旅行・地域

2024年7月14日 (日)

深夜の新聞配達

時計を見たら午前3時57分
何故この時間に目が覚めたかというと
やけに早い新聞配達
チェーンが弛んでいるようなガチャガチャという音以外に
口笛の音
深夜に口笛を吹くとは縁起でもない
と思いつつも
高音でビブラートしない一本筋の通った口笛にちょっと感心してしまう
この前までは自転車のおばちゃんが配達していたのに
辞めちゃったのかな
と余計な心配をしているうちにまた眠りにつく


ということで起床
5時のニュースで「九州北部と山口県に線状降水帯のおそれ」と。
なんだか毎日のように降水帯が発生してる
いつどこで起きるかは直前にならないとわからないだけにこわい

仙台の3連休中の天気は
昨日の初日が晴れ、二日目の今日が曇り、明日が雨
順調に下り坂ってます


ここだけはオシッコしちゃダメだからね

車から降りるとすぐに松林の中で排泄させるので
人の多い騎馬像周辺では粗相はしません
パウロちゃんは車内で済ませています


伊達武将隊のくノ一 響ちゃんと再会
嬉しそうなパウロちゃん
武将隊にはいつも可愛がられてます


仙台城跡から見下ろす青葉山公園(旧緑化フェア会場)
知ってますか
見えている緑の芝生に犬は入ることが禁止されています
いまどきそんな公園がどこにあるのだ
だから駐車したら仙台市博物館のエリアを散歩して
公園はグルッと巡るだけ


だいぶ毛が伸びて来た、かな。
肉球まわりの毛は伸びてきたので次回切らねば。
足裏の毛が伸びたままだと
滑って怪我をすることがあります

2024年7月13日 (土)

6日ぶりの真夏日でした


今週月曜日以来の真夏日になりました>30.3度
昨日が25度前後だったからなのか
だいぶ蒸し暑さがありました

そんな土曜日は完璧な青空ではなかったけど
つねに陽射しを受ける晴れ
パウロちゃんとランさんを連れて仙台城址へ


武将隊のメンバーが観光の方々をおもてなし
仙台城址ほか仙台駅や松島など
様々なところでおもてなしをされてます
ランさんは支倉常長とずんだもち(ハイチーズの意)
パウロちゃんは伊達家の愛犬だけあって
武将隊全員がご存じ


パウロちゃんとランさんもちょっとだけおもてなし
犬好きのご家族に愛想をバンバン振りまきました
でもちびっ子が苦手なランさんは大人にだけナデナデ

お水を飲んでひと休み


午後はゴールデンSちゃんと七北田公園
慌てて水を飲むもんだから
ガフガフむせる

3連休だったのね


昨夕はすでに23度を下回って
肩の力が抜けるような、そんな涼しさになりました
日が暮れると「そこに居たのか」というような月の姿がありました


今日も仙台は30度には届かないようです
でも29度予想なので間違って真夏日になってもおかしくはないか

昨夜は涼しくてブランケットでは心もとなく
毛布にチェンジ
目が覚めてTシャツの上に長袖を着ました


昨日はランさんの散歩がてら
伊達忠宗公の法要へ感仙殿へ(瑞鳳殿)お参りして来ました
もう何度も訪れている
ランさん
排泄は車を止めた駐車場を出てすぐに済ませるお利口さん
これはもしかしたら亡きろくちゃんの教えなのかも


今日は久しぶりにパウロちゃんの散歩
どこへ行こうか
いつもの西公園か、それとも青葉山公園か
青葉城址もいいか
そういえば今日、土曜日が休みの人は3連休だった
15日月曜日が「海の日」ということは
7月のカレンダーに取り替えたときからわかってたけど
てっきり日・月の連休っておもってしまいました
そういう人もけっこう居るとおもうけど
誰もが3連休とおもうなよって気持ちで
今日は過ごしたいとおもいます、はい

2024年7月12日 (金)

二代藩主 伊達忠宗公 遠忌法要

午前中に27.6度まで上がったものの一瞬の出来事
一日をとおして25度前後といったところです
そして相変わらずの高い湿度で
暑くはないけど汗が出る

今日、7月12日は二代仙台藩主の伊達忠宗公の命日
遠忌法要が行われました


13時からの予定でまだ時間に余裕があるので
まずは政宗公の墓所である瑞鳳殿にお参り


瑞鳳殿の本殿にはランさんは入れないのでちょっとお留守番

団体旅行なのか外国人の8割は中国人


段数は少ないけど勾配が急で
高齢な方は大変そう


13時15分前に感仙殿へ行くと
泰宗当主やお坊さん方が階段から降りてくるところで
当主に「法要は?」
「終わりましたよ」
「・・・」

しかたがない
せっかくだからお参り。
御開帳の忠宗公に手を合わせました


またまたお留守番のランさん
関係者の方々からカワイイね
と言われるもガン無視

2024年7月10日 (水)

じめじめ記録途絶える

8日の午前4時からつづいた90%以上の湿度は
昨日(9日)の午後4時で途絶えました
記録は36時間
気象的にこれが記録なのかどうかはわかりませんが

そのあと、晴れといえるほど回復したわけではないものの
回復してきた天気
90%あった湿度はたった1時間で76%
18時には66%まで落ちました
けっして低い湿度ではないけど
スッキリ、清々しく、爽快、快適
言い尽くせないほどの気持ち良さで
体が喜んでました
お世話中のチビボーダーも体毛なびかせ
颯爽と歩いておりました

今朝は23度
ぐっすり眠れた夜でした
まあ、いまは90%に戻ったんですけどね・・・



2024年7月 9日 (火)

本日もジメジメジトジト注意報

午前5時の湿度が95%
丸一日、92%以上の湿気が続いています
昨夜は23度台の気温なので涼しかったけど
でも湿度が高い
エアコンで除湿したいけど
逆に室温が上がったり、下がりすぎて寒かったり
カラッとするのにどこか矛盾をかんじ
カラッをとるかジメッをとるか考えた挙句
ジメッをとることにしました
エイッと窓を開けました


気象会社によっては木金はチラッと太陽が顔出す予報ですが
ほとんどの予報が
この先10日間「くもり時々雨」気温は27度~28度
見事な梅雨だ


なかには雨好きな人がいるそうですが
晴れ好きというのが多数派だとおもいます
もちろん私も多数派のほう
遊びも犬のお世話も晴れてもらわないと困ります


バイクも撮影も犬の散歩も、いまはやらなくなった釣りも
晴れてこそ楽しく
よろこんで雨の中をバイクで走り出す奴はいない
だからいまでも、まずは空模様が気になります


西の空から晴れる兆し
夕焼けに染まった雨で濡れる道路

2024年7月 7日 (日)

プールにドッバーンしたい


7月7日、七夕の今日、仙台の最高気温は34度
県内のどこかで猛暑日になるのではないでしょうか
もしかすると日本のどこかで40度を超えるかも

まさか七夕の日がこんなに暑くなるなんて。
彦星も織姫も天の川を泳ぎたくなるかもね

仙台七夕は8月なので
今日の7月7日はあまり騒ぎ立ることはなく
幼稚園などで短冊を竹に吊るして願うくらいかな


昨日は30度を下回り18時には27.4度まで下がっていました
蒸し暑さは感じなくなり不快さだけが残りましたが
暑さとジメジメのどちらかひとつでもなければ助かります


コロナ前の数年間、小学校の夏休み期間中の
プールの監視員をしていました
ずーっと立ち仕事で
プールサイドを歩き回りつつ子供たちに目をひからせてました
その日最後の10分ほど
子供たちにまじってプールに入り
子供たちに水の集中砲火を浴びました
そのとき、ああ、小学校のプールって
こんなに浅いんだとかんじました


あちらこちらの神社でこの「夏詣」の幟を見るようになりました
正月の初詣から半年、無事に過ごすことができた感謝と
これからの半年の無事を祈るよいうのが「夏詣」

 

 

2024年7月 3日 (水)

Dトラッカー・ツーリングから

毛布ではこころもなく
しっかりと布団をかぶって眠りました
そして今朝は晴れ
この天気は午前中までの予報で
晴⇒雲⇒雨
順調に崩れていくようです


過去に東北をツーリングしたときの画像

小回りの利くオフ車(モタード)なので
地図で見落としてしまいそうな道をみずから選んで走りました
この画像は宮城から岩手に入ったどこぞの道


はじめてカーナビを搭載
「目的地」へ案内してもらうにはイイが
紙の地図のように広域にはわかりずらくて
目的地までの道を楽しみたいときには要らなかった
そしてナビとの相性が悪いことがわかった
「曲がれ」って言っているのに曲がらないオレ・・・
考え事をしているのか
よくそういうことが起きてしまいます
ふだんでもそういうことがあって
通過してから「あっ、見過ごした」てことがしばしば


2008年6月14日 岩手の沿岸線、田老付近を走行中
道路上の電光掲示板で「地震発生」の表示
バイクを止めて「宮城秋田内陸地震」が起きたことを知りました


地震が発生した当日の日の出
薄暗いうちに家を出て鹿島台の農道で
あまりにキレイな朝日に
バイクを止めて撮りました
そのとき「地震雲みたいだな」などと冗談を。
(ツーリングのメモより)


今宵のキャンプ地、普代村の黒崎オートキャンプ場
その入り口にある「北緯40度観光休憩ハウス」
中に入ってみると誰もおらず
寛いでいるうちに眠ってしまってしまいました


その黒崎オートキャンプ場
ほかに誰も泊まる人はおらず
松林が上空の風に波のような音を立てていたのが
いまでも耳に残っています


みちのく401の大間崎ツーリングに何度か参加されていただいたとき

このときは下道のみだったのでさすがに疲れました
距離にして550キロほど
お尻は痛みを通り越し、痺れて感覚がなくなる


弁天島、大間埼灯台 その向こうには北の大地
一度、大間港から津軽海峡フェリーで函館に渡りました
時間にして45分ほど
強烈な船酔いをする私にとっては
乗船時間は短ければ短いほどありがたい

2024年6月30日 (日)

ボーダーコリーととみやどへ

気温より湿気が気になる日曜日でした
その湿気は最低でも70%
昼過ぎには80%を超えました
早朝は雲が取れて晴れそうでしたが
あくまでそれは雰囲気
徐々に厚みを増して行きました


チビボーダーと宮床ダムへ
夜露で濡れていることが気がかりでしたが
芝生はサラサラ状態で
思う存分走りまわることができました


ボールやディスクを全力で追いかけたのは20分ほど。
でも20分も走り回ることは出来ません
一投一投、時間をかけました
水もいっぱい飲んで元気回復
足元のボールを咥えて投げてアピール


宮床から帰る途中、富谷の新町にある「とみやど」に寄りました


10時を過ぎていたけど
多くの店が11時開店でした
土日は10時開店の方がいいとおもうのは
訪れる人がけっこういたから。
ただ、ブルーベリーを買えるお店は開店したので無事に購入


おもわぬところにポケモンのラプラスが

本無くしてキャンプは考えられない

6月30日 日曜日
今月も今日を残すのみとなりました
空気中の水蒸気が多いからなのか白い空
だんだん青空がもどってくるとおもわれます
っが、昼からは曇って夕方には雨


(琵琶湖の湖西になる山の中のキャンプ場)
キャンプが流行って猫も杓子もテントやキャンピングカーで
繰り出して行く昨今
いまはキャンプ場は満杯で予約が必至
郊外のホームセンターの駐車場を
夜間だけキャンプサイトにしたらけっこう儲かるのではないかと思うこの頃
  
気兼ねなく静かに過ごしたいオレとしては
賑わう中でキャンプするのは本意ではなく
周囲の焚火やコンロの炭の匂い
ここぞとばかりオトーさんの手作りクッキングの
鶏肉の匂いを強制的に嗅がされるのも
こちらの気分は台無し、たまったもんじゃありません


もっとも嫌なのがキャンプ道具の品評会
みなさんピカピカのテントやテーブル&イスにキッチン製品
夜逃げか、そうおもうくらい家財道具を持ち込んだと如きサイト
それらを片付けるとおもうだけでウンザリしてしまう
昔のような酔って大騒ぎしたりマージャンしたり
翌日はゴミの山、もう無法状態だったことをおもうと
いまはみなさんマナーの良い人が多くなりましたね

私はツーリグンキャンプで
長いときは2週間ほどの長旅
荷物は出来るだけ少なく軽くしたいから
見てくれの良さよりも一石二鳥、一石三鳥と
何役もこなしてくれてコンパクトな物がイイ
Tシャツやパンツは途中でしまむらかユニクロで買い替えて
汚れた衣類はバイクのウエス


2011年の旅では週末以外、キャンプ場は私ひとり、貸し切り状態
シーズンを外れた平日にキャンプをする奴は世捨て人w
キャンプをする人が目立ってきたかな
そう感じるようになったのは2015年の北海道ツーリングのときでした


単行本をテントの中で読むのが至極のひととき
選んだ本が面白くなかったり
読む本がなくなることは一大事なので
ツーリング中に本屋や古本屋を探したり
通りがかりに寄ったりします
単行本と小っちゃいラジオさえあれば・・・


誰もいないキャンプ場のど真ん中にテントを張って
朝陽が射してくるのをイスに座って淹れたての珈琲をズズズッ
ツーリングで「アレがしたい、コレがしたい」と想像したことが
おもいどおりに具現化できると小さな達成感でも
けっこう大きな幸福感ある

より以前の記事一覧

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト