« 「山の日」の帰省ピーク | トップページ | 夏の峠を下り出し »

2018年8月11日 (土)

夏恒例の天文ショー

早朝の県森ジョギングのこと

虫捕りの親子と遭遇

想像するに
息子と孫2人を引き連れたおじいちゃん

きっと帰省で帰ってきたおり
孫にせがまれて
任せとけっ!とおじいちゃん
みなを引き連れて県森へ来たはいいが
望みのカブトやクワガタが見つからず
県森中を探し回っている

親子の表情を見ると
そんなかんじではなかろうか

そう簡単には見つからんのよ、今は…

あの後
おじいちゃんの面目躍如
となってくれていれば

3

最低気温22.7℃の朝は爽快
ペースも若干上がり気味

2
夜に雨が降ったのか
飲み込む空気はしっとり

肺が浄化されているみたい

4
本日の最高気温32.0℃
ほぼ昨日と同じでした

風が強く吹いた午後
熱風ではなく涼風の風がたまらず
今日2度目のジョギングをば

これまでの暑さとは違い
気温の下がり方が早くなってきたかな

夕暮れどきにはすっかり涼しいです
 

さて
今年も「ペルセウス座流星群」の時期が
やってまいりました

本番は明日、12日夜から13日未明に
かけてのひと晩

なのですが
ペルセ群は息の長い活動をするのが特徴で
今晩も、そこそこの出現を見せるはずです

月明かりもなく条件は最良
仙台の空は真っ青で
このままいけば、夜空の透明度も良さそうです

1_2

午後になると雲も減ってきています

明るい流星が多く
火球クラスの出現もめずらしくないペルセ群

時間は、ペルセウス座が昇って来る23時以降
深夜帯が観望好期
方角は、基本的には全天どこでもいいのですが
やはりペルセウス座の方角の北東方向に
目を向けるのが最適

ペルセウス座はM字の形で有名は
カシオペヤ座の下に位置しています
まあ、だいたいでいいのです

台地に寝転がって
なるべく視界が拓けている所が理想

過去に、2時間で100個以上の流星を
見たこともあります

5
12月14日がピークの「ふたご座流星群」

・・・ Little River Band  We Two

« 「山の日」の帰省ピーク | トップページ | 夏の峠を下り出し »

天気」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏恒例の天文ショー:

« 「山の日」の帰省ピーク | トップページ | 夏の峠を下り出し »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト