« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

晦日の穏やかさ

野外活動中の午前は曇りで
部屋に居る午後になって
青空が広がる天気になっているこの頃

晴れたので
じゃあ改めて外へ
なんてことはありませんアシカラズ

でも夕方に散歩代行が一件残っているので
夕焼けの空のもと
出来たらいいな

2
犬種や年齢的なものなのか
寒がりな小(犬)がいて
そういう子は冬季の1月や2月は
散歩をお休みします

このトイプーは元気に散歩してくれますが
その日の気温などによっては
時間を短縮したり近くの公園で遊ぶだけ
ということがあります

4

今朝は1.6℃だった仙台
今シーズンの最低気温になり
しっかり霜が降り
凍っているところもありました

わずかな風でも揺れていた草も
凍てついて微動だにせず


3

後ろから近づいてきた私に気づき
慌てて石垣を上っていったニャン子

いつまでも見詰め合った状態で通り過ぎる

・・・・・・

11月も今日でおわり

やっぱりあっという間の30日間

例年になく天気の悪かったという
印象がある11月でした

気温は上らなかったけど
静穏に近い穏やかさがありました

っさ、明日から師走だ

5
奥羽山脈の向こうだけが真っ直ぐに雲が
切れていました
山形は晴れていたのかな

6
ちなみに1年前の今日は虹がかかった青空でした

・・・・・ BABYMETAL   Awadama Fever!!

11月、GQやボーグなど様々な賞を受賞
ヤレウレシヤ


2015年11月24日 (火)

スタッドレスへ

1時間先の天気が読めない変わりよう

予報どおり晴れてくるんだろうと
実際に青空が出てきて
濡れていた道路も乾き
気温も17.8℃まで上がり
昨日の同じ時間と比べると10℃も
高い気温で体感的にも暖かく感じました

1

このまま天気は良い方向に行くのだろうと
誰しもがおもった矢先

昼頃になると
まるで夏の雷雨のように
急速に雲に覆われたかとおもったら
ザッと降り出し
せっかく乾いた路面に水溜り

短時間で雨は治まるも
お次は
体の安定感を奪われそうになるほどの強風

この時期特有の寒冷前線の通過によるものか
せっかくの暖かい空気が
強風で持っていかれてしまう

夜には冷えてきそう

・・・・・・・・・

昨日ガレージの掃除をして気分一新

今のうちにと車のタイヤ交換を済ませてしまう

今回はタイムアタックはせず
ホイールの内側やフェンダー内の汚れも取って
ピカピカに

3
ホイールの着脱は
エアコンプレッサーとインパクトレンチのコンビで
短時間で出来る
体力も頭も使わなくていい

2
ねじ山も劣化してきているので
取替え時期とホイールナットを新品に交換

脱いだ普通タイヤのホイールも磨き
ビニールに包んでしばし冬眠

4

もう抱きしめてぐりぐり頬ずりしたいくらいに
可愛い黒柴

・・・・・ 仙台の懐かしい音

丸光から17時頃になると流れていたメロディー

当時数年住んでいた小松島
遠くから聞こえて来る荒城の月が
家へ帰る合図でした

懐かしくて涙が出そ

2015年11月19日 (木)

バイクのユーザー車検、いざ検査へ

書類を手に検査場へ

検査ラインに入る前に
検査官による灯火類検査と
主要な部分の打音検査。
マフラーの音量計測など外観上の検査を。
(近年発売されているバイクは
排気ガス検査あり)

検査官の指示に従い
ヘッドライトのハイビーム、ロービームの
点灯・動作検査
左右ウィンカーの点滅検査
前後ブレーキランプの点灯
などなど順当に検査は進む
っが
なななんとホーンが鳴らない

うっそっ!!!
ここに来てそんな

「直しておいて下さい」と検査官が言い残し
先の検査に進む

慌ててホーンの配線を外したり触ったり揉んだり
優しい声をかけたり、日頃こき使っていることを
謝罪したり
出来るだけのことを試みるw

しかしスイッチを何度押しても無反応
クスッともいわず・・・

やばい
これはヤバイ

鳴らないと当然不合格だ
「検査やり直しの刑」あるいは
「検査出直しの刑」

午前中に修理できないと
今日の印紙代がパアになる

さあどーする
どうするんだオレ

これはもう最後の手段しか残されていない

昭和的、アナログ的
おばあちゃんの知恵袋的方法である
アレしかもう手はない

「叩いて直す」

ホーンを拳でガツン!ガツン!
アッパー気味に2発・3発

結果は如何に・・・

祈るおもいと半分諦めの境地で
ボタンに指を

プーッ

おほっ 鳴った!やった!

これホントの話w

焦らせやがってコノヤロー
でも無事に鳴ってくれてヤレヤレ

マフラーの音量も問題なく
いちばん心配だったタイヤの減りも
お咎めなし

無事に検査ラインへ

1_2
【画像に見える検査官が手にしているのは
ホーンが鳴らなかった体罰としての棒ではなくて
前のバイクのハンドルを計るためのメジャーです】

検査ラインは音声による指示で進んで行きます

前ブレーキ、後ブレーキ検査
速度検査
ヘッドライト光軸検査など

ラインでの検査項目は多くありません

初心者の方は
前もって検査官に
「初めてなのでよくわかりません」と
声を掛けておけば
手取り足取り教えてくれます。
その方が全体の検査が停滞せず
滞りな流れていくので
検査官としてもそうしてもらう方がいいのかも。

一切菓子折りは必要ありません。
(検査官にもよるとおもうけど
いま、公務員は親切です。税金納めてるんだから)

外観検査、ラインと順調に進めば
10分くらいで検査終了

書類を持ってふたたび陸運支局へ
5番窓口へ提出して
新しい自動車車検証を受け取ったらお終い

2
車検証とともにもらった車検ステッカーを
ナンバープレートにペタリ

今回掛かった費用は
いわゆる重量税や検査料などに¥6.750
自賠責保険料(24ヶ月)¥13.640
ヘッドライト光軸調整代¥2.060
合計¥22.450 + 缶コーヒー¥110

この車検にあたり
タイヤ交換やブレーキパッド交換
オイル等も何も行っていないので
純粋にこの金額しか掛かっていません

朝8時過ぎに自宅を出て
10時に帰宅したから2時間ほどで
車検を取ったことになります

ちなみに
陸運支局を後にするとき
自分の前で検査を受けていた某ハーレーショップの
2台の新車は構造変更に時間が
かかっているようでまだ終わっていませんでした

最後に
窓口で支局のミスが見つかった
3
ハハッ 地球を何周するんだい

スミマセン 作り直しますか?
と受付で言われたが
直さなくてもいいですと
太っ腹なオレ・・・

笑いのネタにはちょうどいい

4
今回、整備で要した時間はバッフルの取り付けのみ

2年後の車検までお役御免のバッフル

もうすぐ12月
車のタイヤ交換もしなくてはならないので
そのときにバイクをしっかりメンテして
冬を乗り切り
タイヤ交換は来年の春にでも。

まずはガレージの大掃除かあ・・・

・・・・ Uki Uki Midnight - Babymetal

2015年11月18日 (水)

バイクのユーザー車検へ

2年に一度、新車は初回3年
それ以降は2年毎に
車検があります
(車も同じですね)

一般的にはバイク屋さんに車検を頼みます

正確に言うと「車検整備」と「車検代行」を
自分の代わりにお願いすること。

この車検を業者さんに依頼せずに
自分で行うのが「ユーザー車検」です。

ユーザー車検の利点は
業者さんによる
整備点検料と代行料がかからないこと。

大型バイクはだいたい軽自動車と
同じくらいの車検代が掛かるけど
ユーザー車検では半額以下です
(2万円ちょっと)


それとバイク屋さん(業者)にバイクを
預ける必要がないので
当日、自宅からバイクに乗って陸運局へ行き
車検を受け、合格したらそのままツーリングへ
行けてしまうことです。
もちろん帰宅してもいいしw
(まったく問題なければ
1時間で終わります)

車検は扇町にある宮城陸運支局で受けます
45号線下り、4号線から入って2つ目の
工具を扱っているショップ
アストロプロダクツの信号を右折して
600メートルのところにあります

受けるにあたり
まずはネットで車検予約をします

受ける「日」と「時間」

今回は19日(今日)朝イチの第一ラウンドを予約

時期にもよると思いますが
早めに予約を取った方がいいです。
多忙期は1ヶ月先まで予約が
埋まっているかもしれません。

9
【前回、2年前のユーザー車検のときは
ブレーキキャリパーの取り付けボルトを新調

ツーリングでボルトが抜けて
ぶらんぶらん状態になる恐ろしい事態に
陥ったことがあったので・・・】

6
【新品ボルトにねじロック剤で
しかっりと固定】


車検を受けるにあたり持参するものは・・・

○ 自動車検査証(いわゆる車検証)
○ 納税証明書(春に払った自動車税)
○ 自賠責保険(新たに24ヶ月継続します)
○ 定期点検検査記録簿
○ 印鑑
○ 車検に掛かるお金

8_2
【定期点検検査記録簿 自分で整備してチェック
します。 日頃からメンテしているなら
カタチだけでも】

陸運支局へ行く前に
バイクのヘッドライトの光軸調整を
周辺にある整備場で行います
(朝からやってます)

私は宮城県自動車整備商工組合で
行ってます
ユーザーは¥2060
なんだか年々高くなっているような気がする

以前は1000円 前回は1500円だったような…

だってズレを修正する方法が
特殊な装置でもなんでもなくて
コンッコンッってライトを手で叩くのwww
ライトを小突いて左右上下のズレを直すだけ。
1分も掛からんしサ
こんな昭和的、アナログ的
おばあちゃんの知恵袋的なことでいいのかw
鈍感なブラウン管テレビじゃあるまいしww

でも、このヘッドライトの光軸だけは
ズレていては
車検の最後の最後で落とされてしまうので
ゼッタイにやらねばなりません。

さて
まずは陸運支局の敷地内にある
宮城県交通会館へ行き
自賠責保険の更新手続きをしてしまいます。
(次回の車検までの24か月分¥13.640)

朝8時45分
陸運支局入り口、目の前の6番窓口で

○ 自動車検査票
○ 自動車重量税納付票
○ 継続検査申請書OCR

この3枚を購入。
つまり、この窓口で必要な印紙代を払い
その場で指示どうり印紙を
この用紙に貼り付けます
(重量税印紙¥5.000
 審査証紙¥1.300
 検査登録印紙¥400
 OCRシート ¥25
※ 計¥6.725 )

そしてこの3枚の用紙に必要事項を記入します。

6番窓口で書き方見本をもらえるので
その見本に従って記入すれば
むずかしいものではありません。
(初めての方でも10分もあれば終わるかな)

書き終えた3枚の用紙を
ユーザー受付と書かれた7番窓口へ。
そこで持参した書類などを提出し
書類に不備がなければ
その書類を持って いよいよ車検場へ。

陸運支局へ来たときに
車検場にバイクを停めてあります
(順番は早いもの勝ち)

実際の車検の様子は明日のブログにつづく

・・・・・・・・・・・ 曇りの18日 ちょっと小雨も

奇跡的に雨に当らずに済んだ
ユーザー車検でした。

日頃の行いの良さもさることながら
ご先祖様、神様、きつね様
とにかく思いあたるもの
すべてに感謝、祈りを捧げるのでした

10月以降、それまで不順だった天候が
好天へと好転して
いま野菜、とくに葉物は
落ち着いた価格になってます

それでも、量や大きさ
そして味がいいので
無人の野菜販売所へ行って買う。

抱えるような大きさの白菜
土の中からゴソッと丸ごとの里芋
ダイコン、それに渋を抜いた柿も買いました

まだ何も食べていなかったので
その場で柿をひとつガブリ

ちょうどよい柔らかさと甘さ

5

気がつくと近ごろ野菜が主食状態
それにリンゴと甘いもの少々

・・・・・ Metallica - Enter Sandman

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト