« 成人の日とタンク塗装 | トップページ | 7年目の3月11日14時46分 »

2018年3月11日 (日)

あの日から7年 東日本大震災

7年というのは
個人的にはあっという間だけど
7年前の3月11日のあの出来事は
遠い昔のことのようにもおもえてしまいます
それだけ非現実的なこと
だったからかもしれません

脳は、嫌なことは除外する
そんなことを聞いたことがありますが
はっきりと覚えていることと
薄っすらと曖昧な部分とがあります
当時の映像を観たり、読んだりすると
ふと、記憶が蘇ってくるともあります

9c
いつもの平穏な夕暮れも
あの日の同じ時刻では
9d
遠く、ごく一部の明かりがわずかに見えるだけで
人工的な光りは無くなり
まもなく訪れる夜の暗闇に
街が沈んでいくようでした

聞こえてくるのは
どこからかサイレン

もっとも人生で不安な夜となりました

それは、余震による怖いとかいうものじゃなくて
行動を起こしたいけど
それを許さない暗闇
 
暗い部屋の中でジッとしてはいられない
はやく夜が明けてほしい
そんな焦りというか。

7

関東から聞こえてくるラジオ放送を
ノイズの中から拾う
 
断片的でも現状を知る術

ノイズのうねりと音声の強弱が
いまの自分の置かれている心細さと状況を
語っているようでした

闇はすべてをスポイルするので
本当のところラジオでも状況は見えてこない

実際に目にするより
想像してしまうほうが
その想像を悪いほうへ増幅させてしまい
精神的に良くない

これは途方もなく夜が長く感じてしまう

3_2
ガレージの中は工具類などが散乱
バイクが車に倒れ
その傷が痛々しい
あえて修理せず、そのまま乗って廃車に。

2_2
水は青麻神社へ汲みに。

長蛇の列に1~2時間は待つことに。

それが嫌で
人の少なくなる深夜に汲みに行きました

1_2
ガソリンスタンドへ給油待ちの車列

ここからスタンドまで
少なくとも1キロはある

あの当時撮影した画像を保存していたパソコンが
その年の夏ころに突然フリーズ
そのまま逝ってしまい
ハードディスクもリカバーできず
すべて失ったのが、いまも悔やまれます

でも、震災の記憶は
これ以上消さずに
しっかりと残していこうとおもいます

私の勘違いであればよいのですが
あの時のことを語ることが
はばかれたりためらったりする
そんなおもいにさせられるときがある

よく風化させないという言葉を耳にするが
マスコミなどに頼りすぎると
かえって風化してしていくような気がします

3.11_東日本大震災_ONE OK ROCK 「Be the light 」

« 成人の日とタンク塗装 | トップページ | 7年目の3月11日14時46分 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの日から7年 東日本大震災:

« 成人の日とタンク塗装 | トップページ | 7年目の3月11日14時46分 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト