« セミの当たり年か | トップページ | はぁ~、危うく猛暑日 »

2018年7月21日 (土)

ヘドバンギャー!!で嵌ったBABYMETALデス

2014年以前
それまでBABYMETALの存在は
チラッと見て知っていました

しかし、そのときの3姫は
どうみてもコドモ

「ああ、アイドルが、今度はヘビーメタルの
真似事を始めたのか・・・はいはい」

「なに?、あの全身骨柄網タイツの当て振りバンドは」

それでお終いでした

これまでの人生で
アイドルを好きになったことは一度もなく
天地真理も南沙織も浅丘みぐみも

山口百恵も桜田淳子も森昌子も

松田聖子も中森明菜も小泉今日子も
ファンになることはなく
洋楽一筋の人生を着々と歩んでいたのである

ところがだ

「HEADBANGER!!」のライブ映像を
見たとき
たしか13年暮れか14年初めのこと

コドモだった容姿が少女に変り
中々堂に入ったパフォーマンスに
カワイイではなくてカッコイイと
素直に感じてしまったのでした

個人的には
アイドルがヘビーメタルではなくて
ロックアーティストがアイドルみたいに可愛かった
というかんじ

1_2

HEADBANGER - Live (Makuhari Hall)



それからというものYouTubeを漁り
徹底的に見まくりましたとも
今のように多くのMV、ファンカムは無かったものの
数か月後には「ギミチョコ」のMVが登場
そして、いまだ破られていない
武道館ライブ(2Days)の最年少記録

2
 

Ijime,Dame,Zettai - Live at Sonisphere 2014,UK

その年(14年)
BABYMETALは海外ツアーへ
そして、あの伝説とまで言われている
ソニスフィア・メタルフェス
イギリスのメタラーたちの称賛を浴びたあのフェス

洋楽ファンとして
待ちに待った瞬間と言ってもイイ
あの観客と喝さい

その後は、国内外の大型フェスに登場
こちらの心配をよそに、観客の度肝を抜き
大成功を納め
BABYMETALをサポートに呼びたいと
多くのビッグアーティストからオファーを受ける

その傍ら
当初からBABYMETALを嫌うヘイターも
多く見受けられたが
もはや認めざるを得ないほどの大物っぷりに
ヘイターの影も薄くなってきてしまった

もしかすると
来年、ひとつやふたつ
フェスでヘッドライナーとして登場しそうだ

Z63z49
今年のBABYMETALは
あらたな世界「ダークサイド」を表現

downloadfes donington UK

|

« セミの当たり年か | トップページ | はぁ~、危うく猛暑日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/303882/73846753

この記事へのトラックバック一覧です: ヘドバンギャー!!で嵌ったBABYMETALデス:

« セミの当たり年か | トップページ | はぁ~、危うく猛暑日 »