« 大間から函館へ | トップページ | どうにかこうにか洞爺湖へ »

2014年6月16日 (月)

砕け散る理想郷

・・・・・・・・ 北海道ツーリング

函館に上陸

酔わずに下船できたことが意外

小康状態だった雨がやっぱり降り出してくる

大間もそうだけど函館も
想像どおりの肌寒さ

まあ仙台もこんなものだったよな、とナットクして
先へ進む

A1_3
A2_3

ワタシのツーリングは撮影旅行なので
ところかまわず撮りまくるけど
この雨では
そういう気分にもなれない

「ここに来たよ」という証拠写真じゃあるまいし・・・

つねに湿っぽいので
カメラ自体が故障しないか心配になる
タンクバッグの底から水が上ってきている

・・・・・・・・・ 国道5号線

雨と濃霧と寒さ

左手には牧場、右手は海岸線
っのはず

まったく見えないのだ

視界200メートル
シールドが雲って100メートル

うう・・・
なにが哀しくてこんな目に遭わにゃ
ならんのだ

涙で滲んで視界がさらに悪くなる

曇り止めのスプレーを持参しているんだけど
止まって吹きつけるのも面倒だし
出すのも面倒
けっきょく無用の長物状態

鼻水が唇を左右に迂回し
ほうれい線を伝ってアゴのところで
合流してポタリタラリ 

A6_2

ツアラー系のバイクであれば
カウルやスクリーンが雨から体を守ってくれて
走行中は雨に当らないのですが
「そんなこと知ったこっちゃない」X4は
すべての雨を背負い込んで
それをオレに押し付けてくる

「ダメだあ・・・」

おもわずパーキングに滑り込む

濡れてブレーキが利かず
本当に滑り込んだw

5号線から37号線に入ったあたりで
視界が若干開けてくる

シールドを開けて見渡してみるも
どこにも「北海道らしい」ところなし

バイク用ではない
園芸用の防水手袋が
これほど役に立つとのはおもいもよらず。

薄手にインナーグローブとの併用で
どんな雨も問題はなく
手だけは常に快適な状態を保ってくれた

予定では支笏湖までは行くつもりでしたが
この雨でココロは打ちのめされ
あえなく却下

とにかく洞爺湖まではなんとか行こう

ガソリンスタンドで
「日本一暑いところはどこ」と従業員に聞いたら
笑いながら
先週まで北海道でした
だってwww
  

黙々とひた走る

あれだけ頻繁にお喋りしていたカーナビ子が沈黙

こんなときにいろいろと語りかけてくれたら
どんなにいいだろう


北海道の道は長い
「この先40キロ道なりです」・・・それっきり

A4_3

・・・・・・・ After The Fire    Frozen Rivers

« 大間から函館へ | トップページ | どうにかこうにか洞爺湖へ »

オートバイツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砕け散る理想郷:

« 大間から函館へ | トップページ | どうにかこうにか洞爺湖へ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト