« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月23日 (月)

帰宅困難者…一泊w

加茂水族館のクラゲを見て満足し
致道博物館で修学旅行気分をあじわい
そして鶴岡公園で呆然とする

A3
坊主頭のユニフォーム姿の高校生だろうか
ランニングをしつつ通りすがりに
「チワッす」と挨拶された。

唐突なことに驚いたが
「うっ・・・うっす」と何とか返す

懐かしい気分になった
ガンバレ野球少年。

A2
家族連れや犬の散歩、ジョギングを
している人たちを眺めては時間を潰す

もう16時を過ぎていたが
高速に乗れば19時頃には帰れるかなと
ぼんやり考えてはいても
ヒンヤリとしたベンチ
缶コーヒーの冷たさからか
すぐさま行動にうつすことができず
「あ~ もうこのままどっかに泊まっちゃおうかぁ」

・・・・・・・・・・・・・・・・

そして

A1

翌日もイイ天気だった

9時半帰宅www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6月23日 今日の仙台

暑いな
そうおもえる気温になりました>28.6℃

朝から太陽が照りつける

A5

砂粒のひとつひとつがはっきりと
見てとれるような透明感がありました

遠くの山並みの稜線も硬い鉛筆で
線を引いたような眺め

A4

このきっぱりとした眺め
見習ってほしい。

言い訳はいいから
さっさと辞めなさい>鈴木議員

・・・・・・・・・ Jackson Browne   Hold Out

 

クラゲのお次は・・・

水族館の目の前にある標高60メートルの灯台に上り
日本海を望む

A1_2
向こうに湯の浜温泉街が見えた

ベンチに腰掛けて
「ふう・・・泊まってどっぷり温泉にでも
浸かりてえよなぁ」

クラゲを見て目的を達成すると
途端に腰が重くなった

ベビーカーを押した若い夫婦が
タオルケットを落としたことに気づかず
「落としましたよ」と手渡すと
おもいのほか丁寧にお礼を返されて
オレはそんなにスゴイことをしたのかと
勘違いしそうになった

A3_2

ふらふらと漂うような足取りでバイクまで戻る

よっこらしょ
チャップスと革ジャンを纏う
北海道ではそれにレインウエアを重ねるので
出発するにも時間のかかる作業だったけど
晴れている今回は
それがないだけでも負担が少なくて
身軽な気分だった

さてと
帰るにしても
まだ少し時間がある

鶴岡と言っておもいつくのは「致道博物館」
このあたりは公園もあるので
時間つぶしには打ってつけ

それではと
ナビにてご案内
加茂水族館からものの10分程度

A2_2
修学旅行以来になる「致道博物館」

A5_2
この釣竿を見て記憶が蘇る

たしかに見た覚えがあるのだ

A4_2
(画像クリックで拡大します)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は27℃になる予報

昨日がしっとり肌寒い陽気だったから
気温以上に暑く感じられるかも

天気も上々らしい

Z1

・・・・・・・・・ Bobby Caldwell    One Love

 

2014年6月22日 (日)

クラゲの加茂水族館

まったく知らなかったけど
今月(6月)加茂水族館は
新館が完成してリニューアルしたばかり
だったんですね

さすがに人気の水族館だけあって
団体さんも多く訪れているようです
バイクはワタシ以外に
宮城ナンバーのビッグスクーターが一台

A3

ネオンサインみたいにピカピカ光ってた

A2

ひと口にクラゲといっても
いろんな奴が居るんですな

A1
巨大円形水槽は
何も考えずにしばし眺めていられる癒し空間

A4
これまでどおりクラゲ以外の魚貝も

混んでるので自分のリズムで見ていくのが
むづかしい
アシカショーが始まると
お客さんはそちらに流れていったので
その隙に空いた空間を独り占め

A6

こういうところに来たら
何か記念になるものを買わねばならぬ

趣味と実益を兼ねて「ブックマーク」をひとつ


・・・・・・・・・・・・・・・・ 6月22日 今日の仙台

休日なので少し遅めに歩こうとおもった矢先
予想外に早めに雨が降ってきて
予定がすべて流され去る・・・

23.3℃の最高気温
半袖でもいいんだけど
長さ袖を着て過ごしました

A5
今年も朝顔のスダレ

はやくも蔓が巻きついてきた

自分で作ったところに
ちゃんと従ってくれると
生き物としてのうれしさがこみ上げてくる

・・・・・・・・Howard Jones    No One Is To Blame

 

まだまだクラゲは出てこない

鶴岡の加茂水族館は
日本海に面したところです
湯の浜温泉の隣り

仙台からの距離は150キロほどで
高速を使わなくても
黙々と走れば3時間半程度

でも、それでは面白くないので
チビチビと休憩をとっては
ジワジワと接近して行く

A6_2

どうしても寄ってしまう寒河江ダム

今回は山ぶどうソフトクリームをいただく

ダム湖を渡る風が爽やか

ペロリとソフトの頬張りながら
初めてここに来たときのことを思い起こす

まだダムが建設中だった頃

もちろん渓流釣りでのこと。

仕事が終わってから仙台を発ち
夜にこの月山新道を通るので
何も見えない
真っ暗闇の中から工事の灯りが点々と
ハンドルを握りながら横目で見つめていたのを
岩魚に魅せられて夢遊病のように
毎週毎週ここまで来ていたことを
今更ながら呆れる。

冬至は寒河江にも河北にもコンビニなどなく
道すがらあるのは
間沢のウェルマート(現セブンイレブン)くらい。

夜食と山中の食料を調達するのに
苦労しました。
寒河江にあった惣菜目方売りの店「鳥太郎」が
重宝した
あれは「ごちそう市場」の元祖だったのだろうな。

話しがだいぶそれてしまった・・・

A1_2
月山新道の長短のトンネルを抜けていく

自動車専用道路だから
車さえ少なければ快適そのもの

A3_2
今回のB+COMの使い方は
カーナビ音声と音楽プレーヤー

道は一本道だから
ナビはお役御免状態

音楽プレーヤーも
2順くらいしたら飽きてしまった・・・
100曲くらい入れておくといいのだけどね

A2
A4_2
ここまで来ると
あとは平坦な道、鶴岡市内を抜けて日本海まで
もうわずか

・・・・・・ Chris Rea    Candles

 

2014年6月21日 (土)

思い出の出羽三山社務所でお参り

6月21日 土曜日の仙台

一年のうちでいちばん
太陽が顔を出ている時間の長い
今日は「夏至」

「夏」「至る」というのがいいではないですか

夏至、仙台の
日の出は4時12分
日の入りは19時3分

ちなみに
釧路の日の出は3時40分
日の入りは19時10分

那覇の日の出は5時37分
日の入りは19時25分

小さい島国だけど
こんなに時間に差があることに
ちょっと驚き

明日からは半年後の冬至に向けて
陽が短くなっていくのだ


A1
色の違う絵の具同士を混ぜると
色が変わるのと同じように
空気に緑が混ざると
いい匂いになる

A3
グラジオラスのように満開になるウツボグサ
>ちょっと言いすぎかな

・・・・・・・・・・・・・・・・・ クラゲを見に行く

岩根沢の出羽三山社務所に寄る

A6

112号線を右折して道なり(丸山薫記念館)
突き当たったところに出羽三山神社

水沢川、銅山烏川へ渓流釣りへ行くときは
ここで必ずお参りしていました
「無事に下山できますように」
ではなくて
「(岩魚が)いっぱい釣れますように」ってねw

神様はいつも願いを叶えてくれる
わけではありませんでした・・・

今回は安全祈願と
「いいクラゲに出逢えますように」だ

A5
(殺生ばかりしおって)と怒ってた

A4
いつもガタガタ笑ってた

悪さをすると怒っているようにも見えた。
そんなときは目を合わせないようにしてた

・・・・・・・ Bob Welch   Ebony Eyes

どうしてもクラゲ

中途半端に終わってしまった北海道

帰って来ても
気持ちの整理がつかないと言いますか
ポッカリと空いた気持ちを
埋めないことには気がすまない

しかも
帰ってみれば連日の晴れ
「ああ、ホントなら今ごろは
日本一暑い北の大地でトロピカルジュースを
ちびちび飲み
ときおり屈斜路湖でバチャバチャ泳いではずさあ」
などと妄想する日々・・・


そんな想いを吹っ切ろうと
タッタッタッ
いつものように県森をジョギングしているとき
突如思いついた
それはもうお告げだった
A4
そうだクラゲを見に行こう・・・

山形は鶴岡の「加茂水族館」

傾いた経営難を
起死回生、クラゲが見事に建て直し
一躍知名度は全国区に

たしか社員旅行か何かで2回訪れたことがあるけど
当時はお客さんの数もまばらで
言うことを聞かないアシカショーが
行われていた記憶がありますね

もちろんクラゲの「ク」の字もない頃のこと

・・・・・・・・・・・・・・・・

思いついたらこうしちゃいられない
気が変わらないうちに
さっさと着替えてバイクに跨る午前8時

A5_2
(寒河江米沢から間沢まで112号線を行かず
寒河江川の向こう側に沿って走る県道26号線を
行く。信号もなく空いていて
白バイさえ注意すれば断然こっちのほうが快適で
早い)

山形のズシッと肩に圧し掛かる暑さを覚悟して
関山を越えてきたけど
たしかに仙台より暑いけれど
湿度が程よくて
革ジャンでも平気なのが
なによりウレシ気持ちイイ

リアボックスの中身は工具のみで空っぽ
 レインウエアさえ持って来ていない

だからリアボックスは無用だったけど
歩き回るとき
タンクバッグもヘルメットも革ジャンもチャップスも
全部リアボックスの中に仕舞いこんで
手ぶらでいられるように
敢えてリアボックスを搭載したままに。


A2_2

夏スキーのメッカ 月山

羽黒、湯殿と出羽三山のひとつ
修験の山、霊山である

稜線のなだらかな
一見すると2千メートル級の山には見えません

A1_2

路面に張り付いている影
追い越すことのできない陽炎

これ
これなんだよ
北海道で味わえなかったものは・・・

フルーツラインの両脇につづくサクランボ畑
すでに赤い実のなる木々も。

これからがフルーツ王国山形の旬なのだ

・・・・・・・ Billy Joel   No Man's Land

2014年6月20日 (金)

かならずやリベンジ誓う

北海道ツーリング 2014

16時30分の大間行きのフェリーは
天候によるものか
それとも海流と進行方向によるものなのか
大間から来るときよりも
嫌な揺れだった

つまり酔っちゃったのだ・・・

おそらく
飛鳥Ⅱでもエリザベス2世号でも
揺れたらワタシは酔う

手漕ぎボートで酔ってしまうほど
平衡感覚に優れているのサ

A1_2

ターミナル内のレストランでかっ込んだカレーライス

食べたことを後悔するも
最悪の事態になることはなくw
無事に下船の18時00分大間


たっぷり2週間の予定のこの旅も
悪天候を理由に
尻尾を巻いて退散する恰好になってしまった

でも、まあいい
楽しみはまたの機会まで取っておく

仙台から函館は
フェリーの出航時間の都合上
「行き」は
その日のうちに函館着というのは
早起きすれば無理ではないけど
少々つらい

でも帰路は
函館から仙台まで十分可能
夕方には帰って来れそうです

今回は18時大間着だったから
大間で一泊、翌日帰宅になったけど
朝8時に出発して14時過ぎに帰ってきたことを
考えれば

午前中10時40分大間着の便であれば
18時頃には帰宅できるのだ

大沼公園あたりでキャンプして
その日に帰宅も問題のないこと

ちょっと体力的には厳しいかもしれないけど
一回くらいはやる価値はありそう

A2_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19日 金曜日

今日の仙台の天気は
「曇りがち」
ちょっとだけ日射しが期待できそうだけど
ポツリと雨があって不思議ではないようです

A4_2

最低・最高気温ともに平年よりも高め

A5
キイチゴの実

一粒採って口に含み
プツッと軽く噛むと

甘酸っぱく野趣溢れる味が口の中に広がる


ジャムを作るの
っとカゴいっぱい採っている女性

朝食に合いそう

・・・・・ Earth Wind and Fire    Can't Let Go

 

2014年6月19日 (木)

函館観光その3(コメント)

赤レンガ倉庫、八幡坂につづいては
函館山ロープウェイ

下から見上げても
雲に覆われていてるのは一目瞭然

チケット売り場で
「頂上はガスで何も見えませんが…」
と前もって言われるも
それを承知のうえで乗ってみる

A4
間もなく霧の中

A1
ゴンドラの中は従業員さん2人に客ひとり(オレね)

車内アナウンスはすべてオレに対してだwww
>照れるなぁ

ちなみに男性従業員さんは
物資輸送のため

「こんな天気ですみません」
なんて言われても
貴方達のせいではないのだから
謝られてもこちらが恐縮してしまう

A2

頂上駅には観光のお母さんが1人居た

360度真っ白な世界を堪能して
5分後のゴンドラで戻る

お姉さんと二人きりになれると
ひそかにウッシッシとおもっていたのに
お母さんにその仲を裂かれてしまう・・・

わかってない
察して一便遅らせてほしいwww


A3_2
(画像クリックで拡大します)

唐突に白い世界から視界が開け
函館の街並みあらわる

ちょっとばかり低い位置からの眺めだけど
「地図のようにキュッと細いんだ」っと
函館の地形が手に取るようにわかった

A7

今度は晴れたときに
そう言ってロープウェイを後にして
バイクを止めてる駐車場まで散策

気温は高くはないけど
重くて厚い革ジャンを着て歩いていると
じわりじわりと汗

ふう・・・
ぼちぼちターミナルに行かなきゃ

北海道に来て
観光らしいことができた数時間でした

・・・・・・・・・・・・・・ コメント

《happymaron》さん
>おはようございます。
北海道にいらしたんですね。
函館は、素敵な所ですよね。大好きデス。
歩いているだけでゆったりできたりします。
次回は、ゆっくりいらして下さい。
Without you 朝から良い気持ちで
仕事ができそうです。ありがとうございます。

 

>>コメントありがとうございます。
短い時間だったけど
函館で何とか観光らしいというか
思い出がつくれました

天気が良くて時間があったら
自転車でも借りてたっぷり堪能してみたいですね

地元の人が観光客にはナイショにしている
ヒミツのステキなトコロがあったら
こっそり教えて下さい

・・・・・・・・・・・・・・・ 今日 6月19日の仙台

25.5℃の夏日
暑くはないけど昨夜から湿度が高くて
どことなく不快

A6

昼頃、にわか雨が1時間ほど。

すぐさま日射しが戻って来る様子が
夏らしくて好きな瞬間

路面の水溜りも
たちどころに消え去る

明日朝はギリシャ戦
きっちり勝利して次に繋げてほしい

・・・・・・・・ 白いページの中に

 

函館観光 その2

北海道ツーリング 2014

赤レンガ倉庫を過ぎてすぐ
「八幡坂」があります

これまた有名ですね

A1_3
想像以上にきつい勾配

そんな坂道もガシガシ登りきる

日頃歩いている成果がここであらわれたw

A2_2
(画像クリックで拡大します)

正面に港が見える景色というのは情緒が
ありますね

「山彦」には海の見える街というのは新鮮


晴れていたら
どんなにかよかっただろう

上りきった正面は女子高

毎日この坂を歩いて通学しているのだろうか

このあたり
洋館風な建物が多く
公会堂や教会など
これまた異国情緒をかんじます

店先の売り子の女の子が
コーヒー、ミルク、甘酒はいかがですかと。

いつ飲んだか記憶にない
ホットミルクをいただく

べつに急がなくたっていいのに
チビチビ飲むのは恰好悪いとおもい
慌ててングングッ

見事にヤケドした

でも美味しかった

A5_2
A4_2

八幡坂で集団のお母さん達

快く撮影を買って出る

撮って欲しそうな目をしてたし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仙台、今日の天気は悪くない

A6

本当なら今ごろは小樽や余市だったはず・・・

ああ、いつまでもボヤいたってしようがない
女々しい奴だ>オレ

県森を歩くぞお

・・・・・・・・ Harry Nilsson   Without you

2014年6月18日 (水)

ザ・函館観光 その1

北海道ツーリング 2014

けっきょく、洞爺湖で2日間過ごしたあと
函館に戻ることにしました

週間天気予報を見ても
オホーツク側で「曇り」の予報以外
その他の地域は「雨」のマーク

ダメだコリャ

このままここで根付いて雪が降らないうちに
とっとと戻ることに・・・

今回のツーリングの目的のひとつに
トレッキングがありました

大沼、支笏湖、屈斜路湖などで
トレッキング出来たらと
いつもの県森ウエアを用意していました

洞爺湖も火口群を歩けるようなので
翌日の天気回復を祈りましたが
残念ながら叶わず

見切りをつけることにしました

・・・・・・・ Come back To HAKODATE

大沼公園を過ぎたあたりから
雨は止み
函館に入ったときには立派な曇り空

この旅いちばんの好天w

さて
16時30分発大間行きのフェリー乗船まで
時間があるので「THE 観光」

赤レンガ倉庫群
A2
A3_2
A1_2

おもったほど混雑はしてなかったものの
さすがに名所だけあって
観光客はそれなりに多い

レンガ倉庫の中は服飾店やレストランなど

駐車場のおじさんに
2千円以上の買い物をすれば2時間無料だよ
っと言われたけど別に何も買わず
強いていえばイカ飯くらい・・・

A4

多少場違いな気配を感じる

団体さんとカップルが99%

・・・・・・・・・・・・・・・・ 6月18日 

今日の仙台は曇り空

湿度は高いけど
最高気温が23.9℃だから
暑くも寒くもなく

A5
駆け寄って飛びついてきた

憂い奴よのお・・・グリグリ(喉元ナデナデ攻撃)

Lighthouse Family
Ain't No Sunshine When She's Gone

 

嗚呼 ハリボテ遊覧船

北海道ツーリング 2014

これ
こういうの
日本全国津々浦々
メジャーな湖にはあるんですよねえ

スワンボートとか龍の形をした船とか

A1_2

洞爺湖の遊覧船はお城のデコ

いやあ・・・ハズカシイ

どうしてこういうこと
しちゃうんでしょ

せっかくの洞爺湖の景観が2割減

しかも困ったことに
洞爺湖の「歌」を
巨大音量で湖中に聞こえるように
がなり立てている
はあ・・・これでさらに2割減

鳥の鳴き声や岸に寄せるさざ波
そういういかにも体に優しい音が台無し

なんでこんなコドモっぽいことをするんだろうか

センスもヘッタクレもないおとっつぁんたちが
勘違いしてこういうことをしちゃうんだろうなぁ…

ほんとうに残念

しかもだ

夜になると・・・
A3_2
キャーッ!

見ているだけでハズカシイ

しかもあの洞爺湖のメーンテーマを高らかに

そのメーンテーマって懐メロだしwww

なんか違うなぁ
オレのなかのイメージとは

ああ、どうも雨に打たれすぎたか
文句ばかりだ

A4_2
そして花火

高速ボートが
水中花火をぶっ放す

もうその様はまるで機雷の投下

暗い湖であのスピードは
いつか事故が起きそうな予感あり

っということで
キャンプをする気
まったくなく
あえなくホテルへ投宿

A2
独りで泊まるにゃ、ちと贅沢

・・・・・・・・・・・・・・・・ 6月18日

昨日はゴロゴロと雷鳴が聞こえた午後でした

今日はどうかな

来るなら遠慮せずにドガーンとやってほしい

A5_2

・・・・・・・・ Hello Goodbye

2014年6月17日 (火)

ようこそ洞爺湖へ

カルデラ湖である洞爺湖
グルリと周囲を山に囲われて
実際に走ってみても
ちょっとした山を越えて下り道になって間もなく
湖が姿をあらわします

A3

その山越えは濃霧&雨&道路はビッチョリ

しかし、霧が消えると雨も小降りになり
洞爺湖が見えてくる頃になると
道路は半乾燥で降ったりやんだり

これでもじゅうぶん天気は悪いが
それまでの天気をおもうと
気持ちは晴ればれした気分に

A1

A4

レインウエアを脱ぐと降ってくるのが
忌々しいが
明るみをかんじる曇り空

気温も上ってきたのか
こころなしか暖かくなる

レインウエアまで入れると
7枚重ね着した着膨れ男
公園の駐車場で一枚一枚脱ぐ

これはもう脱皮だ・・・www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6月17日


A5
(画像クリックで拡大します)

ありがたい梅雨の晴れ

夏日にはなるものの
涼風が心地いい

北海道は相変わらずの曇天模様
もう10日ほどこんな天気らしい

熱帯低気圧に格下げしたとおもった台風が
盛り返してまた台風に戻った

こんなことってあるんだね

・・・・・・・・・・・・・・・・ コメント

《四番清原》

>俺達も来年は 函館経由で帰ろうかな
  その方がうんと楽なんだわ

 >>その方がラクでしょうね
   1000キロもの道のりを交代で運転と
   いっても何度も出来ることではないかと

  大洗ではなくて横浜着なんてのがあったら
  さらにいいんでしょうけどねえ

  ちなみに函館からその日の夕方には
  仙台に帰れます(実走未定)

・・・・・・・・ Boston    A Man I'll Never Be


どうにかこうにか洞爺湖へ

梅雨の中休みにしては
ずいぶんと長い中休みだ

っま、晴れてることは嬉しい

A3_3

蒸し暑さはありません

快適です

・・・・・・・・・・・・・・・・ 北海道ツーリング

這う這うの体でどうにか洞爺湖へ到着

A2_4

天気は案外イイ

雨は降ったり止んだり

10分も雨が上ると
道路は乾いてくる

なんだか久しぶりの乾燥した路面

でも調子にのって
レインウエアを脱ぐと
待ってましたとばかりに降ってくるので
まったく油断ならない

「花の駅」という道の駅の類似店があったので
そこの香川仕込みのうどんを啜る

冷えた胃袋がヒクヒク動いた

A1_4

・・・・・・・・・・・・・・ 本

A5

アメリカ人家族が
1ヵ月間アパートを借りて生活し
タイトルどおり
日本食を食べ尽くす

・・・・・・ KAJAGOOGOO    TOO SHY

2014年6月16日 (月)

砕け散る理想郷

・・・・・・・・ 北海道ツーリング

函館に上陸

酔わずに下船できたことが意外

小康状態だった雨がやっぱり降り出してくる

大間もそうだけど函館も
想像どおりの肌寒さ

まあ仙台もこんなものだったよな、とナットクして
先へ進む

A1_3
A2_3

ワタシのツーリングは撮影旅行なので
ところかまわず撮りまくるけど
この雨では
そういう気分にもなれない

「ここに来たよ」という証拠写真じゃあるまいし・・・

つねに湿っぽいので
カメラ自体が故障しないか心配になる
タンクバッグの底から水が上ってきている

・・・・・・・・・ 国道5号線

雨と濃霧と寒さ

左手には牧場、右手は海岸線
っのはず

まったく見えないのだ

視界200メートル
シールドが雲って100メートル

うう・・・
なにが哀しくてこんな目に遭わにゃ
ならんのだ

涙で滲んで視界がさらに悪くなる

曇り止めのスプレーを持参しているんだけど
止まって吹きつけるのも面倒だし
出すのも面倒
けっきょく無用の長物状態

鼻水が唇を左右に迂回し
ほうれい線を伝ってアゴのところで
合流してポタリタラリ 

A6_2

ツアラー系のバイクであれば
カウルやスクリーンが雨から体を守ってくれて
走行中は雨に当らないのですが
「そんなこと知ったこっちゃない」X4は
すべての雨を背負い込んで
それをオレに押し付けてくる

「ダメだあ・・・」

おもわずパーキングに滑り込む

濡れてブレーキが利かず
本当に滑り込んだw

5号線から37号線に入ったあたりで
視界が若干開けてくる

シールドを開けて見渡してみるも
どこにも「北海道らしい」ところなし

バイク用ではない
園芸用の防水手袋が
これほど役に立つとのはおもいもよらず。

薄手にインナーグローブとの併用で
どんな雨も問題はなく
手だけは常に快適な状態を保ってくれた

予定では支笏湖までは行くつもりでしたが
この雨でココロは打ちのめされ
あえなく却下

とにかく洞爺湖まではなんとか行こう

ガソリンスタンドで
「日本一暑いところはどこ」と従業員に聞いたら
笑いながら
先週まで北海道でした
だってwww
  

黙々とひた走る

あれだけ頻繁にお喋りしていたカーナビ子が沈黙

こんなときにいろいろと語りかけてくれたら
どんなにいいだろう


北海道の道は長い
「この先40キロ道なりです」・・・それっきり

A4_3

・・・・・・・ After The Fire    Frozen Rivers

大間から函館へ

大間ツーリング~北海道ツーリングへ

【 6月 8日 】

日頃が早寝なもので
満たされたお腹と眠気から
「おいでおいで」するテントの誘惑に勝てない
A1_2
うまくてペロリペロリと大間のマグロ

バサバサと強風に煽られるテント

何時だったか
テントを打つ雨粒の音で目が覚めた

風の勢いが衰えてきたかわりに
雨の降り方が本格的になってきました

朝のテントの撤収が面倒だな

頭まで寝袋の中に入り
耳障りな雨音を遠ざける

・・・・・・・・・・・・・・・ そして朝

「せーの!」
勢いをつけてテントから抜け出し
頭にタオルを巻き
レインウエアを着て
手際よくテントの撤収

7時出航のフェリーまで時間があるので
炊事棟の中でお茶を啜っていると
ジワジワと起き出して来る二日酔いの面々

しばしマッタリした後
お見送りを受けて「ではでは」と大間港へ

大間港まで5分
7時出航のフェリーに

ウェブ予約してあるので
スマートチェックインとかいう発券機に
予約番号と名前を入力するだけ

しかも500円くらい安い
>大型バイクと大人1名で¥4360なり

A2_2

前の女子は
苫小牧まで行き
そこから太平洋フェリーで仙台へ帰ると

A3_2
(バイクの乗船は2台のみ)

このサイズの船でもあっさりと酔うオレ・・・

1時間30分間の憂鬱www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ バイクのメンテ

A6
ブレーキキャリパーもオーバーホール

動きが渋くなったポッドの汚れを入念に取り除き
ブレーキフルード交換
フロント2つ リア1つだから
けっこう時間がかかる

オイル交換後のブレーキレバーを握ったときの
カチッとした感触がたまらんねw

・・・・・・・・・ Boston    Don't Look Back

2014年6月15日 (日)

宴の夜は更けていく

大間ツーリング 2014

濃い霧に霧雨、そして風が
どことなく冬の厳しい大間を連想させます

A1_2
いつも美味しい料理をありがとうございます
>よっぴさん

A4_3
ウォーキングで順調に体重を落としている恭ネェ

10月の松代ツーリングまでに
あと6キロ痩せると約束

もし、不参加だった場合は
リバウンドしたという解釈でよろしいねw

A3_2

お気に入りの銘柄ビールにご満悦
一関からカブでここまで6時間

A5_2
七北田は「ソレイユ」のケーキが何故ここに・・・

ソレイユのパティシエはバイク仲間なのである

しろもげらのデリバリーにて>おいしかったです

・・・・・・・・・・・・・・・・・

さあ、これから日本初戦のコートジボアール戦が
始まります

強い相手だけど
ここで1勝をものにすると
予選突破にリーチといっても過言ではない

がんばれニッポン チャチャチャ(これはバレーかw)

A6_2

・・・・・・ Do Ya Think I'm Sexy   Rod Stewart

サッカー小僧はブロンドがお好き

2014年6月14日 (土)

西風の土曜日

夏日になった土曜日も
強めに吹いてる西風がカラリ
暑さは皆無

雲が広がると半袖では肌寒さが
あるくらい

昨日、今日と早朝のワールドカップ観戦で
寝不足は否めず・・・

スポーツ好きというものは
日本戦だけ観ればいいというものではないのだ

魅力的な強豪国の試合を
見逃すわけにはいかない

A4_2
(画像クリックで拡大します)

1週間つづいた雨で
県森にある堤は満水
オーバーフロー状態の堤もありました

ウシガエルが満足そうに
喜びの大合唱

A2
ギンリョウソウが顔を出していた

そろそろだな
っと注意深く探したら
見つけました

全身真っ白なギンリョウソウは
別名「ユウレイ草」
ブナ林ではよく見かけるけど
県森の遊歩道脇に生えているとは意外

A3

太陽と緑のやる気は
まさに夏そのもの

だけどそれを包み込んでる空気は爽やかで
歩くにゃ最高文句なし

A1

明日は日本戦
試合開始は9時だから
寝不足にならずにすむネ

・・・・・・・・・・・・・・・・ 大間ツーリング 2014

A5

あっちでこっちで乾杯

入れ替わり立ち代りで乾杯

延々と乾杯

・・・・・・・・・・ Joe Walsh    Life's Been Good

マグロに頬ずりずり・・・

土曜の今日も
昨日にひきつづきの「梅雨晴れ」

まだ梅雨の中休みというには早いかな

今朝のスペイン対オランダ
前回覇者スペインがよもやの5失点
ボロボロだった

A5_2

昨日のニュースで北海道の荒れた天候の様子が
映し出されていました
とくに函館は30メートルを越える強風で
帰って来たことに正直ホッとする

あの風の中に居ることを想像しただけでゾッとするわ


【 大間ツーリング 2014 】

A1_2
(画像クリックで拡大します)

強風も寒さもなんのその

飲んでしまえばこっちのものなのだ

A2_2
もう酔いが回ってきたかな
それとも長距離運転でお疲れか

とにかく
マグロが好きなのねぇ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

くまなく、まんべんなく汚れたバイク
放っておくとサビるし
動きが渋くなる前に汚れ落とし

A3_2

チェーンのオイル塗布と各可動部分にも
グリスや潤滑剤を

今回のツーリングで
リアブレーキが気になったので
ポッド(対向ピストン2こ)を取り出して
汚れを取りピカピカに磨く
もちろん最後はシリコングリス

A4_2

エアクリーナーを洗浄

ガソリンに浸してジャブジャブ

丸一日かけて乾燥

今日はマフラーを外して
普段、手の届かない部分の手入れを

Billy Joel    Say Goodbye To Hollywood


2014年6月13日 (金)

1週間ぶりの日射しに深呼吸


【大間ツーリング】

恒例の本州最北端での乾杯
A5
(画像クリックで拡大します)

全員集合してないけど・・・

いやあ、強風が邪魔だ
体感気温を下げている

夕方になると
まわりの土産物屋も閉まり
観光客も居なくなるので
明るいけど閑散とした気配

かえってそれがありがたいかな

・・・・・・・・・・・・・・・ 13日の仙台

いやあ、1週間ぶりの晴れ
やっと濡れたテントを干すことができました

A2

これまた1週間ぶりの県森トレッキング

しばらく見ないうち
さらに緑が濃厚

雨上がりということもあってか
葉に勢いをかんじます

A3
あっちもこっちもアザミが花開く

A4
名称不明 

今日はワールドカップの話題を外すことはできない

開幕初戦となる開催国ブラジルとクロアチア戦

オウンゴールでクロアチアが得点するという
意外な展開も
終わってみれば3-1でブラジルの勝利

早起きした甲斐があった・・・試合・・・でした

日本は15日(日)
緊張するなぁw

A1
雨上がりの庭にプンと独特な匂い>ドクダミ

生命力の強いドクダミです

仙台は27.7℃でほぼ予報どおりでしたが
時間を追うごとに湿度が下がったことと
強く吹いた西よりの風で
暑いよいうより爽やかな陽気でした

到着 風の大間崎


 大間ツーリング 2014(みちのく401)

【 6月 7日 土曜日 】
 

 道の駅・横浜

A2
ここで「みちのく401」の面々と合流し昼飯

冷えた体にしょうゆラーメンが染み入る

雨は上っていたが
むつ市を過ぎて大間までの「はまなすライン」では
また降るだろうと見越してレインウエアを着っぱなし

A4
道の駅・横浜からむつ市内へ

予想通り、279号はまなすラインは濃霧

いちだんと冷え込み
道端の温度表示は11℃

しかも強風で寒さ2割り増し

道の駅・横浜から大間までが
けっこう距離があってしんどい

この感覚は
伊豆稲取ツーリングの
熱海から稲取までの距離感に酷似してる

小田・厚道路を降りて小田原の下道に出ると
着いた気分になってしまうからだろう

2009年の大間ツーリングでは
三陸沿いの45号線をDトラッカーで延々走り
途中で嫌気がさした
仙台から大間まで650キロ以上
お尻は痛みの限界を越え
スタンディングで走りつづけたつらい記憶・・・
岩手の大きさを嫌というほど実感した次第
さすが県イチの面積

A3_2
到着 大間のキャンプ地

まずは到着した余韻に浸る前に
さっさとテントを張ってしまう

強風もなんのその
我がマイホームが完成し
そこでようやく ふう・・・

2年ぶりの大間
去年は伊豆稲取で冷却系のトラブルを負い
その修理に1ヶ月以上要し
行くことができませんでしたが
今回はそのリベンジが出来た

A1_2
ひさしぶりのアラセ隊長

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月13日 金曜日 

いよいよワールドカップ・ブラジル大会の開幕

日本での中継時間は
午前4時ころから10時ころにかけて
うーん・・・なんだか中途半端な時間だな

地球の裏がわでの大会だから仕方がない

・・・・・・・・・

今日は暑くなるらしい>仙台27℃

ああ、ひさしぶりの夏日だ

とにかく日射しを浴びたい

・・・・・・・・・

どこかへ行かなければ
気持ちがおさまらない

とはいえ
連泊できるような時間はなし

そんなときテレビを観ていたらクラゲが。

山形の加茂水族館、別名クラゲ水族館

行ってみたくなった

その前に汚れきったバイクを何とかせねば

・・・・・ Bruce Springsteen  Dancing In The Dark


2014年6月11日 (水)

とっとと帰る

べつに雨が大好きなわけではないし

どちらかというと「晴れオトコ」だと
自負している

それなのに

待ってましたとばかりの雨・雨・雨
もひとつオマケに雨
八代亜紀も三好英二もガゼボも
聞きたくなくなったw

こんなに雨の中を走ったのは
長いバイク人生で初めて

たしかにオレは北海道へ行った。
うん、それは間違いない
タイヤが減っているからね

降り注ぐ日射しと爽やかな空気
どこまでも続く真っ直ぐな道路に
牧草の匂い
バイクの聖地は手を振って歓迎してくれる

それが思い描いた旅だったのに

気がついたら雨の耐久レース

落胆と寒さとずぶ濡れに嫌気がさし
泣きながらの帰宅と相成りましたとさ

A2
終始レインウエア
なんのための革ジャンとチャップスか

A1

たぶん5号線だろう

べつに4号線でもいいけど

こんなツーリングの詳細は次回から
イヤでもたっぷり・・・

2014年6月 6日 (金)

アクセルアシストの恩恵(コメント)

まだだろうと思っていたのに
あっという間の梅雨入りでした>仙台

A3_2

日射しがなく湿度が高い

ヒンヤリとした空気
朝晩は薄着でいたら確実に夏風邪を
ひいてしまいそうです

A2_2

昨夕から降り出した雨
今日は一日雨模様なのかな

明日はツーリング・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・ アクセルアシスト

長距離を走行するとき
大いに助かっている逸品>アクセルアシスト

A4_2
この靴べらみたなものがアクセルアシスト

長い時間アクセルを握っていると
だんだんと握力が落ちてきます

それを助けてくれるのがコレです

A5

グリップを握るのではなく
アクセルアシストに手の平を当てるだけなので
疲れしらず

車でいうと
まるでODみたい(言いすぎだけど)

でもそれほどに疲れを軽減さてせくれて
ツーリングの際は
何はなくともアクセルアシスト

A1_2

今日は雨だから県森歩きは出来ないかな

・・・・・・・・・ コメント

《四番清原》さん

>やはり雨具が活躍するのか・・・
そんでこっちの100円ショップでは地図売ってない
何軒かまわったのだけど
埼玉県だけ束になって売れ残ってた
 

>>増刷しないでしょうね
とりあえず見つかってよかった

本日、天気は雨模様
安全運転で仙台入りしてください

・・・・・・・・・ BOB SEGER    Shakedown

2014年6月 1日 (日)

6月1日 今日も真夏日だ

昨日にひきつづきの真夏日の予報

6月といえば梅雨

梅雨入り前に真夏の気分を
味わえるというのはありがたきシアワセ

夏の訪れが早いだけ
7月、8月
本当の真夏がちゃんとやって来てくれることを
どうかどうかひとつよろしくと願うのみです

Dsc_0076
トンボが羽休め
チョウがヒラリと舞い
カエルがゲコッ
そんなところですココは

Dscf5166
減水した堤の鯉が背中を出してうねってます

酸欠で息苦しそう
見ていて痛々しい

Dsc_0088
県森には木々に名札が立ってますが
これを見て覚えた人がいるのだろうか

ワタシはすぐに忘れてしまう

要は覚える気がなければ
ご丁寧に札を立てても意味がないのだな

本当に知りたいなら
自分で調べてみて
初めて脳にインプットされるんだろうとおもう

花でも山菜でもキノコでも
なんでもそうだとおもいます

Dscf5170
ウエストバッグの背面では
滑り止めのマットを貼り付けてあります

こうするとズルズル下がることがなく
煩わしさが低減され
歩くこと、撮ることに集中できます

ウエストバッグはカメラやレンズ、飲料などで
重さにして2キロほどはあるので
とくに激しく動きまわったりすると
ズリ下がってしまうので
これ助かってます

・・・・・・・・・・・・・

6月は一年でもっとも日の長い月
「夏至」があります>6月21日

早く太陽が顔出す6月
その日の出時間は仙台で「4時12分」
6月7日~22日までがこの時間です

日の沈む時間は
6月23日~7月4日までの19時04分が
もっとも遅い日の入りです

つまり夏至の21日だけが
もっとも日の長い一日
ということではないのですね

Dscf5014
「木のいのち 木のこころ

・・・・・・・・・・

初回はどうなることかと心配したけど
終わってみればピシャリと押さえ
やったねマー君8勝目

・・・・・・・・・・ Bye Bye Baby   Bay City Rollers
タータンチェックを流行らせたのは
チェッカーズだとおもっている人は不正解

ベイシティーローラーズが最初ですね

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト