« あんがい心地良かったな | トップページ | まん延防止措置解除 »

2021年5月13日 (木)

股関節痛から1年半

久しぶりに曇りの朝です
隙間から陽が零れたりして
明るい曇り空
いちにちそんな天気のようですが
雨の心配はなさそう


股関節痛に悩まされて1年半あまり
一昨年、19年の12月から
突如、痛みに襲われて
年末年始の忙しいお世話を
激痛と闘いながら何とかこなすことができました
寒いのに油汗ダラダラ流し
アタマが湯気がのぼるほど。

20年、年明け早々 明石台整形外科で診察を受けたのち
東北整形外科へ直行
さらにそこから東北大学病院を紹介されて
今に至ってます

しばし症状を見守る日々でしたが
痛み止めのクスリで
すこしは軽減された痛みは
いっこうに回復せず
症状は悪い方へ

軟骨が失われてクッションがなくなり
骨と骨がダイレクトに擦れているわけだから
痛くないわけがない
本当はあまり歩いてはいけないのだけれど
仕事が歩く仕事のようなものだから
歩かないわけにはいきません

その時点で、手術は半年先と言われる
人気のある手術だことと
まだ冗談が言えたw
しかし、世の中はコロナがまん延
病床などの関係で
手術は遠のいていく・・・

年が明けて1月
ようやく手術の見通しが立ち
その時点では8月予定でしたが
6月に前倒し。

決まるとなるとやることが満載で
予定日が来たら即手術というわけにはいかず

採血は月一のペースで。
ここで数値が規定値以上だと手術は出来ません
簡単にいうと血糖値やH1Cの値が高いとダメ。
そしてレントゲンやらCTやら心電図

これらの検査がクリアされれば
あとは輸血用として自らの血をストック。
もちろんPCR検査も。
これらがすべて終わったら
はれて入院のはこび
苦節1年半
長い長い道のり

のこり3回の検査
無事乗り切ることが出来るのか

次回は高額医療でン百万のお話し

足を気遣ってくれているのか
尻尾でやさしくスリスリしてくれている黒柴メス

 

« あんがい心地良かったな | トップページ | まん延防止措置解除 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あんがい心地良かったな | トップページ | まん延防止措置解除 »