« 月曜日だって晴れるのさ | トップページ | 二十歳のNo Rain No Rainbow »

2018年6月 4日 (月)

瞳孔開いて眩しさ極限

風の恩恵があまりなかったからか
昨日より暑くかんじましたが
実際には25.3℃

1

二日連続の好天

そんな朝
 
「眼科だ」
何故だろうか、突如気がつきました

散瞳検査で点眼薬による強制瞳孔開放

暗かろうが、明るかろうがお構いなしに
瞳孔が開きっぱなし

診察が終わって外に出てみると
それでなくとも眩しいのに
瞳孔パッカン状態なので
もう目が潰れてしまいそうな
強烈な眩しさ

サングラスを2重、3重にしてちょうどいいくらい

帰宅して
瞳孔の機能が回復するまで
カーテンを閉めて部屋にこもる

2

どうにか、もとの平穏な明るさの世界に戻ったのが
15時頃でした

3

真っ白い世界から色が戻り
草木の緑
薄水色の空を取り戻す

4

本日はニートな生活を5時間ほどw

・・・ Daryl Hall & John Oates - Open All Night

|

« 月曜日だって晴れるのさ | トップページ | 二十歳のNo Rain No Rainbow »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/303882/73619816

この記事へのトラックバック一覧です: 瞳孔開いて眩しさ極限:

« 月曜日だって晴れるのさ | トップページ | 二十歳のNo Rain No Rainbow »