« 久しぶりの土砂降り | トップページ | また再発症した黒柴クン »

2022年7月14日 (木)

奥へ奥へ岩魚釣り

昨日で大雨の峠は越えていますが
いまだ大雨の警報が県内に出ています
その雨はいまのところ静観中
でも午前中は降る予報になってます

戻り梅雨っというより「ふたたび梅雨入り」そんな天気
この先10日間の予報に「お日様マーク」はどこにもない

異例の短い梅雨と言われて降水量が少なかったけど
少ない分はどこかで補うというか
帳尻を合わせるように降りますね
今回の雨は1日で7月の降水量を上回った仙台です>185mm

・・・・・・・・・・ 奥へ奥へ岩魚釣り

憑りつかれたように夢中で山奥の渓谷を彷徨った20代~30代
毎週のように飯豊朝日の山々の岩魚を釣りにでかけていました。
その過去画像を少々


山深くなってくるにつれ
自分までもが自然の一部になっていく感覚がたまらない
ミチイトの目印を凝視していると
時間も忘れ、川音も耳に届かなくなる


こんな小沢で、水面に飛び出してエサを追う8寸から尺近い岩魚
最上流部まで遡ると、一跨ぎできるような小さい沢の両岸には
フキ、ミズ、葉ワサビが群生
それらをかき分けるように遡上


残雪の春 銅山烏川の本流で釣り上げた岩魚
雪代で乳白色の川、足元近くから9寸の岩魚がミミズに喰いつく
本流の増水が予想以上で向こう岸への渡渉が出来ず
最大支流の濁沢は断念
遠くからたびたび小さな雪崩の音が谷沿いから渡って来る春を告げる音
ひと足早く雪が解けた南向き斜面には
小指ほどはある太いコゴミを採り、さらに重くなったザックを
肩に喰い込ませつつ遥か彼方の車へもどる


梵字川、キヨメ滝下のF2滝 滝つぼの主を釣りたくて足げく通うも
轟く滝水の勢いに押され歯が立たず
海釣り用の投げ釣り竿で滝直下に遠投
結果は惨敗・・・

« 久しぶりの土砂降り | トップページ | また再発症した黒柴クン »

趣味」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりの土砂降り | トップページ | また再発症した黒柴クン »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト