« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月19日 (火)

さっそく更新 その8

伊豆稲取ツーリング

二日目の帰り道
長い道のりをおもうと
気持ちが重くなるけど
青空の広がる下を走れるのは
ポジティブな気分にさせてくれます

二日間の走行距離は1200キロ越え・・・

4




さっそく更新 その7

お散歩代行の必需品

2_2

飼い主さん愛用のリードを
そのまま散歩代行の際には使ってますが
散歩中になにが起きるかわからないので
予備として持ち歩いているリードです

これはせいぜい中型犬の中くらいのサイズの
ワンちゃん用です

伸縮するので
持ち歩くには便利です

散歩する犬種、大きさで
持って行くリードを変えてます

1_4

突然の雨、濡れてもへっちゃらのガマ口です

ぷるんぷるんの触り心地
オトコはぷるんぷるんにヨワイのだ




さっそく更新 その6

世界ツアー前半を終えたBABYMETAL

今週末は日本に戻ってMETROCK
野外フェスに出演した後
ヨーロッパツアーへ

7つのライフのうち2つが野外フェスというのが
なんとも頼もしい

B3
去年、イギリスで行われたメタルフェス・ソニスフィア

8月、イギリスでメタルハンマー主催の
ミュージックアワードにノミネートされ
出演決定
パフォーマンスも披露するとか

賞獲得の最有力候補

彼女たちはまだ17歳と15歳

なのにあの歌唱力は空恐ろしいくらい
そして他のミュージシャンが舌を巻く
バックバンド(神バンド)のスーパーテクニック

はじめ、BABYMETALをキワモノとして
扱われていたが
いまやその存在を認めざるおえないところまで
きてしまった
その証拠に海外のファンはヘビーなメタルファンが
多い。
そしてメタルでありながら
老若男女がライブを見に来るというのが
メタルとキュートを兼ね備えたBABYMETALの
すごいところなのである

来年のROCK ON THE RANGEは
間違いなくメインステージに上り
10万人を熱狂させるはずだ

B4
今年発売された武道館ライブDVDのエンジニアを
担当したテッド・ジェンセン
これまでに制作したアルバムは数知れず
イーグルスのホテルカリフォルニアのアルバムを
制作して一躍有名になった人

ビルボードの海外アルバム部門で
去年9月に1位、年間ランキング5位になった
ファーストアルバム「BABYMETAL」

実はまだCDとしては発売されておらず
i-Tunesなどダウンロード販売のみでしたが
ついにヨーロッパ、アメリカでも
CDアルバムとして発売される。
しかもアナログ盤(レコード)も発売

そして明日20日
去年のイギリスの二つのLIVEを納めた
DVDが発売される=オレ買いに行くw

B5
BABYMETALの専属カメラマンになったダナと

B6
お気に入りの一枚
カワイイくせにカッコイイ
これが世界を虜にしている

 

さっそく更新 その5

1_3

つぶらな瞳でジッと見つめられるとたまらない

この子は甘え上手で
体をスリスリ摺り寄せて「おねだり大作戦」

BABYMETAL おねだり大作戦

さっそく更新 その4

2

「お手」って・・・・・・

さっそく更新 その3

1_2
ここを散歩するの初めてだわ
ってかんじです>ボーダー

知らない道は
ワンコもワクワクするみたい

P1


さっそく更新 その2

1
ボルゾイ

伊豆稲取ツーリングでは
かならず寄る場所が
海老名サービスエリアや伊東マインパーク
などですが
毎年「すごいな」っと歓心するのが
ワンコの多さです

観光客が連れているワンコたちで
もうそれは品評会状態

仙台では滅多に見ることの出来ないワンコが
簡単に見れるw

ここでろーんあんぐフォトの宣伝活動したら
簡単だぁ
っと本気でおもう

このボルゾイも
ソフトクリームを頬張っているときに
近づいてきたので
おもわず飼い主さんの了解を得てカシャッ

他には
目の前にいたトイプー2頭が
怖いもの知らずの
人見知りしないハトに
興味津々の様子でジーッと見入っていて
微笑ましかった

2015年5月12日 (火)

妙に似てるふたり

季節はずれの台風接近により
天気が崩れてくるようで
宮城も夜から明日にかけて
影響が出てくる予報になってます

そろそろ雨がほしいところですが
無茶に降ってはほしくはありませんけど

―― 稲取ツーリングから

1_2
3_2
ニコリと中腰ピースサイン

これ
カメラを向けられたから思わずポーズ
っということではなくて
バイクの後に取り付けたカメラに
「写ってるのコレ?」っと
半信半疑的確認ポーズ

4

レンズ部とモニター部が2分割出来て
バイク後部、キャリアにレンズ部を取り付け
後方を走る仲間の姿を撮影するものです

カメラはEXILIMのEX-FR10

ブルートゥースで遠隔撮影するスグレモノ

これで撮った画像を一枚
2_2
仙台組 雨降る135号を稲取目指し走行中

このカメラの防水保護等級は6級
水中に入れても平気なレベルなので
雨程度では問題なし

耐衝撃性能も高いのでバイクに適してます

もちろん欠点もあって
露出補正が出来ないとか
もうすこしカメラとしての設定が出来れば
いいのになぁと
物足りなさもかんじます

5

ハヒハヒ・・・ お水を下さいな

Zz4_2
10日に行われたメキシコのライブは大成功
熱狂的なステージになったようで何よりデス

さあつぎは明日のカナダ・トロント

早くもFAN・CAMでメキシコライブの様子が。

Babymetal - road of resistance mexico city 

2015年5月11日 (月)

ちょいと稲取

―― 5月11日 月曜日 晴 23.4度

快晴のなかの快晴

晴れとはなんぞや

もう見本のような
雲ひとつない晴れです

日射し、青空、緑、影
すべてがクッキリ

3
(すっかり緑に覆われたブナの木)
昨日、東北道から仙台に戻ってくるときは
11度~12度と低い気温で
その寒さに晒されて帰ってきました

―― 2015 伊豆・稲取ツーリング

到着した土曜の伊豆は伊東を過ぎたあたりから
雨でした

久しぶりの雨がツーリングだなんて・・・

実は東北道を走っていて
福島あたりから空模様は怪しく
レインウェアを持ってこなかったしろもげらさんの
心痛は如何に

ポツリと来た佐野SAのコンビニで
安いカッパを買って
この雨を凌ごうとしたものの
それ以上降りは酷くなることはなく
首都高に入ったときには
無用の長物・・・

伊東以降の雨は
本降りとは言わないまでも
雨に違いはなく
当然カッパ着用
っとなるところ
止まって着用するのも面倒で
そのまま稲取まで走りきる

1
2
とりあえずは到着のヨロコビと
久々の再会を称えての「かんぱーい」
んぐっ んぐっ・・・

あれ?
この中に肝心の4番清原さんの姿が・・・
・・・ない (汗

つづく

―― Walking On The Moon - The Police

とりあえずの一枚

行って来ました伊豆稲取ツーリング

5月の恒例行事

遠いけど
それだけに達成感を
たっぷり味わえるツーリング

13階からの大海原が
毎年歓迎してくれているようです

今後、稲取ツーリングの
撮った画像とともに紹介していきます

1
とりあえずの一枚
風車のある丘にて

―― Thompson Twins - Hold Me Now

2015年5月10日 (日)

ぼちぼち帰宅

東伊豆―小田厚―東名ー首都高―東北道
距離にして約550キロ

そろそろ帰宅している頃かな

それとも夕日を左手に見つつ
もうひとふん張りしているところか

2_2
(画像クリックで拡大します)

すっかり緑が茂り
緑のトンネルが完成

1_5
クニッ・・・

こういうアラレもない姿を見ると
飼い主としてひと言物申したくなる

情けない
まったくの無防備
敵が襲ってきたらどうするのだ

―― Eagles - Pretty Maids All in a Row

稲取の朝はいつも晴れ号

毎年、稲取の朝はきっちりと晴れ上がり
海面に反射する日差しに目を細めてしまいます

1_4

目覚める順番は
けっして年功序列ということはありません

昨夜のアルコール摂取量でもないようです

3_2
まだ読んでいませんが
面白そうなタイトルにおもわず手が

しかし
ここのところの睡魔は強力で
10時になると
マブタを開けていることがツライ

朝型過ぎか・・・

4_2

散歩に出かけるときはちょっと興奮気味だけど
以前よるはだいぶ落ち着いてきたトイプー

―― Billy Joel - Only The Good Die Young

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト