« 整形外科のはしご | トップページ | ブレーキが鳴いたので »

2020年1月18日 (土)

東北大学病院へ その2

風のない曇り空
しんとした寒さがありました
4.1℃は平年以下の最高気温

お世話は1件のみ
ふつうの土曜日は暇なときがある

久しぶりにコーヒーを煎れる
電動ミルを使わず、あえて手動でガリガリと。
コーヒープレスに煎れたコーヒーと湯を注ぐと
たちまち部屋の中に香りがプンと広がってとりあえず幸せである

東北大学病院へ その2

昨日のつづきである

まだ早いとおもったが朝7時に家を出て
着いたのが7時40分頃
初診の手続きはネットで調べたので
だいたいは理解
さすが大学病院、この時間でロビーの座席が
けっこう埋まっていた

1階で受け付けを済ませ整形外科のある3階へ
そこの整形外科の受付へ

8時30分受付開始で予約は9時30分だったので
しばしSF小説の世界へ

MRI画像に大腿骨が白く写ったのが気がかりだった
1回目の診察が終わり、2度目の診察は股関節の専門医

「大腿骨が・・・大腿骨が・・・」
呪文のように唱える「大腿骨が・・・」に医師は
「大腿骨は問題ありませんよ、股関節ですよ」
その言葉を聞いて
「大腿骨がねえ」とさも問題ありげに言った
東北整形外科の医師の顔を即座に思い出し
眉間がメキッ 「あの野郎」
まあしかしだ
東北整形外科の紹介状でここで専門医に診てもらっているのだから
文句を言ってはいけないのだ

話しは反れたが
我が右股関節と大腿骨の間には
もう軟骨は擦り減ってどこにもないのである
だから痛いのだ
それはわかっている
今後どうするかだ
軟骨が無くなっても、痛みが出ない人もいる
痛みが軽減されていく人もいる
ぎゃくに痛みが増していくことだってある

そういうことから
しばらくこれからの経過、様子をみる
そして4月に再診
現在のオレの股関節痛は
いちばん酷かった年末年始の時がマックスの10とすると
現在は3くらいか
痛み止めの薬も服用しているので
3まで痛みがひいたわけではないが
だいぶ楽ではあることは間違いない

もし痛みが増したり、改善が見られない場合は
人工軟骨を使った手術

手術と聞いて焦ったが
詳細をうかがうと
手術入院は2週間ほどで
その後のリハビリもないという
仕事復帰は1ヵ月あれば大丈夫ではないかと。

なんと、足を骨折するよりも楽そうではないか

だったら今すぐにでも。
っと言いたいところだったが
いま手術予約をしても
実際に手術出来るのは8カ月後になるのだそうだ

4月の再診で手術を決断しても
手術は12月か来年の1月になってしまう

とにかくいまは、痛みが軽減してくれるよう努力するのみ

病院って診察が終わっても、支払いのときにまた
待たされたりしますが
東北大学病院の場合は
先生からカルテを受け取り、計算受付でそのカルテを提出して
その場で計算、処方せんを作成してくる
銀行のような順番待ちがここではあるが
支払いは専用の支払機が何台もあって
診察券を挿し込むと、今回の金額が表示される
支払いは現金かカード
もちろん支払い受付もある


今年2020年のロックの殿堂入りに
T‐REXやドゥービーブラザース、ホイットニーヒューストンらが選ばれました

T REX - Teenage Dream

 

 

« 整形外科のはしご | トップページ | ブレーキが鳴いたので »

ペット」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 整形外科のはしご | トップページ | ブレーキが鳴いたので »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト