリの最大の特徴ですね

片栗粉は、この「カタクリ」から由来し
おひたしなど山菜として親しまれています

今週末か来週は
カタクリの群落が紫色の花で染まりそうです

それともうひとつ期待していた梅林は
まだ開花ならず。

利府へ抜ける宮城スタジアム下
沢乙温泉周辺の民家で咲いている梅は
もう満開なのに・・・
県森の梅林は「ぶんごうめ」という種類らしく
これは開花が遅いものなのかな

A3

峠の茶屋ならぬ「峠の茶ベンチ」
とワタシだけそう呼んでますw

雑木林の向こうに泉ヶ岳の姿が
望めるところです。
具体的に言うと
松稜と鶴が丘の境目あたりです


ベンチの横には、ご丁寧に灰皿付き

この辺りの遊歩道は
作られたのが古く
禁煙がさけばれるずっと以前に設置された
ものだとおもわれ
各ベンチの横に必ず灰皿があります

喫煙していたときであれば
休憩と称して1箱は吸っていただろうなぁ

きっと休憩している時間の方が
長かったはずだ


・・・・・・・・・・・・・ David Benoit   Linus And Lucy

「25th ハッピーアニバーサリー」
チャーリブラウンのために大御所らが
オリジナル曲を提供した
お気に入りの一枚です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見上げた先の春の空

4月1日 火曜日 

新年度の始まりです

一年のうちの4分の1
四季のひとつが終わったことになります

A2_2
(巨人がのっしのっしと歩いてる)

仙台、今日 1日の
日の出は 5時22分
日の入りは 、あと1分で18時に突入の
17時59分です

A4_2
(われ先に、太陽に向って手を伸ばしてる)

4月5日は「清明」
芽が出た植物が形になってくる頃です。

4月20日は「穀雨」
穀物にとっての恵みの雨。
仙台ではそろそろ桜の見ごろが終わり
葉桜になりだす頃でしょうか

A1_2
(巨大ロボットが現れたみたい)

春の星座が昇ってきました。
北斗七星からうしかい座のアークトゥルス
おとめ座スピカを結ぶ「春の大曲線」が
今年はいつもとは違う眺めになっています。

控えめな1等星スピカに迫る火星が
赤々と輝きを増しています。
今月、火星は地球に最接近します
大接近ではないものの
寂しさのある春の南天では
十分な存在感があります。

火星を追いかけているのか
それともサソリに急きたてられてか
火星の後を土星が急ぎ足。

是非、眠る前に南の空を観望してみてください。

A3_2
(俺に近づくと怪我をするぜ の木)



A5

椎名誠さんは作家としても
写真家としても憧れです



めずらしく今どきの曲
たまには・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »