« くっ付きにくいはくっ付く | トップページ | 予定通り雨 »

2020年1月23日 (木)

変態キャンプ

いま、キャンプブームだそうな。
おひとり様キャンプをする女子まで居るそうな。
各地でグランピングなどという手ぶらでホテル感覚で宿泊できる
キャンプもあるらしいけど
それはキャンプではない
生地で出来たホテルだ

私のツーリングはキャンプが基本
キャンプ場の料金にもよるが
1万5千円で宿泊するなら、それで5日前後キャンプ出来てしまう。

いったん出発したら2週間ほど音信不通になる。
行方不明になるという方が正しい。

毎日おひとり様キャンプだが
雨が激しかったり、布団が恋しくなったとき
1日くらい宿泊することがある

80年代は学校の校庭や駅舎などで野宿できた
ふるき良き時代だったけど
いまだったら即座に不審者扱いだ。
通報されて面倒なことになるだけ。
だからちゃんとキャンプ場で泊まる
渓流釣りが好きで、源流で一人キャンプすることに慣れると
キャンプ場で泊まることへの不安は一切ない
いちばん怖いのは酔っぱらった連中が大騒ぎすることくらいかな。
むかしは深夜まで麻雀をする連中が居て迷惑千万
高確率で騒動になったものである
そういうマナーの悪い奴がけっこう多く
朝起きるとゴミが散乱していることも多々。

そういうことから、シーズンオフのキャンプ場はおひとり様にとっては天国
とくに平日などは誰もいないから平穏な自分だけの貸し切りキャンプが
約束される

誰も居ないキャンプ場のど真ん中にテントを張るのである
360℃、どの方角からも攻められる無防備な状態。
いや、むしろこの無防備さが、敵にとって
「コイツ何を考えておるのだ」と深読みし尻込みするかもしれない

夜中、テントの外で怪しい音が聞こえるとドキドキワクワクする
ヘッドランプで読んでいる文庫は怪談話
ドがつく変態キャンプだ

バイクは積める物が限られているが
長期のツーリングになると工具は多めになる
トラブルが起きても対処出来るように。
旧いバイクだからね
BBQを楽しむ周囲を他所に
ガチャガチャバイクをいぢる様子は滑稽であり気まずさもちょっと。。。
ただメンテが終わったあとのコーヒーは
これ以上ない深いため息と旅の醍醐味がこみ上げてくる

いまはコンビニがあるが
初めて北海道へ行った80年代
深夜にやってる店などなく、国道に長距離トラック目当ての
カップ麺の自販機などがずらりと並ぶオートスナックがあるくらいだった。
居合わせたトラックの運ちゃんに
「どこさ行くんだあ」と年季の入ったパンチ頭で問われ
「ほ、ほっかいどーです」と答えると
「あっちは荒れてっぞお」と凄まれた。
何年ぶりかに北の大地に台風が上陸したらしいのだ。

そんな会話をしつつ
夜食でも喰おうかと自販機に目星をつけて目を凝らすと
でっかい蛾が自販機に張り付いて
いっきに食欲を削がれものである
これもツーリングの醍醐味

ツーリングではないが
人生初のバイクRZ250を買った日
学校に休暇をもらい(無断欠席)
1000キロの慣らし運転に、金沢まで行ってトンボ返りした。
丸二日で余裕の慣らし運転終了
今思い出すと、若いってスゴイなあって素直におもお
寝ずに帰って来れるんだからさ。
いまだったら4日はかかりそうだwww

 

« くっ付きにくいはくっ付く | トップページ | 予定通り雨 »

オートバイツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« くっ付きにくいはくっ付く | トップページ | 予定通り雨 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト