« カフェ東屋にて | トップページ | カフェ・藤棚の下 »

2019年8月26日 (月)

古民家の使い方

涼しい朝です
涼しさから目を覚ましてしまうくらいです。

開けっ放しの窓を閉めたいとはおもっても
起き上がって閉めるという行動にまで至らず
「締めたい」と「このまま寝たい」が交錯

けっきょく毛布にくるまったまま朝に。

そして快晴
抜けるような空
遠くまでシャキッと見渡せる透明度はいつぶりのことでしょう


・・・ 古民家の使い方

古民家に泊まることが目的のツーリングや
目的地の行き帰り、その道中に泊まったりしていた古民家

古民家の一棟貸し
生活するに必要なすべてが揃っているので
まったく不便もなく
誰にも気兼ねなく使えるので
上げ膳据え膳の手間を除けば個人的には快適このうえありません

この古民家は、見た目には茅葺をトタン屋根に変えただけ。
室内は、風呂・トイレを現代的なものに変更してあり
古民家には不釣り合いに感じてしまうほど

近所にコンビニなど店はありませんが
バイクで10分も行けば、コンビニもスーパーも温泉も駅も
なんでもある>十日町松代

この画像は京都滋賀岐阜長野と
一日で下道を走り続けてたどり着いた新潟十日町松代の古民家

手足をのばせる大きな風呂と、久しぶりにぬくぬくの布団で眠れる

一人にはあまりにも広い板の間の囲炉裏
山形芋煮ベースの汁を入れた鉄鍋を自在鉤に吊るしっ放し
それにザックリ切った野菜と牛肉を投入
うどんまたは蕎麦を入れてグツグツ
4個のタマゴのうち2個は解き、もう2個はそのまま煮たりする
翌日の朝、その鍋の中にパックのゴハンを投入してはふはふ・・・

丸一日、風呂-単行本-喰う-風呂-単行本-喰う
その間にバイクに乗って近所のアートと棚田をめぐり
買い出しをして戻る
そして風呂-単行本-昼寝-喰う・・・
どんどんダメになっていくオレが出来上がっていくのである

連日使ったテントを土間に干す
溜まった衣類も洗濯
荷物もぜんぶ出して並べてみる
汚れたバイクも拭き掃除

翌日は20人は余裕で泊まれる広い古民家に移り
集まった仲間と宴


いまやスクーターでも当たり前に付いているUSBスロット

 

« カフェ東屋にて | トップページ | カフェ・藤棚の下 »

オートバイツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カフェ東屋にて | トップページ | カフェ・藤棚の下 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト