« 風が冷たい一日でした | トップページ | 穏やかな10℃ »

2020年12月 9日 (水)

条件最良ふたご座流星群

今日は風のない
穏やかな晴れになるようです
まだ本格的な冬には入っていないけど
仙台の冬の辛さは
奥羽の山を越えて吹き下りてくる冷たい風
芯と冷えた寒さもキツイけど
気温以上の寒さを強制的に感じさせられる泉ヶ岳おろし

防火パトロールや不法投棄監視で
頻繁に県森周辺をパトロールしているヘリ

部屋に来るようになって
徐々に寛ぎ方が大胆になってきた黒柴です

昨日の5時過ぎ
泉中央を信号待ちしていたとき
ISS国際宇宙ステーションが東へ飛んで行くのを偶然見つけました
あれに乗ってるんだよなぁ(野口聡一さん)>ちょっと憧れ

12月14日は3大流星群のひとつ「ふたご座流星群」のピーク夜です

今回はほぼ一晩中、月明かりに邪魔されることがないので
晴れさえすれば多くの流れ星を見ることが出来ます
これは断言できます
なんせ今は夜の時間がもっとも長いので
根性さえあれば12時間以上観望できます
1時間当たりの流星数は60個~70個
人間の目の視界には限りがあるので
人工の光りのないところであれば20個は見られるかも。
障害物のない5等星以上見えるところで
大の字になって仰向けで空を眺めれば
30個以上はかたいかも。
つまり平均2分に1個は流れ星が見えることになります
ふたご座流星群は安定の群
毎年確実に多くの流れ星が出現します
その前後の夜もチャンスがあります


この晩撮影した中でもっとも明るかった流星
シリウスよりも明るかったふたご座直下にあらわれた流星です
ふたご座を中心に、四方八方に流れ行くのが群流星

右の輝跡は飛行機、左がふたご座流星
いまはタイムラプス(インターバル撮影)が出来るので
一晩中(とはいかないけど)カメラ任せで撮影が出来るので便利です
ただ何百枚、何千枚の画像を一枚一枚、流星が写っていないか
確認するのは苦労しますけどね
いつ、どこにあらわれるのか、わからないのが流星ですから

 

« 風が冷たい一日でした | トップページ | 穏やかな10℃ »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

天気」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 風が冷たい一日でした | トップページ | 穏やかな10℃ »