ペット

2024年4月21日 (日)

菜の花畑へ行く・・・はずが

予報を超える22度まで上がり
空気がモワッとしました
強風とまではいかない風が爽やかで
プラマイゼロという陽気


Pちゃんはいつもの西公園
降りたいアピールをするので
地面に降ろしてみると
足元でジッとしてるだけ
歩き出して距離をおくと
タタタッと足元に駆け寄りジッ

今日は三本木の菜の花畑に行く予定だったけど
用事が出来てしまいキャンセルになってしまいました
天気が良かっただけに撮影したかったけど
日曜日だしの花まつり期間中なので
きっと混んでるだろうとナットク
また来週にでもと諦めました


これらの画像はコロナ前に行った時に撮ったものです
菜の花の黄色、残雪の白色、春の水色の空がうつくしかったです

全国的にみても、これほどの規模の菜の花畑は
あまりないのではないでしょうか
なんといっても景観がすばらしいとかんじます


亡きアニーの思い出の一枚


夏は「ひまわりの丘」として有名なところ

ひまわりは背が高くて人が隠れてしまうけど
菜の花より人の背丈の方が高いから
真っ黄色の中で人物が撮れます

2024年4月20日 (土)

歩けば和らぐポンコツ腰


昨日ほどの強風ではないようにかんじたけど
瞬間最大風速は昨日と同じ21.3メートル

その風で朝のLちゃん散歩は
もう一枚着込めば良かったとおもったど寒く感じましたが
ランさん散歩のときはちょうどイイ暖かさになりました


風さえなけれりゃサイコーの土曜日でした
飛行機雲が漂う空は天気が下り坂のおしるし


19.8度の気温と冷たい北西の風で寒暖相殺
どっちかっていえばイイ陽気
むしろこの風がないと暑いとかんじたかもしれません


本日もカモさんチェックに余念がないランさんです
子供が多くてやや尻尾は垂れ気味


とくに起き上がるときに腰が窮屈な痛みがあります
ワンコのお世話をこなしていくと
痛みも消え不具合があったことも忘れてしまいます
今晩もお風呂で
はぁ~~ 

世の中箇条書き


おさまったかな?
ドッコイふたたび吹き出した夜
この風は今日も残る予報になっています
困ったもんです
嫌だな風は

その理由
釣りをしていてアタリがわからない
バイクに乗っているとフラつく
体に当たる風圧が増して寒い
バトミントンの勝負が台無しになる
凧(たこ)が、気が狂ったようにクルクル回り、挙句どこかへ飛んで逝く
ウツクシイ彼女が貞子に変身する
風に舞う葉を追いアゲアゲのイヌにイラッとする
関係ないけど
今江監督が監督に見えない&チームの不甲斐なさに見る気が失せる
今年はドラゴンズの調子がイイというのにだ
いちばん面白いキャンプ番組は「西村キャンプ」であると断言
地元でも芸人を使ったキャンプ番組があるがクソつまらん
つぎつぎ登場するKポップグループの良さがわからない
あれ、みな同じお姉ちゃんだおね
キムさんの隣りにいるぽっちゃり娘が似ていてビックリ、報道で笑かすな
いまだにヘクトパスカルが言いづらい、ミリバール復活を希望するニダ
オレのことを犬だとおもってる犬がいる
けっきょくカップ麺はスガキヤの「素うどん」にかぎる
冷麺の登場が早すぎやしないか
ヤ〇〇〇のグレープフルーツ・ルビの水分がとんでカラッカラ
ついでに総菜のチャーハン、あれはピラフだ

2024年4月19日 (金)

こんなに風が強いとは


夜明け前から強く吹きだした北西の風は瞬間で20メートルを超え
七北田公園の風車はパワフルに回ってました
 
まさか一日こんな強風になるとは予想外
冷たい風のためか
気温は18.6度で1週間ぶりに20度を下回りました
しかし昨日までの濃密な黄砂はどこへやら
まだ多少は影響しているのかもしれませんが
スッキリした印象です


ヤマツツジが咲き始めました>七北田公園
この風でヤマザクラも、サラバサラバ、と舞い散ってました


かならず「ワンワンだ」とちびっ子に言われます
そして間違いなくランさんは無視します


息止めの勝負中


日ごとに密度と濃度が増して行く新緑
日向より木陰が快適になってきました

怒涛の桜前線


4時頃からか急に風が強くなって
近所の物置の剥がれかかったトタン屋根が
バタバタと騒がしくそれで目を覚ました


仙台のソメイヨシノの花はほぼ散ったようで
これから本格的に葉桜へ
あっという間のサクラの季節
いまは青森が満開
北海道の桜が開花したそうですが
ゴールデンウィーク前に桜前線は終焉かな


 

2024年4月18日 (木)

黄砂まみれ


曇っているのか晴れているのか
判断に困る空模様
原因は黄砂
日の出から間もなくすると
ぼやけた太陽が昇って来ました
黄砂越しの弱々しい陽射し


SクンLくんはいつもどおり
すっかり夜が明けた早朝散歩


2本の歩行者専用道路があって
ワンコの散歩にはもってこい
贅沢な道のり


天気そのものはいいはず
黄砂が空にフィルターをかけているようで
遠い景色は黄砂の中に溶け込んでいます
七北田公園の端っこがぼやけて見え
相当視界は悪そう

目がゴロゴロ
髪の毛はゴワゴワ
肌はザラザラ


ランさんは水自体は苦手だけど水辺は好き

20.7度の最高気温でしたが
もっと暑いような体感で
窓を開けて走れば快適だけど
車内が黄砂まみれになるのが嫌で
今年初のエアコン(冷)始動

青葉通りのケヤキも新緑に


早朝散歩も歩き始めて間もなくすると日の出を迎え
カメラの感度をあまり上げずに撮れるようになりました
今朝の日の出は黄砂まみれ


青葉通りのケヤキも芽吹き、新緑という黄緑色の葉がまぶしいです
去年よりはじゃっかん遅めの新緑ですが
平年比では早いかんじ
冬の青葉通り、広瀬通り、定禅寺通りは太陽がビルに遮られ
冷たい西風が西から東へビル風のように抜けて
歩いていると身が縮むほど冷たく寒いのですが
この時期になるとケヤキ並木に覆われて
陽射しの温さと新緑の明るい空気が充満


サクラの花びらの絨毯をトコトコ歩くPちゃん


今日のランさんは七北田公園の予定
今朝、助手席のシートの隙間から首輪が発見される

2024年4月17日 (水)

まさかPちゃんも・・・

朝に確認した時間毎の天気では
11時まで雨が降りつづく予報だったので
ランさん&Pちゃんのお世話は雨と覚悟して
雨具を用意しました


(「エド」という名の八重桜)

しかし、ランさんを車に乗せた直後に雨はやみ
Pちゃん宅に到着したときには青空・太陽&気温上昇
やや、これはもしかするとろくちゃんからの「晴れ男」を
Pちゃんが継承か


当主からモグモグ、のじふのママからモグモグ、私からもモグモグのランさん
だから散歩はやめられない


だいぶ散ってしまった西公園のソメイヨシノ
晴れ男Pちゃんを持ち上げて一枚


晴れたと同時に気温が急上昇
14度から一気に20度を超えました

っということで本日の最高気温は22.6度
午後になると気持ち良い風が吹き
サクラの花びらが一斉に舞いました

見上げると久しぶりの入道雲
おお、夏だ夏だ とひとり興奮する


濡れた地面は速攻で乾き
Pちゃんを下ろしてみる
トコトコ・・・ピタッ・・・トコトコ・・・ピタッ
まるで切れかかった電池

いま東京から姉貴が来ているので
いっしょに生協へ行き
これでもかってくらい遠慮なく買い出しをする
飯を作らなくてイイので久しぶりに楽

2024年4月16日 (火)

いつの間にか新緑

昨日よりも5度低くても21.6度は
じゅうぶんに暖かく
湿度が高かったので蒸し暑さをかんじました


先週の木曜日以来の七北田公園
木々は芽吹き、新緑の公園に様変わり


あっ


いた

ジーッとカモを目で追うランさん
なんだか満足そう


ソメイヨシノは散り始めて
そのかわりにヤマザクラが満開


タンポポの花をクンクン
あまり好みの匂いではないようでした

体の節々が悲鳴

沸かしたけど
風呂場へ行って服を脱いで
浸かって、洗って、上がって、体を拭いて・・・
体を動かしたくなくてけっきょく入らずじまいで
今朝浸かりました

一日、庭木の伐採で体が根を上げてしまい
朝起きたら二の腕、腰、首、腿と
あらゆる箇所が油切れ状態でギシギシ
コロナと変形性股関節症のダブルで走ることを止めてしまったのが原因
ただ昨日の作業でも股関節の不具合はなくて良かった
今年は体力アップだ

今朝も霧からの青空 イイかんじ


伊豆稲取から大島を望む


函館 八幡坂の前を横切る路面電車


暖かくなると出窓でお昼寝がお気に入りだったミュウ


いまはガレージの中はパンパンに物を詰め込んでいて
画像の量がちょうどよかった
いづれ片付けなくては

より以前の記事一覧

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト