Dトラッカーカスタム

2014年1月25日 (土)

Dトラッカーにビッグタンク

昨夜の予報で1℃ずつ気温が下がってました。
低>3℃ 高>11℃
それでも平年では、マイナス2.1℃と5.0℃だから
相当高い予想気温ですね

A3_3
桜の標準木であるソメイヨシノ
まだまだ蕾というより硬い殻という様子です。

開花まであと2ヵ月半(仙台)。

A2_2
風雨に耐えて枝にしがみ付いている柏の枯葉

柏餅の葉は根性がある。
このように男の子は強くなくてはいけない
だから柏餅=端午の節句なのだろうか?

調べてみた。
「枯葉は新芽が出るまで落ちない」
つまり「子供が生まれるまで、親は死なない」
という子孫繁栄の意味があるとか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《DトラッカーにIMSのビッグタンク》

Dトラッカーの燃料タンク容量は予備燃料を含めても
7.5リットルです。
街乗りでも燃費は30リッター近く走るので
こんな小さいタンクでも問題はないのですが
山の中や峠で遊ぶと心細いものです。

林道を走るときは、ガス欠になったら
エライ事なので
当時は携行缶を抱えていました。

しかし、それも面倒なことであるし
長距離のツーリングでもDトラを使うようになり
ビッグタンクに換装しました。
Z3

IMSのビッグタンクは純正よりも5リットル増量の
12.5リットルです。

ボアアップとFCRのコンビでも
長距離での燃費はリッター25キロから下がることは
なく300キロ走っていたので
ビッグタンクは実に頼もしい存在でした。
(最高で360キロ)
Z5

装着には丸一日を要します。

ラヂエーターの電動ファンの撤去。
ハーネスの取り回し
シュラウドの加工などポン付けできる代物では
ないので
取り付け作業に自信のない方は
素直にショップに依頼するのが賢明かと思いますが
別段専用工具を必要とすることはないので
自身で作業されるならば
カテゴリーの「Dトラッカーカスタム」から
「ビッグタンクの取り付け作業」を参考にしてください
Z4

A1_3
(画像クリックで拡大します)
いっしょに遊んでもいい?
っと飼い主さんの顔色うかがい

Dsc_0138

Dsc_0139
JOURNEY  アルバム「FRONTIERS」から
ラスト10曲目  RUBICON

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

デジタルスピードメーターのこと

1月21日 火曜日 

A4_2
A3_3
この道路は泉ヶ岳が正面に見える

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《Dトッラカーカスタム:デジタルメーター》

過去のDトラッカーの記事の中で
ビッグタンクやチューブレスキットなどと並んで
いまだにアクセスの多いデジタルメーター取り付け。

A5

ことに各配線について読まれているようです。

車体側の配線色とメーターの配線色
それぞれどの色同士を結線したらいいのか。
そのへんのところを詳細に紹介しているので
カテゴリーの「Dトラッカーカスタム」から
読んでみてください。

ワタシが選んだメーターは
アクティブのデジタルスピードメーターで
価格が手ごろな割に多機能でいて
見た目シンプルなのが気に入りました。
しかし、純正メーターと比べると
数値のサイズが小さいので
慣れが必要でした。

その後、ニューモデルのデジタルメーターが
発売されましたが
取り付けの内容は変わらないとおもいます

A6


ACTIVE アクティブ /デジタルモニターV3 スピード
ACTIVE アクティブ /デジタルモニターV3 スピード

ACEWELL エースウェル /ACE-1100 多機能デジタルメーター
ACEWELL エースウェル /ACE-1100 多機能デジタルメーター

A2_2

JOURNEY アルバム「FRONTIERS」
2曲目  Send Her My Love

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

チェーンとスプロケ

1月18日 土曜日の撮って出し

今年に入って3度目の週末。

テレビのバラエティー番組で
「大人」の意味は?
という問いに対して
ある芸能人が
「365日が短いと感じたら」と。

これを聞いて激しく納得
オレは立派な大人なのだと
さらに納得しました。

A3_2

今週は3度も洗車しました。

冬は直ぐに汚れてしまうので
手間がかかる。
時間が勿体無い。

A2_2

寒波はしつこく続く

だいぶ氷に厚みが増してきました。
もうじき歩けるようになりそう

A4_2

Dトラッカーの記憶

純正チェーンからRKブラックチェーンに交換し
最後はピカピカのミラーチェーンに。
ついでにスプロケットも
サンスターのステンズでピッカピカに。

っま、両方を交換するのがセオリーですね。

リンク数と丁数を変更して
高速よりに振りました。

詳しくは「Dトラッカーカスタム」カテゴリーで。

A1_2

YES  アルバム「90125」から
6曲目  Leave It

RK  /BLブラックスケールシリーズチェーン BL520R-XW
RK  /BLブラックスケールシリーズチェーン BL520R-XW CB400SS

SUNSTAR サンスター /オフロードユースリアスプロケット 『林道制歯』 (STENZ)<!--ステンズ-->【特価商品】
SUNSTAR サンスター /オフロードユースリアスプロケット 『林道制歯』 (STENZ)【特価商品】 D-TRACKER

RK  /GPスーパーシルバーシリーズチェーン GP520R-XW
RK  /GPスーパーシルバーシリーズチェーン GP520R-XW CB400SS

EKチェーン 江沼チェーン /オンロードレース用レーシングチェーン QXリングチェーンゴールドシリーズ 520RXO(GP/GP)
EKチェーン 江沼チェーン /オンロードレース用レーシングチェーン QXリングチェーンゴールドシリーズ 520RXO(GP/GP) DB1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

ハロゲンからHIDに

昨日の夕日は太陽柱に似た筋が
見えました。
もちろん太陽柱(サンピラー」とは
異なるものです。

本物のサンピラーは
まさに光りの柱が長く真っ直ぐに伸びる
感動的なものでした

A5

A2_2

さあ、今日は本気でポスティング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(Dトラッカーの記憶)

今乗っているX4もヘッドライトをHIDに交換して
いましたが
ETCやらナビやらでカウル周りに機器が集中し
バラストを無理に押し込んだりして
ハンドルの動きに違和感が出てしまい
バルブに戻してしまいましたが
HIDの威力は初めて取り付けたDトラッカーの
ときから承知していました。

A4_2

オフ車のヘッドライトは「照らす」というより
相手に「知らせる」くらい頼りのない明るさです。

3500KのHIDに交換すると
日中でも木々に囲まれた薄暗い森の中の林道でも
地面を照らしているのがわかるくらい明るかったです

A3_3

HIDの取り付けは簡単で
バルブからの交換に特別な細工は
必要がありません。

問題は配線やバラストなどの取り回しです。

前々回のX4の車検の際は
元のハロゲンバルブに戻して車検を受けました。

HIDの利点は消費電力の少なさと高寿命。
この点はバルブの比ではありませんね

A1_3

まだまだ勢いのおさまらない寒波

冬でも乗りたがりのバイク乗りにとっては
辛い日々だ

YES アルバム「90125」
2曲目  Hold On

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

シートの使い分け(Dトラッカー)

1月12日 日曜日 

A1_2

気温は昨日よりも上がる予報が出てますが
夜には第2波の寒さが・・・

A3_2

ヘリのラジコン
室内用の安いものですが中々オモシロイ。

これ、ただ無邪気に遊んでいるわけではなくて
ワンちゃんの撮影でヘリからの空撮が
出来ないものだろうかと練習しているのです。
 横移動できるジャイロコプターが最終目標。

激しく飛び回ったりしなくてもいいのです。

ワンちゃんが興味を示して
見上げてくれたり
追いかけてくれるだけで
オモシロイ動画や画像が撮れそうなので
ただいま、ときどき特訓中。

我ながらだいぶ上達してきたけど
微妙な狙ったコントロールが出来なくては。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dトラッカーのはなし

今は亡き我がDトラッカーは
乗り方によってシートを変更していました。

A4_2

[Kawasaki]のロゴマークの入ったシートは
アンコを盛ったハイシートで
純正シートよりも2~3センチほどシート高が高く
もうひとつのシートはデイトナの
コージーシート、ロータイプです。

ツーリングではローシートがお尻に優しかったです。
それはシートのクッション性が硬質なことと
シート面が幅広だからです。
車でもそうですが
シートがフカフカな方がお尻や腰に負担が
大きく、返って疲れたり痛みが出たりしますね。

ハイシートも純正よりは硬めになっていますが
台形に盛っているので着座する面積は
少ないです。

でも、林道などでは基本スタンディングしているし
このシートで遠乗りをすることはないので問題なし

またコージーシートの表皮は
滑り止めの加工が施されているため
ジーンズでも滑ることがなくて
ハードブレーキングでもつんのめったりせず
常に姿勢が安定して走りやすかったです。

SPIRAL スパイラル /コンプリートシート
SPIRAL スパイラル /コンプリートシート KLX250

 

DAYTONA デイトナ /コージーシート(COZYシート)
DAYTONA デイトナ /コージーシート(COZYシート) D-TRACKER

A2_2

近年にない強烈な寒波は
よほど居心地がいいのか
それとも強い恨みでもあるのか
まだまだ日本上空に居座る構えです。
がんばりましょっ

TOTO   St. George and the Dragon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

1月11日の撮って出し

あれから2年と10ヶ月。
11日になるたびに「あれから」などと言うのも
なんだかな・・・
11日じゃなくたって思い出せ ってことです

A4_2

懐中電灯や携帯ラジオなど
様々なものに使うので
乾電池はたっぷり在庫してます。
防災という意味も多分にあります。


ハンドルを回して充電する機器が出回ってはいますが
あれはけっこう疲れます。
疲れるわりに充電量が少ないのがツライ
ゆえに乾電池は今もって必需品。

A1_2

今日もきっと真っ白な朝なのだろう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《Dトラッカーのこと》


Dトラッカーのカスタムの中でも
その恩恵を体感できたものが「チューブレス化」でした。


チューブレスになると
チューブの存在がこれほど大きく影響していたのかと
実感しました。


ホイールバランス、重量
そこのところが大きく変わりました。
とにかく足元が軽く
まったくと言ってもよいほどに走りがかわりました。
パンクしてもチューブレスキットさえ持参していれば
いいわけで
安心して長距離(連泊)ツーリングに出かけられました

A2_2

タイヤ交換の際に
チューブをタイヤレバーで噛んでしまい
せっかくのチューブをダメにしてしまうこと1度。
これ良くあることらしいです

A3_2

スポークホイールのチューブレス化は
簡単に説明すると
特殊な粘着テープで空気漏れを防ぐべく
しっかりと密閉してしまうことです。
慎重かつ丁寧な施工が必要なため
一日がかりの作業になります。


ちなみに
チューブには通常タイプよりも
厚みのあるチューブがあり
使ったことがあります。
重くなった印象でしたが
空気をがっつり抜いてもへっちゃらで
空気圧を下げての林道走行では
グリップするのでペースを上げて走ることができました


Barbra Streisand & Barry Gibb  
What Kind Of Fool

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

体質改善全身猫舌熱湯歓迎

怖いもの見たさ。
そんな気持ちで目を細めて覗いてみた。

週間天気予報のことね

すると
今日はたったの4℃

「たったの4℃かよお」

誰が悪い訳でもないけど
誰かに文句を言いつつ
明日明後日と、この先の天気を見ていくと・・・

うううっ
4℃はまだマシのほうではないか
しかも朝の気温はマイナス3℃~マイナス4℃

これが1週間も続いているってば。。。

「誰のしわざだ・・・ったくもう」

Dscf0266

 本来、それほど寒がりではなくて
どっちかというと寒さに対しては我慢強いと
自分ではおもっているだんけど
どうも近頃、体質に変化が起きているのか
これまでとは様子が変わってきいるようなのです。

脂肪が減ってきたからか
寒さへの我慢が以前よりも「低下」しているような
気がします。

他にも気になることがあって
お風呂の湯の設定温度が
これまでよりも2℃上っているのです。

温暖化で地球の温度が上っているということは
見聞きして知っていたけど
己の耐久温度が上っていることは
迂闊にもわからなかった。

ワタシは自他共に認める「全身猫舌男」で
冬の湯温は39℃で十分で
40℃では長く浸かっていられませんでした。

それが今では最低でも42℃は欲しいところ。

ちなみに辛いものも苦手で
カラシやワサビはまだいいとしても
唐辛子系の辛味は舌が気絶する。
見ているだけで汗が出る
それは冷や汗にちかい

辛味はいまだ慣れないけど
体に対する高温には多少平気になってきているのは
確かなことです。

暑い日のジョギングや筋肉質な体型に
なってきたことが功を奏しているのかもしれません。

こうなったら
草津温泉を目標に「湯もみ」の最中に
湯船に飛び込めるような体に改造したいものだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dトラッカーのはなし

ビッグタンクを装着すると
フレームに沿わせていたハーネスの
取り回しを見直さねばなりませんでした。

見直すといっても
取り回すのは車体の左右に振り分けるように
前から後ろへ通すしかありません

比較的簡単なことではあるのですが
適当に束ねていては問題があります。

適当な配線では
サイドカバーが納まらなかったりするのです

そこで
A1_2
A2_2

  一本、一本、きっちりと取り回し配線しました。

オフ車はコンパクトなバイクなので
少ない空間を上手く利用し
尚且つ見た目も良く。

ツーリングの時には
ナビ用に使うシガーソケット電源や
グリップヒーターの配線もするので
尚更に取り回しは大事なことでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A3_2

県民の森にある「見晴台」です。

西の方角への眺めは・・・いいかな

陽は避けられ風通しが抜群だから
夏に涼むにはもって来いの場所ではあります

A4_2

陽ざしがたまらん

Toto   I'll Be Over You

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

嵐の前の最高気温(Dトラカスタム)

曇りながらも9℃の予報が出ている今日

平年を大きく上回る気温ですが
だからといって
手放しで喜んではいられないようです
今晩からは雪のマークもちらほら・・・

しかも明日以降
強力な寒気が入ってくるようで
週間天気は見ないほうが無難かもw
大雪になる可能性もあるようなので
くれぐれも朝起きたときに驚かないよう
ココロの準備をw

A1_2

悪天候にそなえて、今日は走れるだけ走って
おいた方がいいかな

A2_2

人の歩いた跡が落ち葉のワダチになります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dトラッカーの思い出

せっかく手に入れたパワーとブレーキも
腰が頼りなくては何にもなりません。

っでフロントフォークのスプリング交換と
フォークオイル交換
そしてリアサスペンションの交換を行いました

A4_2

フロントフォークのトップボルトは
軽く緩めておいてステムから取り外してしまいます

フォークを抜いてからボルトを緩めることは
よほどのチカラ技が必要になります。
しっかり固定された万力があれば別ですが・・・

A5_2

時間をかけて古いオイルを完全に抜き切って
しまいます。

フォークオイルは指定油面にし
粘度は試行錯誤の末に純正オイルと
カヤバのオイルをブレンド

A3_2

純正ショックに紫のスプリング

前後共にデイトナのモタードスプリング。

サブタンク付きリアショックでも
ホイールを外せば着脱出来ます。

足回りのカスタム後はセッティングの日々。

「走り」はすでにオフ車のそれではなく
完全にロードバイクなみに。

オフロードでは硬さが顕著で
走りづらくなってしまいましたが
それはモタードタイヤで
ある程度は補っていました。

ちなみに、純正リアショックは
予備でもう一本ストックし
オーバーホールをして交互に使用していました。
(カテゴリーに「Dトラッカーカスタム」を
追加しました。ご覧下さい)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1月の仙台(県森を中心に)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

BRAKINGディスクで大径に

1月5日 日曜日

今日の予報では最高気温3℃
たったの3℃・・・はあ。。。

A1_2
県民の森から○院大学が見えます
その向こうには観音様
天気が良ければ
さらに向こうに蔵王山麓

A2_2

Dsc_0174_2

QUEEN  A Night At The Opera より7曲目
Seaside Rendezvous

  ――― 亡きDトラッカーのはなし ―――

Dトラッカーの最大の欠点は
足腰の弱さ

そもそもがオフ車のKLX250を
ほぼそのままの状態に
17インチ仕様したバイクだから
致し方ないところ。

しかし、アスファルトの上では
あまりにもプア
ことブレーキに関しては貧相。
事故に繋がりかねない心細さでした。

さらには
ボアアップとFCRでパワーアップを
計っていたワタクシのバイクでは
それが顕著

本来ならば
ボアアップ前に足回りをグレードアップするのが
本来からすると筋だけど・・・

A3_2

シングルディスクローターでありながらも
純正よりも大径なBRAKING製ディスクは
見間違えるほどに頼もしい存在。

現に制動性能は格段にアップしました。

A6

A4_2

純正キャリパーを大径ディスクに対応させるために
キャリパーサポートがセットに含まれています。

A5_2

当然、ブレーキホースも交換

しかし、現実問題として
ブレーキを強化すると
フロントフォーク、リアサスの頼りなさが露呈され
足回り全体をカスタムすることになります。

これが当然と言えば当然のこと

次回はフロントフォークについて

BRAKING ブレーキング /オーバーサイズディスクキット(OKI)ストリート 補修用WAVEローター
BRAKING ブレーキング /オーバーサイズディスクキット(OKI)ストリート 補修用WAVEローター D-TRACKER
BEET ビート/ビッグブレーキローター(フロント)キット
BEET ビート/ビッグブレーキローター(フロント)キット D-TRACKER

Z-WHEEL ズィーウィール /ジグラムローター フロント
Z-WHEEL ズィーウィール /ジグラムローター フロント D-TRACKER

BEET ビート/310Φビッグフロントブレーキローターキット
BEET ビート/310Φビッグフロントブレーキローターキット D-TRACKER

 

BRAKING ブレーキング /オーバーサイズディスクキット(OKI)ストリートキット
BRAKING ブレーキング /オーバーサイズディスクキット(OKI)ストリートキット D-TRACKER

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

タイヤの手組み交換用台座

1月3日 金曜日

年末から年始にかけては
曜日感覚が無くなってしまいがちで
あらためて
「ああ、今日は金曜日なのか」
とカレンダーを見てしばし唸る。

テレビは
特別番組ばかりだから
そこから曜日を読み取ることができない。

A4_3

昨日の最高気温は3.3℃
仙台のもっとも低い最高気温よりも
1.7℃低い気温です。

A5_2

去年の今の時期
まんさく堤は全面結氷していましたが
今は3割ほどです。
昨日の強風が波立たせたのも
氷が張らない要因だったのかもしれません。

Dsc_0174_2

名盤「A Night At The Opera」より3曲目
3 Queen - I'm In Love With My Car

このブログのアクセス数の中で
過去のDトラッカーのカスタム記事が
いまでも多くの方に読まれていて
ワタクシとしてはじつにありがたいことです。

ということで
Dトラッカーのカスタムについて
たまに振り返ってみることにしました。

今回は
Dトラッカーということではないですが
タイヤの手組み交換について少々・・・

タイヤチェンジャーを使わず
タイヤレバー等で自力でタイヤの着脱を
行うことを「手組み」と言ったりしますね

とくにオフ車などでは
ツーリング時にパンクなどすると
チューブレスタイヤとは違い
チューブの補修が必要になるので
手組みは覚えておいても損はありませんね。

ワタシの場合
手組みの必需品と言えばこれです

A2_2
車体から外したタイヤ&ホイールを
作業する際の台座です。

安定性があってホイールに傷をつけないための
作業台座です。

A1_2
これは以前使っていた台座に
RKのリム(17インチ×5.5J)
タイヤはモタード用のダンロップD253を
手組み交換した様子
(このときはチューブレスキット施工済み)

A3_2
台座には傷防止用にゴムマットを張ってます。

四角く組んだ木枠を2つ重ねることで
出っ張っているブレーキディスクに傷をつけぬように
することと安定感を持たせることです。

現在の台座は自作で
10年が経過していますがガタも腐食もなく
まだまだ使えそうです。

手組みをするようになって20年近く経ちますが
前後タイヤを合計すると
50本近く交換しているかもしれません。

オフ車での長距離ツーリングでは
タイヤ交換工具などを持参していましたが
幸いパンクしたことはありませんでした。

いまのバイクは当たり前にチューブレスなので
パンク修理キットとエアーポンプだけ
持参しています。

ROUGH&ROAD ラフ&ロード/POWER チューブレス専用 パンク修理KIT
ROUGH&ROAD ラフ&ロード/POWER チューブレス専用 パンク修理KIT

ROUGH&ROAD ラフ&ロード/パワーフロアポンプEVO
ROUGH&ROAD ラフ&ロード/パワーフロアポンプEVO
ROUGH&ROAD ラフ&ロード/パワーフロアポンプMINI

 

ROUGH&ROAD ラフ&ロード/パワーデジタルポンプIII
ROUGH&ROAD ラフ&ロード/パワーデジタルポンプIII

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧