« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月30日 (金)

カラリと音がする湿度

今日の天気をひと言であらわすと
「すっきり」

朝のワイドショーのことではありません

13.9℃あったので
強く吹いていた北西の風さえなければ
案外暖かかったのかもしれません

ただ、このスッキリの中には
カラッカラの湿度15%も含まれてます

大谷の160キロの直球をチップしたら
火がつきそう

1
コヒガンザクラ

仙台でソメイヨシノが開花しました
観測以来2番目に早い開花です

県森では、画像のコヒガンザクラが咲いてます

まだ2分咲きといったところ

2
強風に小刻みに揺れるカタクリ

Fms_8608
揺れる枝にしがみ付いてる>ホオジロ

4
キクザキイチゲが一気に開花

ここにこんなに咲いていたとは知らなかった

5
こちらは薄紫色のキクザキイチゲ

葉の出始めはニリンソウに似てますが
花はイチゲの方が大きくて枚数も多く
名のごとく菊の花に似てます

防災パトロールの男性に
「鳥でも撮ってるの?」と聞かれ
イチゲが咲いていたのでと答える

「ああ、今年は早いね(咲くのが)」と男性

たしかに今年は早い

・・・ Queen - Bohemian Rhapsody (Official Video)

我咲きに

3月30日 金曜日

3月も今日、明日を残すのみ

やり残したことはありませんか
オレはあります!
 
ナイショです

ここのところの陽気で
花が次々に咲き出してます
我先をもじって我咲きに
2_2
ハクモクレン

油断していたら咲いてた

1_2
カタクリ

渓流釣りで
春山の雑木の中
見渡す限りカタクリ畑
そんな群生地がところどころにありましたが
あの頃は、珍しいというより
これが当たり前なのかな
そうおもってました

フクジュソウやイチゲの群生も
よく見かけました

3_2
小さなタチツボスミレも
立派に春を主張してます

4_2
晴れの天気も
気温はがっつり下がって13℃

じつに昨日とは8℃差

これでも平年より2℃くらい高い気温だってんだから
ここ数日、どんだけ異常な気温だったかが
わかるってもんだ

ちょっと江戸っ子になってみるw

・・・ BABYMETAL

B0841

TOKYO DOME : Best Clips

2018年3月29日 (木)

県森のカタクリ

朝9時には曇ってきてしまう

すぐにでも降り出しそうな雲行きでもなく
肌寒さもまったくなく
静穏に近い無風で過ごしやすい
>21.3℃

1
いっせいに咲き出したカタクリ

まだ朝方だったので
花びらが開きかけている途中

あと1時間もすると反り返ります

見頃は来週かな

県森を闊歩中に
黒柴散歩の依頼メール

午後は忙しいので
何としても午前中にやらねばと
森の中をわしわし駆け戻る

そして、黒柴連れてふたたび県森www
3
車から降りるとすぐにボールを催促する黒柴

ピープーピープーうるさいなぁw

いつもの広場に来ると
ボールを放り
投げてと要求

ほれっ ビュンッ

ダーーーーーッ!!!

黒柴ダッシュ

2
お次はボーダーコリー

「伏せ」

つぎの合図を待ってます

5
さっさと夏用タイヤに交換

4月1日の開花予想だった仙台のソメイヨシノは
さらに1日前倒して3月31日に。

最後に
一部でご好評いただいてる梅の画像をwww
4

・・・ 3月の仙台(県森ほか)

2018年3月27日 (火)

春が来た、カタクリ咲いた

吹き抜けていく風に溜息フハァ~~

17.7℃
湿度も適度で
このくらいの陽気がイチバンいいかも

Tシャツにパーカでも
歩いているとじんわり汗

柔らかい芝の上でゴロリとなれば
確実にあの世・・・眠れる

1
森全体に淡いグラデーション

3
エナガ
巣作りの最中なのかな
口いっぱいに頬張ってます

2
今年初、県森初のカタクリの開花

雑木林の中、紅一点

あとから来た人達が
このカタクリを見つけて歓声

4
ちょっ、ちょっと止めてくれない
膝の上に脚乗せるの・・・

・・・ Stevie Wonder - Sir Duke

2018年3月11日 (日)

被災動物ボランティアとして

東日本大震災によって
被災したのは人間だけではありません

多くの動物が犠牲になり
飼い主さんを失ったペットが
多く存在していました

1
多くのボランティアが
懸命にお世話にあたっていました
2_2
4
3


東日本大震災復興支援曲 

7年目の3月11日14時46分

あの日

14時46分

曇りのち雪

6.2℃

1502090008

1611300008
1611300006

そして7年後の今日は、晴れ
とても穏やかな一日です

8

あの日から7年 東日本大震災

7年というのは
個人的にはあっという間だけど
7年前の3月11日のあの出来事は
遠い昔のことのようにもおもえてしまいます
それだけ非現実的なこと
だったからかもしれません

脳は、嫌なことは除外する
そんなことを聞いたことがありますが
はっきりと覚えていることと
薄っすらと曖昧な部分とがあります
当時の映像を観たり、読んだりすると
ふと、記憶が蘇ってくるともあります

9c
いつもの平穏な夕暮れも
あの日の同じ時刻では
9d
遠く、ごく一部の明かりがわずかに見えるだけで
人工的な光りは無くなり
まもなく訪れる夜の暗闇に
街が沈んでいくようでした

聞こえてくるのは
どこからかサイレン

もっとも人生で不安な夜となりました

それは、余震による怖いとかいうものじゃなくて
行動を起こしたいけど
それを許さない暗闇
 
暗い部屋の中でジッとしてはいられない
はやく夜が明けてほしい
そんな焦りというか。

7

関東から聞こえてくるラジオ放送を
ノイズの中から拾う
 
断片的でも現状を知る術

ノイズのうねりと音声の強弱が
いまの自分の置かれている心細さと状況を
語っているようでした

闇はすべてをスポイルするので
本当のところラジオでも状況は見えてこない

実際に目にするより
想像してしまうほうが
その想像を悪いほうへ増幅させてしまい
精神的に良くない

これは途方もなく夜が長く感じてしまう

3_2
ガレージの中は工具類などが散乱
バイクが車に倒れ
その傷が痛々しい
あえて修理せず、そのまま乗って廃車に。

2_2
水は青麻神社へ汲みに。

長蛇の列に1~2時間は待つことに。

それが嫌で
人の少なくなる深夜に汲みに行きました

1_2
ガソリンスタンドへ給油待ちの車列

ここからスタンドまで
少なくとも1キロはある

あの当時撮影した画像を保存していたパソコンが
その年の夏ころに突然フリーズ
そのまま逝ってしまい
ハードディスクもリカバーできず
すべて失ったのが、いまも悔やまれます

でも、震災の記憶は
これ以上消さずに
しっかりと残していこうとおもいます

私の勘違いであればよいのですが
あの時のことを語ることが
はばかれたりためらったりする
そんなおもいにさせられるときがある

よく風化させないという言葉を耳にするが
マスコミなどに頼りすぎると
かえって風化してしていくような気がします

3.11_東日本大震災_ONE OK ROCK 「Be the light 」

« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »