« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年10月

2014年10月 9日 (木)

赤銅色の怪奇な皆既

昨夜の皆既月食は
ニッポン全国津々浦々
きっちりかっちりがっつり見れたのでは
ないでしょうか

仙台は完璧な快晴

3_2

もういちどこの快晴がほしい
そんな願いは絶対に叶わぬ
それほどにすばらしい月食の夜になりました

18時、昇ってきたばかりの満月は
すでに黒い影を忍ばせておりました

そして18時30分、食の始まり

1_2

月をあまり見たことない人は
「なんだいつもの満ち欠けと変わらないじゃん」
とか平気で言ってしまいそうだが
よく見ているひとは
月食で欠けていく様との違いがわかるのだ

太陽の当らない影と
地球の影で隠れてしまう月面の違いは大きい

2_3

そして20時
お待ちかねの皆既に突入

赤黒い(赤銅)月がボワンと夜空に浮かび上がる

肉眼で見ると仄暗い月

満月が欠け始めて皆既になり
そして満月に戻っていく様子を連続撮影で
パラパラマンガのように見ると
地球の影が満月をどのように通過して行ったか
その様子がわかります

Sssq
(画像クリックで拡大します)

ああ、それにしてもこの天気
オリオン座流星群の極大日にも是非>快晴に

・・・・・・・ Frank Sinatra    Fly me to the moon

 

2014年10月 8日 (水)

赤青白黄秋満月

いきなりの一桁の気温に
おもわずヒーターに手を伸ばしてしまった朝

仙台は9.3℃でした

ちょっと北にある大衡というところでは
4.8℃だったというから驚きです

冬に向って「駆け足」なんて言うのはぬるい
これはもう「全速力」

まさに「寒露」にふさわしい

3

日中はかろうじて20℃を上回って
過ごしやすい陽気

ポスティングの途中
ベンチで休憩
アメ玉を口に放り込み
カラコロカラコロ
アメ玉を遊ばせて
何気に見上げてみると

2
真っ青な空に鉄塔の紅白が溶け込み
定規で線を引いたような高圧線がアクセント

セイタカアワダチソウの
花の黄が敷き詰めて
まるで絨毯の柄のように見えた

今日がどんな日和なのか
この画像一枚でわからせるに十分かと。

今晩は皆既月食

赤銅色の月がキレイに見えるか否かは
大気次第
空気中に火山灰が多いと
見えなかったりすることがあるのです

昔見た皆既月食ではそういうことがありました

1

皆既中の月を撮影するには長時間露出が必至

だけど満月から欠けていく様子は
コンパクトカメラでも手持ち撮影できます。

ズームの倍率を目一杯上げて
Pモード
ピンスポット測光で撮影してみてください

M(マニュアル)設定があるなら
絞りを開放にして
何枚も撮りつつシャッタースピードを変え
適正露出を見つけてください

三脚に固定して
さらにセルフタイマーで撮ると
ブレを防ぐことができます

――― 松代ツーリング 2014 ―――

Dscf7294

近況報告の執りをつとめるのは
もちろん4番きよはらさん

年功序列という意見もあるが
やはりキヨさんで締めてもらわなければならない

今回も名言・格言が飛び出し
大いに場を盛り上げ
さすがキヨさんと感銘を受けたが
残念かな
翌日には何を言っていたのか
すっかり忘れてしまうところが
あまりにも悲しい・・・

きっと本人でさえ
記憶にないとおもわれw

次回は動画で。

・・・・・・・ 俺たちの旅  オープニング

 

10月8日は皆既月食

今日は3年ぶりの皆既月食

月食は日食ほどレアな現象ではないので
比較的頻繁に見ることができますが
やはり皆既となると
あの怪しげな赤黒い赤銅色の満月は
不思議と不気味が同居しているなぁ
と毎度かんじる感想です

18時30分ころ
日が暮れた東の空にあらわれた満月は
半影月食から本格的に欠けはじめ
19時30分に皆既に突入し
20時ころに皆既最大となります

この皆既中に空を見上げると
月はどこにあるのだ?っと
なかなか見つけるのに苦労するほどに
暗くなります

月明かりが無くなった夜空は
星々が輝きを取り戻します。

是非そのあたりも注目して観望してみてください

――― 松代ツーリング 2014 ―――

2
キミゾー&しずく夫婦が到着して二度目の乾杯

静寂な里山の夜は更けて

宴は絶好調

恒例の近況報告自己紹介
1_2
やはり目玉はケンジくん

酔うほどに舌は滑らかに・・・

つい数日前まで出張でインド・タイを彷徨っていた彼

お気に入りはチェンマイらしい

彼曰く「チェンマイは住める」

3_2
インドからタイへ移動しているところ
もちろん彼流の解説付きでw

4_2
インド土産にいただいた麺

誰か食べたかな?
報告待つ

Dsc_0194
松代のツリフネソウは大きく鮮やか

雨に濡れていちだんと映えて見えるのでした

・・・・・・・・ Toni Braxton   Breathe Again

 

2014年10月 7日 (火)

松代ツーリング2014 ② (コメント)

――― 10月7日 ―――

足早に遠ざかって行った18号

夕方に虹の置き土産

週一の月曜にお散歩のワンコたち

西陽が出ました
虹が出ました
月も出ました

1_2
きゅうに止まるとぶつかるよ

前後じゃなくて並んでくれないかな・・・

――― 松代ツーリング2014 ―――

このツーリングの最初にカメラに収めたものは
3
しょうぢ邸の外壁でフリークライミングに
挑んでいたカタツムリでした

久しぶりに見る立派に大きなデンデンムシ。

思えば
このカタツムリが
今回の天気を暗示していたような気も
しないではありません

ともあれ
寝坊
ETCカード期限切れ
キャリパー脱落
ガソリン滝漏れ
そんな過去の出来事がウソのように
スムースに出発することができた朝7時

いつものように安達太良SAで給油と
お土産の玉こんにゃくを買って
無駄な休憩もなく
次の目的地である会津坂下(ばんげ)IC出口の
コンビニで今回初参加のBMW乗りY女史と合流

ここからは3人で松代を目指します

2_2

ここまでの天気は微妙で
高速の電光掲示板には「雨天走行スリップ注意」
「最高速度80キロ」など
雨の気配を感じさせるものばかり

空模様も黒雲が横切っていったり
山が雲を被っていたり
不穏な様子
さっきまで降っていたような半ウェット

結果的に雨に当ったのは
松代までもうすこし
十日町イオンを出て
最初のトンネルを抜けてからでした

それはまさに「雪国」の例の一文を
「雨」に変換して
「長いトンネルを抜けるとそこは雨だった」

川端康成と内山田ひろしとクールファイブを
ごちゃ混ぜにしたようになってしまったけど
本当にトンネルを抜けたら
そこかは雨だったのだからしようがない

松代駅まではわずか
トンネルも多く
雨も本降りではないから
カッパを切ることなく走りきって
14時を過ぎたあたりで無事到着

・・・・・・・・・・ コメント

《4番きよはら》さん

>この画像から始めるんかい?
そうよ、はなもげら氏が雨具を着るように
俺も少しは大人になったって事だわ

>>この画像から始めないと
この画像の価値が下がります(笑

まさか温泉まで送迎までするとは・・・

お疲れ様でした。

今年度版DVDが楽しみです

・・・・・Joan Jett   Dirty Deeds Done Dirt Cheap

 

2014年10月 6日 (月)

秋の松代ツーリング

――― 台風18号 ―――

仙台にもっとも近づいたのは
午後2時頃でしょうか

13時を過ぎると
雨より風が勢いを増したのが
はっきりと感じ取れました

2

台風は速度を上げて時速75キロ(14時30分現)

風は残っても
夕方には青空が覗くかもしれません

台風去って明日は台風一過。
しかし、ホッとするのもつかの間
すでに19号が向って来ているという
これまた「台風一家」という
「過」と「家」ではえらい違いなのである

――― 松代ツーリング ―――

この荒れた天気が昨日だったら・・・
考えただけでもゾッとする。

バイクにとって雨だけでも
ポジティブな気持ちをスポイルするに
十分なのに
そこに強風が加わると
鼻水とともに涙がほうれい線を伝って
いなかっぺ大将の風大左衛門状態

ツアラーと呼ばれるバイク以外
例外ではない

雨粒で濡れたヘルメットのシールドは
視界を極端に悪くし
いわゆる「フィンガーワイパー」を常に
作動しなければならないw
それがワンフィンガーからツーフィンガーになり
最後にはワンハンドフィンガーとなると
あとはもう諦めから笑うしかない
雨の中でニヤけているバイク乗りを見かけたら
近寄らないほうがいい
もう出来上がっているwww

そして風は雨よりも始末がわるく
冗談抜きで走行不能となることがあります

横からの突風は
自動的に車線変更させられる

車でいうところの
ハンドルを取られるという状況は
バイクにとって「死のとなり車線」

これに耐えようとすると
真っ直ぐ走っているのに
体はハングオン化・・・

正面からまともに強風を受けると
小排気量のバイクであれば失速するほど

車高の高いオフロードバイクは
信号待ちでむやみに立ちゴケする

吾妻山で積乱雲に覆われたとき
まるで雷が耳元で鳴っているように轟き
右往左往する突風が
センタースタンドで立っていたバイクを
事も無げに横転させた

さて本題の松代ツーリング

今回はこれまで借りた古民家の中で
いちばん小さい民家で
部屋数は子供でも暗算が容易な3つ

ワタシが毎年独りで松代へ来るときに
借りるこの古民家を
今回の秋ツーリングの宿としました

小さいといっても
数字上でのことで
板の間の広さは、12人の宴会場としても
まだまだ余裕で
畳の部屋は10畳ほど
それにオマケ程度の2階部屋がひとつ

※ケンジくんはこの2階で寝るということ。

1

関東組は翌日(日)の降水確率90%に
全員車移動という「松代ドライブ」と化す
※栃木、ケンジくんは除く

この状況ではそれは致し方ないところ。

食材買出しと運搬という大事な役回りを
一手に担っていただいているだけに
四番きよはら&よっぴさん夫婦には
文句などあるはずもなく。

「アタマを床に擦りつけよ」と言われたら
土下座してコウベを垂れる仙台組

まだまだつづく

・・・・・・・・・ Toto    I will remember

 

台風接近と松代ツーリング

今日一日
大風18号接近により
雨風の影響が出るであろう仙台

県内でも学校などが臨時休校になるところが
多いということです

交通機関も一日中混乱するのではないでしょうか

個人的にも
今日予定されているお散歩代行は
中止になりそう

まったく迷惑甚だしく
さっさと去って行ってもらいたいものです

さて
土曜・日曜と10月恒例
「松代ツーリング」が行われ
当初、台風の影響はないものとおわれましたが
日に日に天気は崩れていき
蓋を開けてみると雨は当たり前
曇りだったらラッキー
日射しが出たら一生の運を
使い果たしたと思え
そんな空模様となりました

がしかし
今年のツーリングは
天気が「凶」のワタクシ
覚悟は出来ておるのです

そんなわけで
いざ十日町松代

1
四番清原さん

この画像を見て
常連参加者は目を丸くし
驚愕し
もしかすると腰を抜かしているかもしれない一枚w

キヨさんが料理???

まだ呑んでない???

ウソでしょ・・・

今年のDVDの表紙はこれで決まり、と思われましたが
本人の名誉のため
裏表紙に採用決定w

・・・・・・ Big Country   The Storm

« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト